<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

子供の育て方って?

日本の子供を持つ友人から、
「フランスの子育てってどんな感じ??」
と聞かれたりします。私も、子供がいるので、周りを
それとなく観察することが増えたのですが、印象的
なのは、
とにかく、何でも細かく説明する!
うちの夫もそうですが、義母も、そして街にでたとき
にまわりをよく見ていると、何をするにもまず説明で
す。

「○○しましょうね、●●ちゃんはお腹がへってて今は
いやかもしれないけど、~で~だから、その方が
いいのよ」

ビデオを見ていても、
「あら、女の子が一人になった!まあなんて可哀想!
きっとこの子は泣いてしまうね」〔自分の想像まで解
説しています〕

怒っても
「○○するのは、それは~で~で、きみのためなんだよ」

具体例がうまくかけないのですが、とにかく、原因、
理由、気持ち、ぜ~んぶいちから説明してます。

若いお父さんが、まだ5ヶ月にもなってないような赤ち
ゃんが泣くからか、いらついた調子で、
「どうして泣くんだ!いい加減に泣き止まないと~だぞ
!~で、~なのに、分からないのか!」
みたいに赤ちゃんに普通の大人に話すように言ってた
〔たぶん、日本でも家ではそういうことあるのでしょうが〕
のにはびっくりしました。こんな小さな子にそんなこと
言ったって・・・。ちょっと可哀想でした。
年齢、月齢にかかわらず、とにかく言い聞かせることが
大事なようです。
保育園でも、先生が保育園に置いておくおしゃぶりを
口からはずすとき、毎回
「これは、保育園に置いておくのよ。あそこの棚にある
からね」
というのに、「毎回ぜんぶ説明するのって根気いるな」
と思ってしまいます。
私も、なるべく分かるように・・・と話をしているつもりです
が、ぜんぶを一から説明する、ということはとても無理。
無意識に「これは言っても仕方ないな」ということは省い
てしまうので・・・

人に聞いても、本などで読んでも、子供のときはとにかく
大人のいうことをちゃんと聞くように躾けられるようです。
そのせいか、外で見る子で、だだをこねたり泣いたりして
いる子供はほとんどいません。
散歩のときも大人の横をおとなしく歩いてることが多いし
・・・。極端な言い方で、ある一定の年齢になるまで子供は
「犬や猫をしつけるよう」に育てられる、と聞いたりします。
もちろん、親にもよるのでしょうが・・・。
こちらに長い人は、
「こまっしゃくれた、大人みたいな子供が、こっちの人は
かわいいらしいよ」
と言ってられました。

息子が幼稚園などに行きだせば、まわりの友達を見て
より分かることもでてくるでしょうが、いまのところ、こちら
の人のようにすべてに
「絶対服従」
はちょっと・・・と感じてる私は、こちらの人から見れば、
きちんと子育てできてない!と言われるのかもしれません。
[PR]
by aplusfleurs | 2009-11-30 22:27 | 出産・子育て | Comments(0)

秋も深まり

b0117348_21461177.jpg

窓から見えるポプラの木が、とうとう葉を全部落とし
ました。緑から黄色、そして今は枝だけが風にゆれ
ています。
b0117348_21463893.jpg










近所の広場のつた。
このグリーンから黄色、ボルドーのグラデュエーショ
ンがたまりません。秋は色の宝庫です。

この広場はマルシェがたつのですが、姫りんごの木
がうわっていて、夏から実をつけていたのが、とうとう
終わりかけ。ちょっと寂しい感じもしますね。
b0117348_21473878.jpg


最近の気候不順はこちらも同じ。
暖かいのですが、ここ2、3日は曇り空、ときどき小雨
がぱらついて、うっとおしいお天気です。
寒さはそれほどでもないので助かりますが、11月って
どんよりとしたお天気が多いみたい。私の記憶の中で
も11月は一番つらいとき。
でも、ノエルの飾りやもみの木がそこここで見られて、
12月になるとイルミネーションで街も華やぎ、新年に
むけて何となくこころはずんできます。

毎年デパートなどのノエルの装飾がニュースでも
でてきます。日本でもいろいろ話題になりますが、
流行の色、目新しいアイディアなどあっても、基本的
なスタイルは同じ。
お花のレッスンも毎年
「今年はどんなのでいこうかなあ」
と仕入れしながら考えたものですが、まわりとは違う
何か!となると、なかなか難しいもの。
思い切って、日本でするなら、伝統の和のものを使う
のがいいなあ、とこちらで考えています。
流行とか、まわりでされてるものを見ずに、自分の本当
に好きなもので工夫するのが一番、のように思います。
[PR]
by aplusfleurs | 2009-11-25 21:38 | 家族・生活 | Comments(0)

タルチフレットと・・・

b0117348_0162819.jpg

これ、何だと思われますか?
じっくり見ていただいたらわかるかも・・・・
夏の夜に合唱してる、あれです。
そう、げこげこいう、、、、かえるです。〔正確には
かえるの足ですね〕
日本では、フランスではカエル食べるんだよね、と
かなりの人が知っているように思いますが、実際に
売ってるのを見たのは初めて。マルシェの魚屋さん
で、串刺しになって売られてました。
興味があって、聞いてみたら
「食べてみたら?めずらしいからなかなか手に入らない」
とのことで・・・〔実は1度目は辞退しました〕

奥さんが、串からはずして足の先をぺしぺしとはさみで
切ってくれたのですが・・・かなり、きわどい形態です;
オリーブオイル、バターでいため、塩・コショウ、そして
バジルをちらしてできあがり。
炒めてるときも、のびたりちぢんだり、、、私、食べられる
かしらんと思いながら、でもせっかくなので、食べました。
鶏と似た味。昔たべたことあったけど、こんなに小さい
〔一かたまりが5センチあるかなし〕サイズはなかったな。

夫によれば、
「フランス人でも、食べたことのない人は多いはず。」
とのこと。日本で有名でも、案外こちらの人は食べてない
というものって多い気がします。〔蛙もけっこうお値段します
が、鴨なども日常そうひんぱんに食べるものではないよう
です〕

まあまあおいしかったけれど、手でもって食べる勇気もなく、
そんなにボリュームもなかったから、これで気が済んだ、
というところです。

そして、夫が作ってくれたタルチフレット。
b0117348_017577.jpg










たまねぎ、ベーコンなどいため、クリームソース、ふかした
ジャガイモをあわせてホブロッションというチーズを上に
かぶせてオーブンで焼いたもの。張り切って作ってくれま
した〔料理をするのはめずらしいのですが、最近は少し
意欲がでてきたよう〕。
こってりしてるようで、そうでもなく、冬の夜にはほかほかと
あたたかい料理です。
[PR]
by aplusfleurs | 2009-11-24 23:52 | 料理・お菓子 | Comments(0)

これが

b0117348_0152826.jpg

子供用スリッパです。
ほとんど靴のような・・・。ま、でもつまづいたりせず安定
するように、となると、こういう形になるのでしょうね。
同じときに革靴も買って〔初めて!〕、店員さんがサイズ
を測るために息子の足の裏をさわったら、こそばがりの
息子が足の裏を丸めたり指をそらしたりと、なかなかうま
くいかず、
「今まで革靴をはかせたことないの??」
とあきれ気味に言われてしまいました・・・。〔どうしてわか
ったのかしら??〕
やっぱりこちらの人って早くから革靴子供にはかせてるん
ですねえ。。。

と、そうやって家の中、外と革靴デビュー!したのですが、
かなりこけたり動きも激しかったりと、もうこんなにぼろぼろ
;;まだ2ヶ月もたってないはず。。。足先なんて色がはげて
ます。外用の革靴はもっとひどい状態。
他の子供見ても、ここまでぼろぼろの靴はいてる子はいな
いです・・

そんなこんなで、喜んではいていたのもつかの間、ギャル
ドリーにかようようになって、なぜかはくのを嫌がるように。
最近は靴下もいやがります。
この、秋なのに、暖かい変な気候のせい??
秋の初めに寒くなった!と思ったら、また暖かくなり、かと
思うと雨が続いてうっとおしかったり。。。少し変。

ギャルドリーは2週目くらいには離れるときに泣くものの、
ずいぶん慣れていたのですが、月曜1日中、火・水・金昼
から半日、と変則なせいか、昼からの日は昼寝がずれこ
んだり寝てないまま行って夜ぐったりだったり、調子があわ
せられないまま11月がおわりそうです。
ギャルドリーの時間帯に合わせてごはんも食べさせてるの
になあ・・・結局、時間に合わせて送り迎えすることで背一
杯で、用事をすますなんて無理。
日本の働いてるお母さん、大変だろうなあ。〔フランスでも
そうですが、こちらは家事など家政婦さんをやとったり、夫
が協力したりと、負担が少ないように感じます〕
としみじみ感じています。

ちょっと慣れたかと思っても、熱がでたり、お腹をこわしたり、
子供は子供なりにきっと緊張したりしてるのでしょうね。
友達の子供さんは幼稚園ですが、やはり慣れてきたのは
最近〔9月から始まってる〕で、それまではガストロになった
り、「今日はお休み」と行きたがらなかったり、それぞれ慣れ
るまで親子ともども時間がかかるようです。
[PR]
by aplusfleurs | 2009-11-24 23:29 | 出産・子育て | Comments(0)

アルト・ギャルドリー

b0117348_2101879.jpg
11月から息子が保育園のような預かり施設に
通うことになりました。保育園〔クレッシュ〕は、
基本的に両親共働きの人が優先なので、空き
がなく、むり。
でも、パリと違って、アルト・ギャルドリー〔正確
にはアルト・ジューといいます〕は空いてます、
ということで、週丸1日が1回、後は午後半日が
3回、今はまだ慣らし保育の途中なのですが、
うまくいけばずいぶん買い物など楽になりそう
です。

保育園とほとんど同じように、一日ならお昼つき、
オムツ換えなどもしてもらえますが、音楽の時間
〔一日だけあるようだったけど、空きなし〕や誕生日
会があったりとかではなく、預かり中心、という感じ
です。
1週目は慣らし保育で、毎日朝から2時間半ほど
私も一緒に行ってたのですが、急に寒くなったの
と、水・木曜と一人で1時間いたので疲れたのか、
木曜から熱を出し金曜日はお休みしてしまいまし
た。
熱だけでなくぐずぐず言うので、夕方小児科へ行っ
たら、中耳炎の診断。初めてなりましたが、こちら
では〔日本でもそうみたいですが〕子供がよくなる
病気、のようです。
翌週月曜からまた再度慣らし保育。
毎回朝は泣くものの、すでにお昼ご飯、お昼寝まで
問題なく〔「大丈夫、ちゃんとうまくいったわ~」と
先生は毎回言ってくれてます〕過ごしているような
のですが、たぶん本当に慣れるまではまだ少し
かかりそう・・・。
b0117348_21133021.jpg
b0117348_2113586.jpg












最近はスプーン・フォークでの食事は一人ででき
るようになり、お箸にも興味しんしんです。
だいぶん前からスリッパもはきたくて、すきがあれ
ば私たちのをはいて逃げていました。ということで、
子供用スリッパ〔くつのようですが〕を購入。
それでも、ときどき自分のをはいたうえから、大人
のスリッパをはいて歩いております・・・。


b0117348_21143317.jpg
b0117348_21151532.jpg
[PR]
by aplusfleurs | 2009-11-16 19:51 | 出産・子育て | Comments(2)

ぐうぜん、といえば・・・

b0117348_21194597.jpg


前回、書きながら
「ぐうぜんっていえばいろいろあったなあ・・」と
思い出したこと。

初めての長期滞在から数えて、これで3回目
となるわけですが、「この偶然はおもしろい!」
と勝手に思っているのが、住所の番地。
最初の住所の番地が88、次が55、たまたま
ぞろ目だったのですが、日本に帰る半年前に
引っ越したところが76・・・。
ぐうぜん数字がつながっていて、8765になる
んです。〔ちなみにバイトしていたところは66
番地でした〕
別に、「ただのぐうぜんよ!」と言ってしまえば
おしまいですが、私には何か、象徴のように
感じられました。最後のアパートの番地を見て、
「ああ、やっぱり日本に帰るんだなあ」
と思ったものです。
ちなみに今の住所は45、やっぱりつながって
います。


私自身、今こうしてフランスで暮らしていること
自体がぐうぜんが重なってのことですが、日本
にいても、みなさん
「これって運命?」とか「不思議なめぐりあい」
をくりかえして生きてられることと思います。

ただ日本にいると、忙しくて、自分の気持ちや
勘を無視せざるをえない状況も多々あって、
そういうぐうぜんを感じられないことがあるよう
に思います。
でも、少しそういうぐうぜんに気をとめると、勘
みたいなのも働いてきて、私の場合、夢で日
本の家や家族に起こったことを見たり、という
予知夢がよくありました。
たぶん、「何があってもひとり、人に襲われても
フランス語で助けて!〔オースクール〕って言わ
なくちゃ!」と思っていたからかも。
おおげさですが、最初はそのくらいの気持ちで
いたので、どうも動物の感覚〔?防衛本能みた
いなもの〕がとぎすまされていたように思います。
ついでに、霊感みたいなものもちょっと発達した
ような。

最近はもう、少し前にはやっていた、前世とか
占いとか〔テレビでも多かったですよね〕はなく
なったようですけど、本来はみんながそういう
動物的な感覚をもっていて当たり前のように
思います。ただ、忘れているだけのような気が
します。
b0117348_21201099.jpg

[PR]
by aplusfleurs | 2009-11-16 19:15 | おまけの話 | Comments(2)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧