<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

風邪?つづき・・・

読み聞かせ関連つづけて書こうと思っていたら・・・
息子が風邪でここ2週間ほど、どっと過ぎてしまいました。
(ここからちょっと汚いので、嫌な方は飛ばしてください)

2週間前の金曜日、夕方ギャルドリーから帰って、ごはん
も食べさせて、ソファーで抱っこしていたら、少し咳した後
「げぼー」
と吐いてしまいました;
ずいぶん前に一度吐いたっきりなので、ひさびさです。
大きくなった分、掃除する範囲も増えて、不安で泣く息子
をだましだまし先にざっと掃除して、着替え。
「そういえば、夕飯ほとんど食べなかったなあ」
とは思っていたのですが・・・
その後、少し熱出てきたな~と思いつつ寝かしたら、夜中
に40℃まで上がったので、土曜日お医者さんへ。
ただの風邪でした。(インフルエンザかと心配しました)

やっとギャルドリーに慣れて、一週間通しでいけたー!と
喜ぶと、次の週は風邪でつづけて2回休む、という感じで、
なかなかスムーズにいきません。。。
日曜日には飛んだりはねたり踊ったりだったので、油断して
マルシェにつれていったら、夜ちょっとぐったり。月曜は用心
してギャルドリーを休んで、火曜日ギャルドリーから帰って
きたら、夜また
「げー」
と吐いてしまいました。。。

日曜日に知人宅へお邪魔する予定だったので、用心して
水・金とギャルドリーを休み、大分元気になったその次の
週、月曜一日無事に過ごし、さあ、今週は大丈夫か!と
思った火曜、午前中にまた吐いて(今度は2回も)、また
お医者さんへ。

子供が吐くのは、げっぷのようなものだそうですが、、、
分かってても食欲が落ちていたり、飛び飛びに吐いたりする
となんだか心配になります。

去年はインフルエンザのワクチンを受けるかどうか迷って
いたのですが、日本に春先帰省予定なので、重い腰をあげ
てそろそろワクチンしようかな?と思っていたらこの有様。

冬はガストロ(日本でいうノロ・ロタウイルス)が多いので、
ギャルドリーでもその症状の子がいて、うつったようです。
うちの息子は丈夫な方だと思うのですが、日本と比べると
衛生観念がそこまでないので、きちんとギャルドリーが
管理されていても、子供たちのドゥドゥ(お昼ねのときに
一緒に寝たり、連れて歩いたりする、ぬいぐるみや人形)
が汚かったりすると、抵抗力のない子は即病気をもらう
ということになるのでは、と思います。
日本の保育園でも事情は同じようですが、、、
そうやって、抗体を作って子供は元気になる、ということは
分かっていても、そのたびに私もしっかり病気をもらって
しまうので、なかなか難儀です。

さすがに今回の豚インフルエンザ騒ぎで、こちらでもさかん
にテレビのコマーシャルでうがい、手洗いの注意が流れて
いましたが、ワクチンが大量に余っていて(受けられる人も
受けずにいることが多くて)、海外に転売するというニュース
を見て、
「さすがフランス人、さすがフランス。。。」
と思っていたのは私だけではないと思います・・・

「日本ではワクチンが足りないから、優先順位があって、
 受けられない人もいる」
という話を知人宅でしたら、
「じゃあ、日本に売ればいいのよね~」
なんて、みんなのんきな冗談にしていました;
[PR]
by aplusfleurs | 2010-01-30 00:13 | 出産・子育て | Comments(2)

読み聞かせ

b0117348_225042.jpg

今日はとてもいいお天気。
雪が残ってはいますが、11月あたりのどんより
とした曇り空と比べ、寒くても空気が澄んで空が
高くて冬の晴れ日は気持ちいいです。

前回に引き続き、寝かしつけ関連です。
寝かしつけのとき読み聞かせする本を、夫が買っ
てきたのですが、もちろんそれはフランス語。
それでも足りないので、自分が子供のときに読ん
でもらってたという本を田舎からとってきました。

さて、私は・・・?最初は子供にいただいた、日本
の昔話の本を読んだりしていたけれど、子供と
一緒に見ながら楽しむしかけ本なので、読み聞か
せにはちょっと向かない。昔話はうろ覚えで、何と
かおしまいまで話せるのは桃太郎くらい。。。
ということで、今読んでるのは

「詩のこころを読む」茨木のり子著

です。
岩波ジュニア新書なので、本当なら小学生~中学
生対象なのでしょうが、自分で渡仏前に買ったもの。
著者自身も詩人で、私も教科書で習ったのを何と
なく覚えていたのですが、それはなんとも鋭い一言
が印象的な詩で、最近亡くなられたというニュース
を見て、ふと手にとったものでした。
著者自身が選んだ詩をわかりやすく解説されてい
ます。中にある詩も、昔読んだ谷川俊太郎だったり、
作者は知らずとも、習ったことのある詩だったり、
いまさらながら「そうだったのか」と気づくことあり。

読み聞かせにはどうなのかな??と一瞬思ったの
ですが、詩人だけあって、奥ゆかしかったり、上品
だったり、粗野な言葉のようで、味わい深いといった
日本語の、忘れていた美しさみたいなものが詰まっ
ているので、難しくても、何回も読めば、きっと子供
も分かるはず!と決めました。
そのかわり、小学生に戻った気持ちで、一語一句
間違わないように、詩も心をこめて読んでいます。
日本語ってやっぱりきれいですね~。フランス語も
音楽のようで好きですが、詩をこころで感じるくらい
理解するのはいつの日か・・・;

とはいうものの、やっぱり自分が読みたいものじゃ
ないといやっていう、わがままかも?
なんて頭をかすめたりしますが。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-01-08 22:28 | 出産・子育て | Comments(2)

フランス式寝かしつけ?

b0117348_64536100.jpg

今日は何度目かの雪です。
ここ何日かフランスの各地で雪の警報。明日も
パリは朝-6℃とのこと。
意地悪なことに、いつもマルシェがたつ日になぜか
雪。朝はやくからきて、露天で立ち続けはつらいだ
ろうなあ・・と気の毒です。
木曜日は八百屋さんと魚屋さん。・・・ですが、今日
は魚屋さんだけ。新年の挨拶にビズ〔=頬と頬を合
わせて、口でチュっと音をたてる〕。親しい人の間の
挨拶なので、お得意さんになれたようで嬉しい。


クリスマス休みから、フランス式の寝かしつけ始め
ました。赤ちゃん一人時間になれば部屋のベッドで
読み聞かせまたはそのままお休み、と寝かせると
いうもの。
フランス人は子供が生まれてすぐにからでも始め
るようなのですが、今までアパートが狭かったこと
と、私がどうしても息子を一人にするのは思い切れ
ずいたのを、引越しして3ヶ月、一緒のベッドで息子
が真ん中に陣取って大の字、私たちの方が小さく
なって寝るのももうそろそろ限界かも、と心を決め
ました。

寝かしつけは、ほとんど私がソファで抱いて、また
はベッドで添い寝してやっていたのですが、今は
時間になると夫がベッドに息子を入れて、本を読み
聞かせ。最初は泣いたりしているものの、日によっ
てはことんと寝てしまうこともあるので、想像して
いたより寝つきは楽。でも、以前からの癖で、寝て
2~3時間後くらいに起きるので、また寝かせつけ
をしていたら、仕事が始まってから2日目で夫は
ダウン。結局、夜中起きたときに私たちのベッドへ
運ぶ毎日です。
5時間続けて寝たのが最長記録。
これ、フランス人なら泣いてもしばらくほっておいた
りするみたいですが。私たちは、息子が寝るのは
自分のベッドで、と少し分かったらいいかな、という
気分。中途半端なフランス式寝かしつけです。

日本では、お布団に寝かせてもなかなか寝ない、
起き上がって遊んだり歩き回ったりする、というのが
悩みみたいですね。確かにそれも大変かも・・・と
想像しつつ、でもお布団って便利だな、と思ったりも
します。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-01-08 06:57 | 出産・子育て | Comments(0)

あけましておめでとうございます

b0117348_0261497.jpg












2010年明けました。

といっても、フランスでは1月1日のみ祝日で、翌日から
普通の日々。今年はたまたま2,3日が土日にあたって
いたので、4日から仕事始めです。

大晦日は魚屋さんにお願いしていた、牡蠣とかにのつめ、
ラングスティンの盛り合わせとシャンパンでささやかに
年越し。〔お皿ももらってきたままで、写真栄えしません
が。しかも食べかけ・・・;;すみません〕
b0117348_0253970.jpg


こちらにいらっしゃる方のブログをちょこちょことのぞいて
いるのですが、みなさんお料理など頑張ってられるので、
ちょっと私もお節料理を今のうちにきちんと習わなきゃな
と思ってます・・・。

皆様にとって良い一年となりますように!
[PR]
by aplusfleurs | 2010-01-06 00:28 | 家族・生活 | Comments(0)