カテゴリ:手続き関連( 6 )

滞在許可証は?!・・・つづき

とうとう、レセピセ(仮滞在許可証)が6月中旬で期限
切れ、しかも祭日当日に日が重なっているので、1週
間の余裕を見て、またもやsous-prefecture(郡役所)
へと行ってまいりました・・・;

先週木曜は祭日、4日続けて夫がお休みだったので、
さて、いろんなことができるなー(金曜には郡役所へ
延長の申請に行くつもりだった)と楽しみにしていた
のに、ずーっとダウン、何もできずに終わりました。
まあ、夫がいたので、安心して寝てられた、ということ
もできるのですが・・・。

楽しみにしていたコンサートもドタキャン、せっかく靴
もそのために買ったのに~。とぐちっても始まりませ
んが、滞在許可は待ってはくれないので、月曜に
まだ何となく気分悪いまま郡役所へ。
出る前に息子が起きてしまい、今回家を出たのが7時
20分、ついたら7時50分、そして、待っている人の数
52人!(私は53番でした)
いつもの2倍以上!!多すぎる~。
何でも、先週の金曜は普通の日なのに、勝手に休み
になっていたそうで・・・。その分、月曜にまわった、と
いう訳です。よかった、金曜に無理して行かなくて。

しかし、53番。1時間待って10番前後。2時間待って
20番前後・・・。しかも、前夜に雷が鳴っていたのです
が、そのせいでパソコンが機能しないから、と途中で
窓口は閉められてしまいました;
そういえば、一度目に来たときも、そんなことがあった
な・・・今回はどうなるか??

職員男性が、
「いつ直るかわかりません。待っていてもらってもいい
けど、保障はありませーん」
と声を張り上げて説明(というか、どなっていた)。
一応近くにいた人に「どういうことですか?」と確認。
自分だけでは間違っていることもあるし・・・。
そして、ほとんどの人が帰ってしまって、私も何となく
帰ろうかなという気分で一応残っていたら、窓口再開☆
ほとんどの人が帰ってるので、番号が進む進む。

フランスでは、あきらめ悪いくらいが得をすることも
ままあります♪ 1時間も待たず、私の番に。
窓口が閉められる前に「どれぐらいで開きますか?」と
確認していたのですが、そのときの優しそうな黒人女性
がにっこり(この、にこやかな顔というのは、フランスで
はごくごくまれ)と対応してくれました。

「レセピセの延長をお願いします」

「10年滞在許可証の申請ね。確認します。・・・まだでき
てないみたいだから」
・・・と、言われたと思ったのですが・・・
「今、切手を買えますか?」
(え?切手って、許可証もらうときのじゃないの?)
「どこで買えますか?」

「下の受付でボタンを押して、紙を出して、それをもって
ケス(レジ)へ行ってください。140ユーロ、払えますか?」

現金・小切手・カード、どれでも払えるということで(現金
か小切手だけ、というとこが多いので、カードしか持って
なくて、あせったけれど、ラッキーでした♪)、そく買いに。
そして、めでたく、10年の滞在許可証、受け取りました~☆
天気も悪くて、今までで最長の待ち時間だったけれど、
それでも休みにあたって出直した人に比べれば、楽
なもの。
今月末にバカンスだったので、それまでぎりぎりコンボカッ
ション(召集状)を待つか、レセピセだけでもきちんと延長
して安心したい、と少し前にバカンスに発つ義理の母の
誘いも断っていたのですが、やはり、「何となく来そう・・」
という勘はあたっていたみたい。(時期は少し早かった
けれど)

そして、今日、6月6日付け発送のコンボカッションが
郵便受けに入ってました;発送された日に、偶然行った
ので、滞在許可証を運良く受け取れたみたいです。
いやあ、2度手間にならずに済んでよかった。

待っている間に、ベルサイユは対応がいい、とか、ナン
テールはすごく大変、とか、ブローニュビヤンクールは
(私がお世話になってる郡役所)段々許可証発行が厳し
くなっているとか・・・その他いろいろ、アルジェリア人、
日本人などと話す機会があって、情報もゲットしました。

とにもかくにも、これでしばらく、安心です。
[PR]
by aplusfleurs | 2011-06-08 22:50 | 手続き関連 | Comments(0)

滞在許可証は出るのか?!

1年に1回の滞在許可証の申請、3年目。
つまり、今年が10年目の滞在許可証を受け
取れるはず(?)なのですが、

昨年秋に3回目の申請をし、今までなら、3月
くらいには「許可証を受け取りに来てください」
という手紙がきていたのに・・・今回は来ない!

仕方なく、3月中旬で切れるレセピセ(仮許可証)
の期限を延ばしてもらうため、また朝7時から
sous-prefecture(郡役所)へ行きました。
サンクルーは、ブローニュなどと同じ管轄で、
このsous-prefectureも、家からトラムで行くと
30分弱のところにあり、以前田舎で申請していた
ときに比べたら、並んでいる人も少なく(7時半着
で、10~20番くらい)、担当の人の対応もわりと
サンパ(感じがいい)なので、心理的負担はぐっと
軽いです。

今回、受付の女性に
「10年の許可証だから、長く時間がかかるのよ」
と言われたのですが、5月中旬をすぎ、6月半ば
のレセピセの期限までに1ヶ月を切ってます;;

レセピセの延長に行ったのが、3月中旬、そして
3月末に、突然、サンクルーのcommissariat
(警察署)から電話が。

「こちら、サンクルー警察ですけど、マダム
カタヤマ?」

ここフランスでも、ときにセールスみたいな電話が
かかるので、用心した私はひくーい声で、

「ウイ」

のみ。ほんとに疑ってました;
すると、sous-prefectureからの依頼で、本当に
私達がここで暮らしているのか、確認の訪問をした
いとのこと。うわさに聞いてましたが、いや~、ほんと
に来るとは思わなかった。

ということで、次の日、朝10時~14時すぎまでの
間に訪問するといわれ、朝からどきどきしながら
待っていました。
でも、待てど暮らせど訪問なし。14時になり、電話
が。

「ちょっと、車の手配がうまくいってなくて、今日
いけるかどうか分からない。忘れたわけじゃない
んだけど、もし今日無理なら、明日でも大丈夫?」

うーん、そうですか。警察署は歩いて10分かから
ないのですが、他の用事があったのか?
で、もう今日はこないね~、と出かける直前、やって
来られました。

思っていたような、警官の制服でなく、コートを羽織
った、刑事風の女性二人。「5分で終わるから!」
とのことで、家に入るときも、「靴は脱ぐの?」とわざ
わざ尋ねてくれたり(「知ってるから」と言ってたけれ
ど、日本人の家に行ったことあるってことでしょうね)、
思っていたような、強面の、つめたーい人ではなかっ
たので、一安心。

まずは、私のパスポート、滞在許可証などの確認。
私が、本当に「かたやま あゆみ」なのか。
そして、上の寝室の検査(?)から。
服、そしてタンスの中の、私と夫の引き出しを見せ
(なぜか、たまたま下着の引き出し;)、その後、
シャワー室を見た彼女、

「歯ブラシが1本しかないわね」

えーー、ドラマではよくみたけれど、本当に歯ブラシ
の数まで数えるんですか?!とびっくり。
ここは、夫が主に使っているので、私達のはお風呂
にあります、と階下へ。息子の部屋を示し、その後
お風呂場にちゃんと家族の歯ブラシがあるのを確認、

「私達は、sous-prefectureの依頼で、ただ居住の
確認をするだけだから」

と繰り返して念を押し、
「電話では、うまく話せないので、上手に対応できなく
てごめんなさい」
と、言うと、
「だいじょうぶ、だいじょうぶ」

「ありがとうございました、靴を脱いでくれて。
ボンジョルネ!」

の言葉に、なんとなく、日本人的な恐縮したような笑い(?)
を浮かべ、帰って行かれました。
そして、あれからはや1ヶ月半以上・・・
最近は、ほとんど毎日郵便受けをのぞいていますが
(こちらでは、「期限内に連絡を」という手紙が、期限
3日前に届くこともざらなので)、何の音沙汰もなく、
日はすぎて・・・また6月半ばにレセピセの延長に行か
ねばならないかも・・・と半分覚悟。
それ以上に、6月最終週にいくバカンス中に、緊急の
手紙がこないか?!と、その方が心配だったりします。

ああ、フランスのお役所仕事・・・。日本でも何やかや
といわれる役所ですが、フランスに比べたら、ずっと
迅速・確実です!

これも、最近になって、外人排斥の風潮が高まって
るせいで、先行きがどうなるか・・・来年の大統領
選挙次第で、今後の生活も大きく左右されそうです。
[PR]
by aplusfleurs | 2011-05-20 05:35 | 手続き関連 | Comments(0)

ぐうぜん?

窓から見える木々が黄色く色づいてきました。
だんだん秋の気配になってきています。
前の週末の日曜日に、冬時間になって、日本とは
8時間差になりました。これから、朝は8~9時まで
くら~い季節。しばらくの間、気合を入れて冬を乗り
こえなければ。。

さて、昨日おもい立って滞在許可証更新のための
ランデブーをとりに、sous-prefecture〔郡役所、
と辞書には出てます〕へ行ってきました。
パリで申請した去年は、指定された日に行けばよ
かったので〔待たされはしましたが〕、らくちんでし
た。
1度目の申請は妊娠してたのと、田舎で申請だった
ので、思い出したくないくらい何度も行って、何時間
も待たされて・・・あー大変だった。といまだに忘れ
られません。

今回は日本人も多いところだし、パリからもそんな
に離れてないし・・・と甘くみていましたが、着いた
とたんに「やっぱり・・・」と心でつぶやくくらい人が
わんさかいました・・・。朝10時前についたので、行
列はなかったものの、待合いはいっぱい。
たまたま尋ねた人にもらったチケット〔番号札〕は
603、表示は510.。。。1時間待って520前後。
「今日中には無理か」
といったんあきらめかけ、でも夫に「せめて受付で
どうか聞いたら?」といわれ、時間の確認だけでも
と尋ねかけた私にマダムは
「この番号はどう??待てるならあげるけど、どう
なの?」
とやたら挑戦的に番号札をくれたので、何だか気お
されて受け取り、569ならまだまだ、と早昼を食べ
に外へ出ました。

帰ってきたら、ちょうど待っていたとき話していた、
540の札をもった女性とばったり。
「パソコンの故障で、少し順番が早くなった」
というので、いそいで戻りました。
そしたらすでに550番前後!ラッキー!!と本を
読みつつのんびり待って、窓口で住所変更と許可
証の更新を申請。わりに親切な人で、「もしかして
だめかも」とどきどきしていたのですが、本申請の
ための書類リストとランデブーの日を指定した紙を
くれ、無事終了!

最初はあきらめて出直すか・・・といったん外に出か
けていたけど、受付で番号をもらったこと、たまたま
待っていたとき話した人が情報くれたこと、パソコン
の故障で、他の用事できていた人が出直さないと
いけなくなったこと、など偶然がかさなって、朝待ち
もなくランデブーがとれました。
もしも、パソコンが故障してなくて、人が残っていた
ら、やはりその日中には無理だったかも。
こういうことってなんとなく第六感が働いて、
「明日いこう!」
とシッターさんにお願いしたら、彼女も
「明日なら夕方まで大丈夫ですよ」
と余裕があったり。
何だか来年はいろいろうまくいきそうな予感。
〔ちょっと単純ですが〕

帰りによったクリーニング屋さんでも、いつもは探す
のすこし時間がかかるのに、たまたま私が入ったとき
彼女が持ってたのが、私の服ですぐ受け取れて、大
したことではないかもしれないけれど、すべてスムー
ズにはこんだ、大満足の一日でした。
でも、朝いち、夫が息子のためのお汁の鍋を焦がして
いたので、もしかしたら、それが厄落としになったのか
も?!朝はご機嫌ななめで見送ったけれど、夜一応
お礼を言っておきました^^
[PR]
by aplusfleurs | 2009-10-29 23:29 | 手続き関連 | Comments(0)

滞在許可証の更新と免許の切り替え

帰省した1月初旬に、滞在許可証の更新をCite(シテ島)の
prefecture de la police(警察)でしました。
去年滞在許可証をとってから、初めての更新です。本当は
許可証の期限が12月で切れるので、11月くらいに予約して
(更新は書類提出の日の予約がとれるのです)、書類を提出
すればいいのですが、去年は日本に年末帰省していたので、
早めの10月中旬に予約をとり、夫と一緒に面接で必要書類を
提出し、12月下旬から2ヶ月間の間にとりにいけばよい、と
言われていたのでした。
更新までに、何とか田舎からパリの方への住所変更を済ませて
いたので、今回はパリで更新できたのですが、去年のことを
思い出す
と、また許可証をもらうまでに何日もかかるのかなあ
・・・?と戦々恐々だったのですが、行って、順番待ちの番号
をもらい、呼ばれるまで30分ほど。部屋に入って、必要書類
と切手(手数料代わり?)を出したら、ソクもらえました。。。
?ちょっと拍子抜け。

田舎の方が、どうも時間がかかるみたいです。地方や、パリ
近郊の話を友達・知り合いから聞いたら、やっぱりいろいろ
言われ、何日も何時間もかけてもらうのが普通らしい。
フランス語が話せない、外国人の女子学生が、フランス語が
話せなくて、あたふたしていたら、「どうしてフランスにくる
のにフランス語が話せないの!」と言われ、泣いていたそう。

最初の面接のときは、予約の時間を軽く2時間はこえて、ベビー
シッターさんに息子を預かってもらっていたので、はらはらした
のですが、難があったといえば、それだけ。

日本の運転免許をフランスのへと変更するのも、入国1年以内
だったので、ぎりぎりセーフで去年窓口へ行って、許可証変更
と1週間違いで無事切り替えOK。
本当は日本で車を使う方が多いだろうし、迷ってたのですが、
こちらの運転免許は一度もらえば一生もの。更新の身体検査
や写真撮影など一切なし。更新が必要ないので、違反などない
限り、年がいくまで同じ免許です。
(なので、ますますパリで運転するのが怖いのですが・・・。
運転があらい上に、運転に支障がある人がいる可能性大なので)

ということで、来年3度目の更新も、何となく安心して迎えられ
そうです**
[PR]
by aplusfleurs | 2009-02-04 22:59 | 手続き関連 | Comments(0)

やっと!

b0117348_243487.jpg

滞在許可証、本式のカードがもらえました〜!
よかった・・・。

最初に書類を申請してから4ヶ月と少し。出産と重なったらどうしよう・・・;;という
予想をいい意味で裏切ってくれたsous-prefecture(管轄の警察)。
びっくりですが、なんとなく後から何かありそうな気も。
いやいや、大丈夫でしょう。

convocation(呼び出し状)を持って、指定されたパスポート・予約証(レセピセ)
の他、夫のパスポート・健康診断証・病院で助産婦さんに書いてもらった妊娠証明書
(並ぶ場合に座らせてもらうため)・家族証明書・写真などなど、思いつくものを
持参しました。
前回と違うのは、時間も10〜14時の間でいい、とあったこと。
受付では少し並んだものの、あっさり札を渡してくれて、「妊娠してるんでしょ?
何ならすぐに指定のカウンターに行って頼めばいいわ。どちらにしても、すぐだけど」

この時点で??(何か言われたら、助産婦さんの妊娠証明書を見せようと手に持って
いた私は拍子抜け)なんだか想像と違うな〜と思いつつ、カウンターへ。
義母が説明してくれて、その時も「次にするけど、妊娠してるなら座ってた方が
いいのでは?」と・・・。

そして、カードはすぐに出てきました。
あきれるほどあっさり。(30分弱でおわり)

一度書類を通したら、後は簡単なのでしょうか・・・。
一回目はあんなにあれこれ、重箱のすみをつつかれたのに。
義母とお茶を飲みながら、よかったよかったといいながら・・・心の中では
?マークが飛び交っていました。

次は年内12月。(2月にもらったからといって、2月付けではありません;)
11月半ばに帰国予定なので、それまでに早めに申請しに行くつもりだけれど、
さて更新はどんな感じ?
今からちょっとどきどきです。
[PR]
by aplusfleurs | 2008-02-27 03:02 | 手続き関連 | Comments(4)

やはり・・・

昨日は滞在許可証をとりに行きました。
書類の関係でパリではなく、少し田舎です。

朝5時半起き、お義母さんの車で6時半出発、7時15分前につきました。
お、人が少ない!ラッキーと思ったのは束の間;;
よく見れば、ちゃんともう20数人並んではりました。
事務所が開く8時半まで、1時間半;;;
こちらは初冬くらいの気候なので、寒がりの私は肌着に薄いセーターを
2枚重ね、ジャケット。その上からマフラーを巻き、ショールを重ねて
防寒です。

私達の後からも続々やってきます。
みるみる間に行列はどんどん長くなって・・・(画像参照)
b0117348_6151836.jpg

右端から並んでます。開く頃には、人と人のすき間に20人以上の人が入ることに。
b0117348_6114058.jpg

上の写真の後ろ。このあともっと長くなります。

館内に入る直前には、どこからか人が出てきて(寒いので、車の中とかで
待ってたりする)私たちの前に20数人の筈が、40人ほどに!!
そこから受付までまた2時間。座れるので楽ですが、受付番号がばらばらで
いつ呼ばれるのか、見当もつかず。

実は、これで申請にくるのは4回目;
最初は別のところで申請、と役所や他の人に言われ、電話で確認したときも
何も言われなかったので、夫同伴でなく、義母と一緒に10時半すぎに行ったら
人ていっぱい。運よく、近くにいたムッシューが受付番号をゆずってくれ、
3時間後に受付へ。そこで、
”夫同伴じゃなければ論外”
と再度来るように言われ、有給を取った彼と一緒に出直し。
7時半頃ついて、受付番号も11番でほっとしていたら、
”この住所での申請はここじゃない。違うとこへ行ってくれ”
と言われ、
”もう、9時だし、今から行ってもいっぱいでは?”
という彼に
”何とかなる。チェックしておくから”
とチェックと”チェック済”のコメントのみ書き入れておしまい。
指定の場所へ着いたのは10時、案の定人が一杯ですでに受付番号も
もらえず。事情を説明しても、”ここではどうにもできないわ”と
言われ、とりあえず夫同伴の証明書を書いて、私だけ又出直しということに。
担当者次第なので、いくら他の人が”それで大丈夫”といっても、
当日当たった人に”だめ”と却下されたらにべもない。
自分以外の人が言ったこと、したことは”自分とは関係ない”という
人が大半です。(そうじゃない人もいると思いますが、大概こんな感じ)

あんのじょう、昨日の受付のマダムも、
”基本的に、夫同伴なのよ!ここに書いてあるでしょ!”と
あごをもちあげ気味にとても高圧的。最初に私が”でも、事情はこうで、こうで”
とイマイチなフランス語で説明したのが気にさわったよう。
しかも、
”(夫の)戸籍謄本がない!”
という。そんなの、どこにも書いてないのに。。。

幸い、最終受付してくれた女性は何も言わず、滞在許可証の前にもらう
予約証(レセピセ)を交付してくれ、ひとまず何とかなりました。
これがないと、健康保険も銀行講座も開けない。

でも、まだ病院での身体検査が終わって、本式の滞在許可証を彼と取りに
いくまで、油断禁物です。


前回(5年以上前)は学生だったから、かもう少し基準が緩かったせいか、
受付までは同じように朝寒い中ならんだけど、その後はずっとスムーズでした。
結婚してるから、とおおらかに構えていたけど、結婚していても前より
厳しくなってるみたいです。
移民対策、政策によって、社会状況は刻々と変わる。

覚悟はしていましたが、やはり!という感じ。
今後長期で来られる方は、十分下調べされた方がよさそうですよ〜。
日本の会社から派遣、という場合は別ですが・・・
今回は田舎だったから、パリではそうでもないかもしれませんね。

いやはや、好きなところも沢山あるフランスですが、後からは笑い話でも、
けっこう書類関係は疲れます。
[PR]
by aplusfleurs | 2007-10-16 22:38 | 手続き関連 | Comments(8)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧