ブフ・ブルギニオン

b0117348_2174243.jpg

フランス料理でも有名、
ブフ・ブルギニオン(牛肉の赤ワイン煮)レシピです☆

<材料>4人分
牛肉(バラ・肩ロースなど、シチュー用のもの)500g
赤ワイン400cc
A.玉葱1個、人参1本、セロリ1/2本、にんにく1かけ、トマト1個
B.チキンブイヨン(顆粒でOK)300cc,フォンドヴォー(缶詰など)100cc,
トマトピューレ大さじ2,水200cc,バター少々
プティオニオン、マッシュルーム、絹さや適量 生クリーム少々

<準備>
・牛肉一口大に(少し大きめでOKです)。
・プティオニオンは皮をむき人参を棒状に切って面取り、絹さやは軽く湯がく。

(1)赤ワインを鍋にいれ焦げないようにぎりぎりまで煮詰める。
(2)牛肉に塩・胡椒し、小麦粉をつけてフライパンでオイルとバターで表面に
   焼き色をつける。全体にこんがり色がついたら(1)の鍋へいれる。
(3)A.の野菜を1〜2センチ角にカットし、肉を取り出したフライパンにオイル
   を足してこんがりと炒める。トマトはざく切りにする。
(4)(2)の鍋に(3)の野菜、B.の材料を入れ沸騰させアクをとりながら
   コトコト煮る。肉が柔らかくなったら取り出す(2〜3時間目安)。
(5)プティオニオン、人参を鍋に入れ、バター・グラニュー糖を入れて炒める。
   表面につやがついたらブイヨンを入れ煮る。お好みで塩・胡椒。
(6)マッシュルームはカットして炒め(5)の鍋に入れ煮汁を煮詰めツヤを
   つける。
(7)食べる直前にとりだしておいた(4)の肉をいれあたためて、バターを
   いれ余熱で混ぜ込む。
(8)お皿に(7)の肉と(6)の野菜を色よく盛りつけ、生クリームをかけて
   完成!

*これは、サイトで見つけた日本語のレシピで、フランスの家庭料理の基本!!
という本では、ラルドン(ベーコン)と肉を炒めて赤ワインで煮込む、という
シンプルな方法で、野菜も最後にマッシュルームを洗って切ったものを盛り
つけるだけで、他の野菜を炒めて煮込む必要はないみたいです。

*ブルゴーニュ地方の料理なので、ブルゴーニュの赤ワインを使うということ
になってますが、日本だとなかったり高かったりすると思うので、ある程度の
ものなら、どこのでもいいのでは?と思います。風味は変わりそうですが。。。

*ポイントは、赤ワインを惜しげなく使うこと!(サイトのレシピには飲んでも
美味しい赤ワインとありました)一度赤ワインを少なめに水を足して作ったら、
美味しさのレベルが違ったので、ぜひワインの量はケチらないことをオススメ
しまーす。

*フォンドヴォーは初回なしで作りましたが、大丈夫でした。その場合、例えば
野菜の煮汁やガラスープなど少しいれてもいいかな、と思います。

*肉を煮込んだ後の煮汁を漉すとより美しい仕上げになります。私はもったい
ない(し、おいしい)のでそのままにしてます。

・・・本来なら、肉を煮込んだスープに野菜を入れて一緒に煮込んでいくのが
家庭でされてる方法じゃないかと思います。その方が手間も省けるし、色んな
味わいが出て美味しいだろうとも思うのですが、私の場合、お客様がくるなど
の機会に作る事が多いので、このレシピのやり方が定番です。それにワイン煮
のスープはなかなかに濃い〜ので、野菜本来の味わいをプティオニオンなど
で添えることで、バランスがとれる気がします。
[PR]
by aplusfleurs | 2013-01-24 21:46 | 料理・お菓子 | Comments(0)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧