<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

フラワーアレンジメントと生け花(3)

b0117348_0362451.jpg

前回前々回と、フラワーアレンジメントと生け花のおおよその枠の違いに
ついて、私なりに考えてきたことを書きました。
今回は中身について書きたいと思います。

それぞれ、文化。習慣の違いから生まれた形ですが、生けかたや飾りかた、
求められる素材手に入る素材など、料理と同じでそこでしかできない、
ということ以上にどうしようもできないことがあります。
それはその形を作り出す時間=歴史です。

どちらも基本の型があり、それを発展させた型がその時々で現れますが、
生け花のばあい、長く続いた流派だと代々のお家元が考え、改良し、それを
また一般の先生を教える教授によってチェック・再考がほどこされます。
基本の型であっても、時代や流行によっても花材はどんどん変わり、
そのたびに見直しされるわけです。
特に最近はフラワーアレンジメントや現代的なお花やさん、海外のアーティスト
などの情報がちまたにあふれていること、生活様式の変化などで
今の人たちにも見てもらえる、または親しんでもらえる型を考えなくては
いけません。
そういうことから、生け花でも、フラワーアレンジメントと変わらないような
型もどんどんでてきています。
とくに、三大流派の中でもあたらしい草月流のお花は、戦後発展したせいか
ほとんどアレンジメントだと言ってもいいのではないかと思います。
実際フランスの区役所などでよく、生け花の展示会が大・小規模で行われて
いるのをときどき見せてもらいますが、いちばん日本との違いを感じなかった
のは草月流でした。フランス人にも共通する感覚があるように思います。

面白いことに、こちらの人はフラワーアレンジメントより生け花に
興味をもっている人が圧倒的です。
自分たちにはない感覚で目新しく感じるのでしょうね。
それはフランスだけでなく、アメリカなど世界的にZen−ゼン−スタイルが
流行していることからも伺えます。
ゼン(禅)スタイルといっても完全な生け花スタイルというわけではなく、
人それぞれの解釈でいけられていますが、素材を少なくミニマムに・・・
というところが共通しているようです。
こちらの人は華々しいのが好きな人が多いので、その反対をいったところに
新しさがあったということだと思います。

形の違い以上に、生け花には一本いっぽんの花と相対する、哲学的な精神が
あり、私が習っていた流派のえらい先生が、質問にたいして
「花に問うてみなさい」
と言われたというのが象徴的です。
型があっても、一本いっぽんの花は違うのだから、手本のままに生けても
美しくは生けられない、自分で納得のいくまで練習して花の姿だけでなく
出生や特徴まで把握できるようになれば(ならなければ?)、おのずとどう
生ければいいかが分かるだろう、ということだろうと思います。
ほとんど修行の世界です・・・;;

そうやってひとりひとりの集大成を時間とともに練り上げているわけですから、
一人の人間が一生かかっても追いつけない厚みがあります。
それだけに、全部を吸収するのは至難のわざ・・・。
その集大成を突き崩せるほどの才能がなければ、習得することのみで
時間が過ぎてしまいます。。。
ほとんどの芸術はそうだと思いますが、決まりごとを越えるというのは
よほどの才能がある人にしかできないことだと感じさせられます。

フラワーアレンジメントの場合決まった型があっても
先生によってわりと自由にアレンジされてることが多いです。
じっさいDAFAを受験したときも、何にびっくりしたかといえば、人によって
同じ型でもまったく大きさや形が違う作品になっていたことです。
その中で、同じ先生にならった人の花はほとんど同じ、というのが
先生によって違う教えかたをされていることの証明になってました。

同じ学校で同じようにならって先生の資格をとっても、
その後教えられるときに自分の思う美しい形に変えて教えられる先生も
います。そうすると、同じ型でもだんだん変わってきて、最終的には
かなりのずれが出る、ということになります。
日本では、素材や形の大きさ・花材の本数・入れる場所にいたるまで
かなりきびしい制限がもとめられる傾向にあります。

ただアレンジメント・生け花の両方にいえることは、
完成されているものは美しい
ということと、
それぞれの先生によって好みも入れ方も異なる
ということです。
完成されているというのは、たんに決まりごとを守っているということでは
なく、その人の人となりが出ていること、パーソナリティーの表現が
できていることです。きれいに形ができていることに加え、何かひとあじ、
その人の個性が加えられていることが大事です。
先生によって美しさの基準が違う訳ですから、すべての先生がいいと思われる
ように花を入れることは不可能です。自分なりの解釈を常にもっていなければ
先生によって振り回されてしまうことになります。

モニク先生の学校エコール・フランセーズ・デコラシオン・フローラルで
花を習っていたとき、私としてはいいと思った葉の使い方を注意されたことが
ありました。腑に落ちていなさそうな私を見て、そのとき先生としてときどき
教えていた若い見習い生に、
「ayumiがいいと思うなら、それを続けていけばいいのよ」
と言われました。その言葉は心にずっと残っていて、不完全でも
それを矯正するのではなく、完全にするための努力をしなさい、ということ
なのだと肝に命じています。若い才能のある先生でしたが、その後途中で
やめてしまわれ、会うこともなくなりましたが、彼女もそうやって自分の型を
つくりあげていたのではないかと思います。
生徒であってもそして先生になったらなおさら、先生の言われるがままでなく、
自分の中にあるものを発見して引き出し、完成させることが必要です。
生け花でもそうでしょうが、フラワーアレンジメントはその自由の幅が大きい
とはいえると思います。それだけに習う先生によって、自分の中のいい・悪いの
基準が変わるかもしれません。
[PR]
by aplusfleurs | 2008-06-16 00:40 | フラワーアレンジメント | Comments(4)

これぞフランス人。。。?

b0117348_5552249.jpg

先日病院の最終検診に行ってきました。
息子もだっこ紐にいれて一緒につれていきました。
まだまだ二人きりのおでかけは緊張します><。。。

産後約2ヶ月ひさしぶりの病院です。
(いつか出産の時の体験記書くつもりです)
先生に呼ばれて簡単な面談から。
いろいろ質問を用意していったのですが、たいしたことない、って
感じで先生はどうでもよさそう・・・
「medecin generaliste / specialiste(一般医.専門医)に聞いて下さい。」
と言われる。
帝王切開だったのでそれについての説明はあったのですが・・。
「これでこちらでの診察は最後ですか?」
ときくと、そうだといわれ、今後は婦人科医へバトンタッチらしい。
まあ、出産5ヶ月前までは婦人科医だったので、フランスでは専門をそれぞれ
わけて、その期間のみの診察になるようです。
でも、なんだかな〜と思っていたら、検診前に
「日本のどこから(きたのですか)?」
と聞かれたので、
「京都です。ご存知ですか?」
ときくと、
「ずっと行きたいと思ってる。」
と言われる。何気なしに、どうして?と言ったら
「J'en ai marre la france(=フランスにはうんざり)」!!

心の中で、でたーー!っと叫んでしまいました。
フランスにうんざりしている人がめずらしいわけじゃなくて、
医師と患者という立場で、しかも手術のときと面談のときしか(だからかも
しれないけど)会ったことがないのに、自分の気持ちをばーんと言ってしまう
ところがとてもとてもフランス的・・・
ふと、ではなく、堂々と心情を吐露してしまうというのは、
日本では考えられないんじゃないかなーと思います。
今までも、こういうことはあって、
私みたいな外国人にどうして話してくれるのかしら??
とよく思いましたが、こういう全然本題とは関係ない(ここがポイントかも
しれません)話で盛り上がることがあり、おもしろいな〜と
いつも感じていました。

例えば店先で行列していたら前のおばさんがとつぜん、
今日の品物はいいわね〜みたいなことを知り合いのように話しかけてきたり
すごく親しい友人かのように話してる二人が実は通りすがりで、
何か尋ねたときにたまたま気が合っただけだったり・・・
とうことはよくあります。

確かによく考えてみれば、この先生手術前の説明のときも、偶然見かけた
待合室でもなんだかいつも疲れた感じでした。
診察最後に
どうぞ日本に来てください、私が案内しますよ〜
となぐさめでもないですが、いつのまにか口にしていたわたし。
本気で言われてるわけではなく、ちょっとストレス発散というところでしょう
が、ほんとにフランスでは生活に疲れることがあるっていうのが分かるので、
ついつい言ってしまいました。
でも、「bebe(赤ちゃん)は元気?」と聞いたきりで息子の顔も
見てくれなかったのはちょっと淋しかったです。

義母にこの話をしたら大受け。
自分のときも、産科の先生はすごくいい感じの人だったけど、
手術以外のことは興味なさそうで赤ちゃんのことは全然気にしてなかった、
と話していました。私の話も
「先生は疲れていた」
というところが面白かったみたい。
フランス人は落ち込むときはどん底まで落ち込んで、楽しむときは徹底的に
楽しんでという人が多いので、他人の悩み話を聞いても深刻にとらえず、
まあ面白い!と言えるところがたくましいところだなーと思います。


鯉のぼりの飾りと端午の節句用カードは息子のために飾りました。
小さいけれど、少しでも日本の気分を味わえるように・・・
子供のためというより自分のためのような気がします。
[PR]
by aplusfleurs | 2008-06-14 00:45 | おまけの話 | Comments(3)

ちょっとフランス語 - 1-

b0117348_2116359.jpg

フランス語を始めてすでに10年がたとうとしていますが、何年たとうが
「そんな言葉があったの?」
ということが多々あります。
お花のため、DAFA試験のために続けていたフランス語ですが、
まがりなりにもここまで続けてこられたのは、たぶん、フランス語の音感や
言いまわしの何ともいえない可愛さに惹かれているからだと思います。

さいしょのフランス個人旅行で、レストランの横の席に座ったカップルが
テーブルに山ほど並んだ料理に手をつけずにおしゃべりに夢中だったの見て、
「わーさすが(?!)フランス人!」
と思ったものです。
なんとはなしに耳に入るフランス語は
「ジョボジョボ〜ジョボジョボ〜」
としか聞こえず、さすがボジョレーヌーボーとはよくいったものだな〜と
当たり前のことに感心してました;

フランス語を習いだし、渡仏してから学校では聞かない言葉が
日常生活で飛び交っていました。
質問するひまもなく頭のひきだしにしまっておいた言葉が、何年かあとに
偶然に、または友達のおかげでわかったりとか、何回も聞いているうちに
意味がさぐりあてられたり、と
かえって一度ですっとわかるより、何だかよくわからない。。。という
言葉のほうが心に残ったりしています。

そういうちょっとしたいいまわしで、おもしろいな〜と思ったことばを
すこしづつ紹介していきたいと思います。
で、今回は

"petit crevette" (プチ クラベット)ーちいさな(かわいい)小エビー

です。こどもをつれて外出していた最初のころ、まだうまれて2週間とか
いうときに、「うわあ、小さいね、いくつ?」ときかれて答えると、
"petit crevette" とかならず言われました。
小さな小エビみたいに食べちゃいたい、ってことかな?と想像してます。
生まれたての赤ちゃんに対するいいまわしのようです。

おむつがえのときの足のゆびはたしかに小エビのよう・・・。
こちらでは、魚屋さんでえびはゆがいて売っているので、買ってきて
そのまま食べられます。何種類かある中で、2〜3センチの小さいものも
あるので、そういうところからもきているのかなと思います。
[PR]
by aplusfleurs | 2008-06-06 21:17 | おまけの話 | Comments(2)

Bio -ビオ-

b0117348_610188.jpg

Bio- ビオ=ビオロジック、オーガニックのことです。

日本でも食品の問題がたびたびおこってますが、こちらでも
つい最近大量生産されるポテトチップやお菓子に使う油に、
食用以外の油をまぜていたというスキャンダルがあったよう
です。
そういうこともあってか、食や体に関心がたかまってるせいか、
あちこちでこの「ビオ」をみかけます。

うちでも義母がビオ愛好者なので、ときどき野菜やくだもの、
妊娠中はお腹にぬるオイルなど、いろいろもってきてくれました。
少しお値段ははりますが、たしかに味がちがいます。
もともと、フランスの野菜や果物は日本にくらべてずっと
そのもの本来の味がするので、ふつうのマルシェでも充分おいしい
のですが・・・
さいきんはどんどん日本のようになってきて、季節ものではない
果物などが輸入され売られてます。

パリでもビオの有名なマルシェがモンパルナス近くにたちますが
とても買いにいけないので、ビオの定期便を利用し始めました。
近所のカフェにビオのアソシエーションがあり、先払いで
予約しておくと、野菜がとどけられるので、週にいちどとりに
いきます。
じゃがいも、ラディッシュ、ルバーブ、(たぶん)葉ブロッコリー、
サラダなど・・・(写真真ん中が葉ブロッコリー、下がルバーブ)
b0117348_5595610.jpg

こちらにきてからおめにかかったルバーブ、「大草原の小さな家」
の本にでてきたルバーブのパイ、想像していましたが、実物に
とうとう会えました ^ ^!
日本でも野性で生えてるスカンポにちかいのでは?と思います。
外見はフキのような感じです。
葉ブロッコリーもフランス食材についての本で見てましたが、
料理の方法がいまいちわからず、最初はゆがいてバターソテー、
今は私流ミネストローネを楽しんでいます。

野菜だけじゃなく、いつも買ってるパン屋さんでも「ビオ」パンを
これまた義母が発見!
b0117348_693691.jpg

これがすごくおいしい。
バターとジャムのタルティーヌにすると、とまりません。
毎朝たっぷり;バターをぬって食べています。
こんなことしてたら、ただでさえ出産で落ちてない体重を
さらに増長させそうなのですが;;バターがこれまたおいしいので
どうしても食欲にはかてません。
(日本は今バターがなくて大変らしいですね。。。)
おいしいものがあってうれしいけれど、このままでははっと
気づいたとき取り返しがつかなさそうでこわいです ^ ^;

この、ソシソン(サラミ)も大好物のひとつ。
前回書いたお肉屋さんで買いました。
ぱくぱく食べてしまいます。
b0117348_6213461.jpg


※追記・・・葉ブロッコリーと思っていた野菜はbette(ベット、ビーツと
      同じ種類の野菜)だったようです;
[PR]
by aplusfleurs | 2008-06-01 06:27 | フランス事情 | Comments(0)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧