衛生観念の違い

フランスを旅された方々は、ご存知かと思いますが。。。
道路にポイ、メトロでもポイ、公園でも(他に比べれば、
少ないかな)ポイ‥‥以前、飲食店でタバコが禁止される
前は、お掃除前のカフェの床にはおびただしい(ちょっと
大げさですけど)タバコがゴミと一緒に捨てられていました。

つまり、花の都パリ、どこを歩いても、ゴミがいっぱい。
ということに、驚かれた方も多いと思います。
歩き食べ、メトロの中でも果物の皮(オレンジが多かった)
をポロポロ床に落としながら、食べる人たち。子供でなく、
大人です。

メトロの中、駅(長距離の郊外への電車の主要な駅)、電車、
線路沿いのアパートの壁。いたるところに落書き。
(最近はアートとして展示されてたりもします)

とにかく、一般の人も、ポイ捨てに対する公共衛生観念限りなく
0に近い、と感じます。というより、ほぼ毎日清掃車がお掃除
してくれるので、ポイ捨てが悪いという観念自体がないのかも。

さて。急に内向きの話になりますが。。。
そんな一般的フランス人と比べると、夫は日本人に近い、と
いうより日本人以上に神経質なところと、田舎育ちだからの
鷹揚さが混在していて、時々??になる一面潔癖症。

帰宅後、一番に手を洗う。メトロや電車の中、また、駅構内や
その他のエスカレーターのつり革、持ち手、など、およそ持つ
ためにある設備は一切触らず。息子にも触らせず。
これは、在仏の時も、今も変わりません。

そして、日本に来てから(結婚7年過ぎてて)初めて気づいたこと。
トイレの後、大小に関わらず、きちんと石鹸で手を洗う。

「どうして、日本人はトイレの後、
手を洗わないの?会社で手を洗う人を
見たことがない。信じられない」

と、再三私に尋ねてきます。。。そして、息子にも、トイレの後、
一々注意。。。
確かにね。清潔好きの日本人ですが、男性のトイレ後の手洗い
って、ずさん?かも。見たことないので、分かりませんが。。

また、必ず外出にはアルコール洗浄液を持って行き、外食の時には、
それで手を洗います。。。

でも!夫実家、パリから近郊列車で約40分。まあまあの田舎町。
犬の2〜3匹、牛や羊も飼えそうな、広いお庭。虫除けの網戸なんて
ないので、虫は入ってくるし、ベットの脇に蜘蛛の死骸が落ちてる。。
蜘蛛の巣も気づけばある。。。
一般的なフランス家庭なので、靴で生活しているため、なんやかんやと
外からの泥やら砂で床も汚れます。

そして、何より、普段は通いの家政婦さん(掃除と食器洗いが主)
が掃除をしてくれるのですが、彼女が掃除をしない、お風呂場。
結婚当初はそんなもの、と思っていたけれど、子供が生まれてから
とても気になるように。。特に、いつ掃除したかわからない浴槽。
義父の部屋にもシャワー室とトイレがあり、浴室は主に義母が使用。
なので、シャワーしか使ってないのですが、義母は化学薬品など、
自然でないものは敬遠、オーガニック志向者。もちろん、その方が
自然で、身体にいいと思いますが、掃除も、やりすぎは、かえって
身体に悪い、という考え方。なので、夫もそれに影響されていて、
毎回、お風呂のお湯を抜くとき、また入る前に私が浴槽の掃除を
すること(よく落ちる=強い浴室洗剤を使っての掃除)は、どうも
やりすぎの感があるようで、

「お母さんは(義母)毎回洗剤で洗ったら、身体に悪いという」

と言われました。
でもねえ。。。毎回あれだけ手洗ってるのに、いつ洗ったか(1年
に一回?それとも何年も?とにかく、あ、洗ったね!ということを
感じたことがない)わからないシャワーが許せるとは。。。(^^;)

個々人の衛生観念の差、とは思いますし、私の方がよほどズボラだ
と感じるけれど、湿気のせいでカビなども生えやすい日本に比べ、
フランスは空気も乾いていて、家などのお掃除に関しては、あまり
関心がないのかも。。それにしても、この違いは何??と思うこと
もしばしばです。







[PR]
by aplusfleurs | 2017-05-31 12:10 | 日仏文化比較 | Comments(0)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧