カテゴリ:家族・生活( 82 )

染色と絵付け体験


在仏の時に、すこーしだけ展示会やエクスポのお手伝いをさせて
いただきました。その時のご縁で、日本の伝統文化の発信されてる
方々ともお知り合いになれました。

今回の染め体験、お茶碗絵付けも、そのご縁のおかげ。知っている
ようで、知らなかったこと。自分の目で見てみたいなあ、と思って
いたこと、少しだけさせていただく機会に恵まれました。

まずは、染色体験。落合の二葉苑さんにて。工房の中はこんな感じ。
b0117348_13475141.jpg
職人さんが染められた着物地(?)が色ムラが出ないよう、ピン
と伸ばしてあります。素敵な色合い。
b0117348_13492384.jpg

b0117348_13491928.jpg
こんな風にできるのか?!(出来るわけはないのですが。。;)
と、職人さんの指示のもと、木綿のテーブルセンターに
何色もの色を筆で塗り重ねていきます。。
色味は、その時々、先生となる職人さんの感覚で、色合わせ
されるのだとか。
b0117348_13464692.jpg
何度も塗りすぎてもダメかなあ、と割と早めに塗りを切りあげ
たら、なんだか雑な感じに。。。性格が出ますねえ。

本来の、こちらの工房の江戸更紗はこんな感じです。
b0117348_13530524.jpg
もう、手仕事の極み!

染めの小道、という地域ぐるみのイベントなどもされています。
b0117348_13535880.jpg
昔は、こういう光景だったのだなあ。。


そして、京都・清水焼の伊藤南山先生のワークショップ、
東京駅前の京都館にて、息子と一緒にお茶碗の絵付けに挑戦。

すでに、交趾の技法で、下絵があるお茶碗に色をのせていきます。
なんだかんだ、いろいろ悩んで、色も出していただきました。
私の。
b0117348_13573110.jpg

b0117348_13573342.jpg

b0117348_13573536.jpg
ちょっと、欲張りすぎの印象。花が大きくて、色づけしやすいかと
思ってましたが、塗り終わるのにかなり時間がかかり、、

こちら、息子。
b0117348_13574836.jpg

b0117348_13575075.jpg

b0117348_13575476.jpg
仕上げ、焼きは工房でやってくださったので、中に、こんな
可愛いお花模様、水玉模様が♪
細かいところの色づけは、やっぱり難しかった〜。焼き上がり
の色も想像しながら塗ったつもりですが、そのあたりも素人
の未熟さが。息子の方が、まとまりある。。。;

実際にやらせていただいて、体感でき、勉強になりました。
ありがとうございました。

ご興味あれば、皆様もぜひ!







[PR]
by aplusfleurs | 2017-05-24 14:10 | 家族・生活 | Comments(0)

先週末(引越しに思うこと)

b0117348_11014417.jpg
またもや、我孫子市内で引越しました。
今まで朝に夕に拝ませていただいていた、太陽や富士山。
こんな景色が見られなくなるのは、残念ですが。。。
b0117348_11044353.jpg
そうは言っても、ほとんど生活圏は変わらないので、あとは
新しい場所に慣れるだけです。

考えてみれば、在仏の間も、単身の時で3回、結婚してから
3回、そして2014年にフランスから日本へ、我孫子に
来てから2回目の引越し。
29歳まで日本のひとところに暮らしていたことを思うと、
渡仏の時以降、ガラッと変わって引越し三昧⁉️な生活。
2007年からの10年で(上記には入れてないけど、日本
でも2か所に住んでいたので)約8回。ほとんど毎年ですね。

それなのに、毎回、あー、これ、こうだったなあ。と忘れて
いること多し。次回は(しばらくは動きたくないですが)、
しっかり要所を確認できるように、覚書きしておこう‥‥
何より、断捨離!前の家より狭くなったので、不必要なもの
をきちんと見極めて、要るものだけをしっかり選びたいと
思います。

そして‥日本からフランス、フランスから日本のときには
感じなかったけれど、前回、今回思ったこと。

夫が日本語にまだ不安があるので、手続き、引越しなど、
全て私にかかってくると、なかなかに大変。。。引越し業者
さんも、(ま、これはどのご家庭も同じとは思いますが、、)
家具の配置などは私で確認されるし、仲介業者さんや管理会社
さんへの諸々も、私でしか対処できないし。結局、3人で
行動を共にするので、非効率。それぞれが用事を済ませられ
たら、効率的だろうなあ、と。
そして、またその諸々についてをフランス語で夫に説明する
時間もかかります。。(これが、長い。日仏の違いがまずあり
夫が納得するように説明するフランス語スキルが落ちていて、
もう、説明する時間も惜しいのに〜!という心境になります)

いやいや、単身赴任や男性はお仕事で大変な場合、これは
全て奥さんのお仕事ではあるのですが、書類関連、確認する
だけでも結構時間がかかります。
その合間に生活のこと(食事や洗濯・掃除)が入ると、、
こういうときに、判断の早い遅い、わかりますね〜。
頭を使うこと、やっておかないとなあ。。。

書類やメールの住所関連の届け出変更もあるけれど、今週末
までに、なんとか気持ち良く過ごせるように、手付かずの
段ボールたちを片付けなくては!!

さて、頑張ります〜♪





[PR]
by aplusfleurs | 2017-02-01 11:29 | 家族・生活 | Comments(0)

遅まきながら

b0117348_21220968.jpg
明けましておめでとうございます!
(写真は、一人初詣に行った、香取神宮です)
最近は、すっかりペースが落ちてしまい、以前の週1回が月2回。。?
という感じになっており、それでも見に来ていただいてる方もいらっしゃって
感謝です。
今年は、もう少し、アップテンポで!頑張ります。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
b0117348_21270905.jpg
こちらは、境内で。
b0117348_21271603.jpg
こちらは、奥宮で。光が違って、虹色に見えます。

昨年末、久しぶりにフランスへ帰省しました。夫と息子は一昨年夏に帰って
いたのですが、私はパスしていたので、約2年ぶり?なんだか以前往復して
いたことも夢のよう、、、で、飛行機に乗るのもちょっとドキドキでした。
(詳しい話は、次回に。。。)
一人、先にフランスを立ち、実家から帰る新幹線から撮った富士山。
b0117348_21234215.jpg
最近、よく富士山を見ている気がします。
b0117348_21243333.jpg
b0117348_21244293.jpg
b0117348_21253954.jpg
朝の富士山は、空気も澄んでいるせいで、とても大きく、有難い気持ちに
なります。

今年も、何事もなく、ベランダから富士山が眺められる、平和な年となり
ますように。。。皆様、そして世界にとって、穏やかで健やかな年になる
ようお祈りしています。



[PR]
by aplusfleurs | 2017-01-18 21:29 | 家族・生活 | Comments(0)

Joyeux noël ♪

あっという間の12月でした。やはり、師走は忙しい‥
(以前アナウンスしたアレンジメント教室のサイトについて、
次回変更?訂正の記事を載せますので、ご覧いただければ
幸いです)

今年、久しぶりに、冬にフランス帰省することになり、
なるべく早めにお掃除なども始めていたつもりでした
が、やっぱり、押し迫ってから、バタバタしています。
年賀状も、ただいま急ピッチで仕上げているところ。

そして、今夜はクリスマスイブ!
おととい、ギリギリで出した、クリスマスツリー。
b0117348_16451313.jpg

フランスのサパン・ド・ノエルは、本物の木でした。
なぜかというと、向こうでは切られた木をツリーに
することが多く、クリスマスの後、あちらこちらで沢山
の木が捨てられているのを見るのが辛くて。。。
生きた木なら、植木としてずっと置いておける!と思い、
買ったからです。
b0117348_16583675.jpg

今は、義両親の実家の庭に植えられています。
鉢植えだったから、地面に根を下ろして、のびのび、
大きくなっただろうなあ〜。
近々、会えます。

息子は、冬休みに入る前から、ノエルを楽しみに
待っていて、昨日から、

もうすぐノエル!もうすぐプレゼント!!

とノリノリです(^0^;)
アドヴェントカレンダーはひと月前から。
b0117348_1705079.jpg

サンタさんへの手紙も、やっぱりひと月以上前に書いて、
準備万端。
b0117348_17106.jpg

b0117348_1714182.jpg


こちらのお仕事、ディナーは、鶏の半身をローストして、
プレホティにと朝下準備をしてあります。
後は、夫がフランス出張で買ってきたフォアグラ(の缶)を
トーストに塗って食べる予定。付け合わせはサラダ。
さて、美味しく鶏が焼けるかなあ。。。

最近の花活け。サンキライは、確か、一昨年のもの。
ドライになっても、大活躍。クリスマスにはぴったりの
枝ものです(リースにもありますよね)。これを合わせれば、
簡単クリスマスアレンジに。(ちょっとかすみ草、元気ない
かしら;)
b0117348_16591986.jpg

以前は、竹のカゴに入れてみたり、、
b0117348_1745811.jpg

b0117348_176302.jpg

花瓶にも同じスタイル。
b0117348_1773756.jpg

以前から使っている花台に置いて。夏は、ドライフラワー
でした。
b0117348_1791385.jpg

b0117348_17124623.jpg

居間の花は、こんなの。。。スーパーで売っている、400円とか
600円の花束をばらして、組み合わせを変えたもの。
b0117348_1714143.jpg

最近のお気に入りは、ユリです。この間は、雄しべ同士、
雄しべと花びらがくっついたものがありました。
b0117348_17144498.jpg

b0117348_17145889.jpg

自然の偶然。素敵!ユリは一本のお値段が少し張りますが、
一本で何個も花が付いていて、何より豪華。そして、一番の
ポイントは、この香り。。。ひとつ咲いているだけで、ふわーっと
いい匂いが。フリージア、スイートピーもいい香りで好きですが、
ユリの香りの強さはピカイチです。

さて、そろそろ鶏を焼きまーす。皆様も、どうか良いクリスマスを
過ごされますように!
[PR]
by aplusfleurs | 2016-12-24 17:20 | 家族・生活 | Comments(0)

時間がとられること

b0117348_10204069.jpg

天気予報通り、雨は止んだものの、ものすごい風の
今日の我孫子。洗濯物、もったいないので一部外に
干しているけれど、、軽い折り畳み物干の足がういて
倒れそうです;;

さて、日本に来て丸2年。
最初は、新聞読むのに時間とられるなあ・・と思って
ましたが、それ以上に時間がかかっているのが家事、
食事作りと皿洗いだと気づきました。

フランスでは、食洗機にほとんどの食器を入れ、
まとまったところで回していて、1時間弱?くらいで
完了。大きなお鍋、入りきらなかったもの、壊れやす
そうなもののみ手洗い。それでも、15〜20分くらいは
片付けに費やしていたのですが・・・
b0117348_12155014.jpg

日本では賃貸なので、食洗機なし。(フランスでは、
住んだアパートでは、食洗機は作り付けでした)
あっても、容量は比べ物にならないくらい少ない;
・・ので、毎回食器は手洗い。最初はまとめておいた
方がいいかな〜とまとめて洗うと、時間のかかること
かかること。水はもったいなくても、作っている端から
すぐ洗う。食べる前にまた洗う。食べたあと、あいた
お皿から洗っていく・・・これが、1番片付くとようやく
気づいた2年目。
でも、その量に負けて、ずるずる置いておいたりして
後でまた後悔。
今はようやく慣れました・・・(遅すぎる??)。
b0117348_1216467.jpg

料理も、きちんとしたもの作ろうと思うと、何だか
時間がかかる。
まずオーブン料理があまりできない。
というか、オーブン料理できるようなものが少ない。
するとすれば、ラザニアや他の下準備がいるもの
なので、時間がかかる。

フランスでは、ただ放り込んで焼けばいい鶏の丸焼き
や肉屋さんで下準備の済んだお肉とか、買ってきて
切ったり並べたりすればいいものが多くて、楽だった
なあ〜・・・

料理は、夫と子供が食べられるものを中心にして
いますが、夫は基本、夜はご飯を食べないので
(どうも日に2回のお米は胃腸がうけつけないようです)、
メインが腹持ちの良いものでないとダメとなると、
ご飯さえあれば・・・ということにはならず。
ま、食が細い人なので、量はいらないから大変では
ないのですが。

例えば、カレー。
日本のカレーは夫にはどうも辛さが物足りないようで、
グリーンカレーと普通のカレー(息子と私用)を同時に
作ったり。
フランスでよく作っていた、レンズ豆とベーコンの煮込み
なども、レンズ豆が見つからず、ベーコンもどうもあちら
とは違うようなので、全然作らなくなりました。

とにかく、ザ・和食=天ぷら、すき焼き、お出汁で炊く
煮物(根菜類)、お刺身など、、は×。(手巻き寿司は別)
だんだんと慣れてきて、チャーハン・鍋などは大丈夫
になってきましたが、、2人揃ってキノコ嫌い。こんにゃく、
練り物など、味がなくて見た目が地味なものは受け付け
ない。やはり、小さい時に食べたものでないと、なかなか
挑戦できないのでしょうか・・・

ただ!
ええ?なんで?と思いますが、例えばレストランなどで
美味しそう〜な盛りつけなどで出て来たり、ちょっと趣向
が凝らされていたりすると、食べたりするんですよね〜・・
あーあ;

ま、蒟蒻畑とか、息子は味にだまされて「おいしい!」と
喜んで食べているので、徐々に慣らしていければなあ〜
と思ってます。

・・・話がそれてしまいました;

その他、場所が狭くなったせいか、台所や部屋の整理で
も時間取られるかな〜。

そして、息子の学校行事や役員のこと。
結構、頻繁に見学する行事があって、びっくりします。
また、参加のときにお手伝いや準備するものも、案外時間
がかかるもの。
でも、交通機関は遅れが出ても、正確にアナウンスして
くれ、宅急便や郵便が遅れたり無くなったりすることは
滅多にない(というか、今までなかったし、聞いたことも
ない)。ネットや電話で注文や依頼をしても、すぐに手配
または返事が来て、遅延の場合は必ず連絡が来る。
どんな状況でも、どんな天気でも、、関わる人の機嫌や
好みに関わらず、仕事となれば、間違いはなし。
(フランスでは、まったくこの反対です;;)
お医者さんは予約せずに行けるし(歯医者さんは別ですが)
検査もその場で。(フランスは検査はまた個別に予約、結果
をもって、予約してからお医者さんへいく)


フランスでは、買い物に半日がかり、また欲しいものがすぐ
買える場所になかったので、今みたいにちょっと買い物、と
は行かず、不自由な気がしていました。交通機関はバス
だったけど、時間通りに来ないこともしばしば。
土曜日は夫が車を出してくれて、半日は買い出し。
マルシェもバカンスには閉まったし、あちこちで列を待って
なので、のんびり、、時間はかかりました。

食べにでようと思っても、子連れでOKまたは、行きたいと
いうところもすぐ近くになかったし・・・今は、よりどりみどり
・・・とまでは行かないまでも、気楽にちょっと外食できます。
b0117348_121750100.jpg


フランスに居れば、日本食が恋しい。日本にいれば、パン
にチーズ、シャルキュトリー、そしてどかーんと買えたお肉
が食べたくなり。。。

人間て、贅沢なものです。
正しい事に汲々となってしまうような状況を見ると、自分の
主張はすべき、相手にもその権利はある、という精神の
フランスの大らかさがよく見えたり(といっても、堂々と人種
差別的行為・言動もありましたが;)。

つらつら書いていたら、こんなに長くなりました;;
最後までお付き合い、ありがとうございます。
合間合間の写真は、春終わりの花々たち。暑い夏にむかう
前の、ひととき、今はいい時期ですね〜♪
[PR]
by aplusfleurs | 2016-05-04 12:29 | 家族・生活 | Comments(2)

新学期

b0117348_17442569.jpg

4月、めまぐるしい季節です。
小学校は学校説明会・PTA総会・懇談会に家庭
訪問。
ボランティアも新学期前の打ち合わせ会議。
歯医者通いと友人との約束、夫の帰省などなど。

新しい先生は・・・?子供がクラスに馴染めている
か?etc。そして、懇談会では親もどきどきの役員
決めがあります。
菊池桃子さんの話が大きく新聞にも取り上げられて
いましたが、とにかく、一人一回はクラスの役員と
校外委員をして下さい、ということになっています。
低学年のうちは仕事が少ないので、なるべく早く
に役員をしておきたい、というのが親の本音。

懇談会の主題は役員決め。じゃんけん大会です;

フランスでは小学校に行ってなかったので、幼稚園
しか分かりませんが、親の会も任意、したい人が
入りたいグループ(3つくらい、カトリック系、中流、
社会派?系に別れていて)に入って、幼稚園に要望
を出す、という感じでした。
その他は強制なし。
こちらの幼稚園は私立だったからか、親の負担が
大きかったなあ・・・行事が多いのはいいけれど、園
は関与せず、親の会で負担して、お手伝いずーっと
されていたような。
もちろん、最低限のお手伝いは必要だと思います。
ただ、共働きの方にとっては、この状態は大変だと
つくづく感じることが今も多いのは事実。
準備する物、行事運営への参加。20年来変わらない
ところを見ると、変わるには相当な時間がかかりそう。

育児や学校体制(PTAについてなど)、一つのテーマ
だけ切り取って、専門家が

「フランスでは・・・」
「スウェーデンでは・・・」
「アメリカでは・・・」


と色々言われますが、それもちょっと違う気もします。
社会全体の考え方、気風、習慣、社会体制・・・
すべてがそれぞれに関わって成り立っているので、
日本人の生活習慣やモラルを根底から覆すような
何か、またはそういううねりのようなものが日本人
自身から出て来て、押し進められる先導者がいない
限り、ひとつのモデルを無理矢理に既存のルールに
はめ込むことは、できたとしても、成り立たないのは
当然。
日本にいて、ヨーロッパの問題やその他世界の国々
の問題をあれこれ言えても、現地に行っても何も
できないのと同じ気がします。

b0117348_182886.jpg

バレンタインデーに息子が2人の女の子からチョコ
をいただいたので、お返しに手作りクッキーを焼き
ました。その中のウサギバージョン。
最近は小学校一年生でもチョコくれるのね〜と
感心しつつ、、ブログに載せそびれていました。

そして、昨年からずーっと置いたままだった蔦の葉
とカラスウリの写真。
b0117348_1841662.jpg

b0117348_1843685.jpg

b0117348_1844843.jpg

取りたかったけど・・・アレンジのあてもなかったので、
写真で我慢。秋色は素敵。

さて、大型連休も始まって、何となく足が地につかない
感じです。が、、、うちは特に決まった予定無し。
家の整理をして、少しお出かけしようかな。
5月になると、本格的にいろいろ始まりますね〜。
その前に、十分英気を蓄えられるような、楽しいゴールデン
ウイークになりますように!
[PR]
by aplusfleurs | 2016-04-30 18:10 | 家族・生活 | Comments(0)

桜の季節

ご無沙汰してます〜。
b0117348_11532647.jpg

花冷えで保つだろうと言われていたけれど、桜が
満開の先週末に雨が降り、マンション前の桜の大木
は花がほとんど散ってしまいました;
自転車置き場のさくらのじゅうたん。
b0117348_1152196.jpg


でも、ベランダから手賀沼方面を望むと、まだまだ桜色
の霞がそこここに見えています。マンション近くの桜。
夜桜も捨てがたい。季節がいいと、夜のお散歩が
したくて、うずうずしますね。
b0117348_115232100.jpg


先週の金曜日は入学式で、前日が大雨だったので、
大丈夫かなと親御さんの気持ちで心配していました
が、金曜は晴れてよかった♪

春休みに入ってすぐ、京都に帰省しておりました。
京都の桜は暖かかったせいか、早くて、満開に近い
桜を実家の近所や蹴上げで見ることができました。
b0117348_1153859.jpg


色々と切り替え、変化の季節ですね。
身体も春先は安定しない・・・とよく聞きます。気温も
暖かいようで、急に寒くなる難しい時期。
どうぞ、みなさま、お身体お大切に!
[PR]
by aplusfleurs | 2016-04-10 11:58 | 家族・生活 | Comments(0)

我孫子のお昼

近所のお店探検。お友達に連れられ、和食の
お店にランチに行きました。我孫子と天王台の
中間点、手賀沼の橋に近いお店’程々’。

お昼のお弁当?だったか、天ぷら・お刺身・煮物
など詰め合わせと、五穀米(だったと思う。。。)
お味噌汁。デザートもついていて、1080円。
b0117348_15494778.jpg

壮年のご夫婦らしきお二人、ご主人がお料理、
奥さんがお給仕。この、天ぷらが絶品でした〜
b0117348_1551321.jpg

お魚は、身はふっくら、ほろり。衣はさくさく。
焼き魚も、味はしっかり、でも天ぷら同様身は白く
ふっくら。丁寧なお仕事だな、と。
お店の名前の通り、ほどほどのお値段で、中々
の満足感でした♪

その後、コーヒーが飲みたくて、少し歩いて・・・
本格的な氷で有名(?)な「吉岡茶房」。店内に入ると、
「焼き鳥」の文字とイラストも。??夜になると居酒屋に
変身するのでしょうか。。。
簡単なランチもやっているよう。
b0117348_15563365.jpg

ハーフを頼んだのですが、ハーフでも、お値段は
ほとんど正規のものと変わらず。ま、でもそんなに
お腹空いてないし。いちごソースは生から作ってる
みたい。氷は、これぞかき氷!という感じの本格的
なもの。
b0117348_1558817.jpg

美味しかったです。
夏の終わりだったので、暑さはそんなでもなく、
クーラーの効いた部屋の中では寒いくらいだった
ので、次回はあつーい真夏に食べたいです。

ボチボチ、いろんなお店を探検しています。
[PR]
by aplusfleurs | 2015-09-16 16:01 | 家族・生活 | Comments(0)

4月から

自分の活動が増え、毎週土曜日に半日講座で出かけて
いたので、夏休み始まってからもなかなか時間がとれま
せんでした。
週に一回とはいえ、今まで週末自由に使っていた時間が
ないと(普通の日もそのために準備したりも多少はあり)
こんなにも忙しいと感じるものか、と。

何より、息子にとっては私が常に家にいることが当たり前
で、土曜日の半日だけでも何回目からは駄々をこねる事
も多く・・・フランスから送られてくる教材は、夫が週末に
息子に教えて、課題をまたパソコンか郵送で期日までに
送らないと添削してもらえないので、小学校の宿題と仏語
の課題で結構週末は忙しいのです。。。。お尻を叩いて
何とか勉強させているフランス語。最近では日本語が
仏語にとってかわっているため、仏語の読み書きをレベル
を上げて勉強させることはなかなか難しいものがあります。
b0117348_117957.jpg

という訳で、講習が終わって8月より、少しは余裕が出る
ようになりました。といっても、7月からボランティアで週一
出るようになったので、また準備等が必要なのですが、
一定の時間拘束されるのは平日なので、気が楽です。
ほんとに、共働きのお母さん、よくやってられるなあ〜と
あらためて思う毎日。お父さん達も協力されてること多い
だろうし・・・子育て中の方、皆さんばんざい!!という気分。

さて、そういう訳で、ざーっと4月からのこと。
息子の誕生日は上野の精養軒で。予約もとらずにいった
ので、外のテラス席。風が吹く、寒い日だったので、少々
残念。パンダプレートは可愛かったですが。
b0117348_1155811.jpg

家での誕生日。
b0117348_116361.jpg
b0117348_116455.jpg

息子と二人、出かけた東京駅で。
b0117348_1174747.jpg

b0117348_1191815.jpg

造形的に本当に美しいな、と思う。アールデコ風のところも
大好きです。日本と西洋が融合された、面白さが好き。

お花の先生のお家に招かれたときの、お昼のサラダ。この
後クスクスいただいたのですが、サラダの彩りが素晴らしく。
b0117348_11122133.jpg

私には欠けるセンス・・・これから、気をつけたいところ。
b0117348_11131295.jpg

b0117348_11132792.jpg
b0117348_11133837.jpg

美術館でのお茶のときのケーキと、帰省で京都に帰ったとき
撮った、マールブランシュのケーキ達。こちらも、ヨーロッパの
ものと思われがちだけど、日本人のエッセンスが入っている
繊細さを感じる。こういう、淡い色合い、ケーキの造形の発想
って、日本人らしいと思います。

まだまだ生活の中で感じた事たまっているので、またぼちぼち
書いていきたいと思います。
[PR]
by aplusfleurs | 2015-09-12 11:17 | 家族・生活 | Comments(3)

お裾分け

日本の昔からの習慣・・・といっても、最近はすたれつつある
のかもしれないですが、私がこちらに戻って感動するのが、
お裾分け。
京都から千葉へ帰ってきたら、頼んでいたものやら、お土産
のお返し、お裾分けがどっと届きました。サプライズも。

留守のことをお願いしたお隣さんから、青森のリンゴとトウモロコシ。
b0117348_11303689.jpg
b0117348_11304423.jpg

早速湯がいていただきました!
これ、私の大好物。フランスでは、何故か、すでに湯がいて
真空パックにしたものか、実だけを加工したものなど、生の
ままのがなかったのです。この、ゆでトウモロコシ、夏の帰省
のとき食べるのが楽しみで・・
昨年はバタバタしていて味わうことが少なかったけど、今年は
実家でもうんとこさ食べ、もう食べ納めかな?と思ってたとこで、
また頂いて、格別に嬉しかった。
b0117348_11352755.jpg

関西から、お手製のレモンバーム。彫刻家の方で、父がお世話
になっていたのですが、おうちで色々なものを育て、自然の恵み
を大事に何でもご自分で作られています。すごいなあと思って
いたら、お裾分けに預かりました。かわいいパッケージもさすが!
大事に頂こうと思います。
b0117348_11364259.jpg

仲良くさせてもらっている、ママ友からはお米。旦那様の職場で、
全社員の中から社長秘書がくじをひいてあたるらしく、10kgが
送られてきたのだとか。マンションの夏のお祭りでもお米が当たり、
今年は彼女の当たり年??
お蔭様で、うちもこころおきなくお米が食べられます。

そして・・・フランス時代のお友達のギャラリーにお願いしていた
画集。糸井さんの「ほぼ日」でも取り上げられたとかで、相当な数
の発送をこなした彼女。。。
b0117348_11434128.jpg

ギャラリーも自力で作り上げ、一人で理想に向かってひた走っている
姿をFBで見せてもらっていますが、本当にすごい。長年の夢を叶え、
またそれを軌道にのせるためのひたむきな努力には、頭が下がります。
モッチー画伯の熊さんの絵、うちの家にまだ飾ってないけれど、この
画集見ながら、どこに飾ろうか考えるのも楽しみ。
ギャラリーhasu no hana で、またモッチー画伯回顧展来年
あるそうです!)

しみじみ、ありがたいなあと思う、日本の良き習慣、お裾分け。
期待をしてる訳でなく、お互いにちょっとした気持ちの交換が
あって、しみじみと嬉しい。

皆様、ありがとうございました!
[PR]
by aplusfleurs | 2015-08-30 11:51 | 家族・生活 | Comments(0)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧