<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

帰省します

b0117348_23112528.jpg

こちらはここのところ、いい天気が続いています。
すっかり日も長くなり、夕方6時すぎても明るくて、
春をとおりこして夏の気分です。

車好きの息子が、窓からトラム(路線電車)や自動車
を見たがるのに付き合って、空を見上げることが多く
なりました。
飛行機がよく見えるのですが、ジャンボだけじゃなく
小型のも飛んでるのか、飛行機雲がたくさん!
うまく撮れてないですが・・・着物の模様みたいで、
きれい。

b0117348_23101332.jpg

b0117348_23105078.jpg







それと、、、先日雨の後なんとか撮れた虹。
見えますか?
b0117348_2312251.jpg












帰省、出発があさってに迫りました。
今回とくに予定は組んでないのですが、ブログご覧いた
だいてて、少しレッスンしてみたいなあと思われる方は
メールでお知らせください。(急でごめんなさい;)
生花でなく、プリザーブドのみとなります。
3月中時間が合うようならと思ってます。ただ、週末は
無理で、平日のみになってしまいます・・・
4月5日にこちらに戻ります。
日本は予報ではまた寒くなるとか・・・
この季節、花粉症の私は戦々恐々ですが、寒くて天気
がいいのが理想かも。和菓子、魚、豆腐に納豆・・・
たくさん食べてきます!


いつも何かあったときにまとめて更新する癖がついて
しまいました;;
出発までに、残ったりんごでジャムつくり。
こちらではパイ生地が売ってあって、そのまま果物を
のせて砂糖をふって焼いたら、簡単タルトがすぐ完成!
すごく便利です。
b0117348_23231785.jpg

[PR]
by aplusfleurs | 2010-03-04 23:29 | お知らせ | Comments(2)

La Fondation Cartier pour l'art contemporain

b0117348_1341032.jpg

カルティエ財団現代美術館です。これは玄関。
実際に植物が植えられ、枝・つるが垂れています。
おもしろい!なかなかの迫力。

ずいぶん前に行ったときのものですが・・・。
ちょうど新年明けてすぐくらいの、いちばんパリが寒かった
ころ、家族ででかけました。前から行ってみたかったのに、
なかなか機会がなかった美術館。
子供と一緒にいけるところ・・と内容確認せずに行ったら・・

b0117348_0195266.jpg











外側の壁いちめんに落書き!!ではなく、これがテーマで
アメリカのアーティスト中心に収集されていました。(全部は
見られなかったので、ほかにもあったかも)
フランスでもいたるところ(特に地下鉄、鉄道・家の壁など)
で見られる、この落書き・・・最近はアートとして認められて
るんですね。
地下の展示場を暗くして、廊下一面このアートが描かれて
いる中通っていたときは、なんとも不思議な感覚になりまし
た。。。

息子はどう感じていたのやら。
自分でポストカードを選んだので、買って帰ると、しばらく
ミニカー遊びの下敷きになっていました;
b0117348_1352241.jpg

[PR]
by aplusfleurs | 2010-03-03 01:36 | 観光・レストラン | Comments(0)

レストランあい田

日本ではこの前20度をこえたとか。
世界中で異常気象ですが、日本も大丈夫か
な?と心配です。。。

今日はこちらでも春の嵐が吹き荒れ、夜中に
かなりの物音がしてました。朝方カシャーンと
板のようなものが落ちたような音がしたと思っ
たら・・・なんと、お隣との間のガラスの仕切り
が割れてる!!というか、枠が壊れてガラス
がはずれてしまったよう。
もうすぐ帰省なので、ぜひともその間に直して
おいてもらいたいものです・・・(1ヶ月じゃ無理
だろうなあ)

ということで、嵐の前の晩、結婚記念日に久々
にレストランで食事をしてきました。
前から行ってみたかった、ミシュラン1つ星、
「あい田」さん。昔はいいとも青年隊で踊ってた
というご主人。ちょっとインターネットで見ただけ
でもいろいろ出てきます。

日本のレストランで星付きってどんな感じだろう
と興味もありました。予約は1週間前にしたので
すが、夫は「無理だろう」とあきらめていたら、
問題なくOKでした。
フランス人親子?兄弟?二人が先客。中は京
都のお料理屋さんみたいな感じ。シンプルな内
装です。

鉄板焼きがメインですが、先に出てくるお料理が
うわさ通り仏と和のテイストをからめ、ヌーベル
キュイジーヌ風のもの。日本人の私にはほっと
できる味でした。

ご主人自ら運んでこられると説明もして下さい
ます。ちょっと聞いてみようかな?と思ったら、気
配を察して質問に答えてくださるところはさすが
というところ。
夫が時々話す日本語もちゃんと聞いてはったり
して・・・
これがトリュフのせステーキ。ぜいたくです。

b0117348_7134466.jpg


そして、鉄板で焼いた塩鮭をお鍋で炊いたごはん
にシソといっしょに混ぜたしゃけごはん。私より先
に食べ終わった夫に
「ご飯、大丈夫ですか?フランス人の方はご飯
苦手な人が多いんですが」
といって、おかわり勧めてくださって、夫は喜んで
それもまたすぐ平らげていました;

b0117348_7141352.jpg










あいにく帰りは雨が降ってましたが、大満足の夜
でした。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-03-01 07:15 | 観光・レストラン | Comments(0)

飛行機が心配?

オムツ換えがしばらく大変だった息子。
嫌がって逃げ回るのを、怒ったり無理やりでも
換えたりしていたら、本当に大変になったので、
何か理由があるのか(おしりが荒れて痛いとか)
となだめたり、時間を置いたり、場所を変えたり
といろいろしていました。
ギャルドリーでは大丈夫なのかな?と思ってい
たら、ある日とうとう先生に
「今日はどうしてもオムツ換えを嫌がったけど、
家ではどうですか?今までは大丈夫だったの
に」
と聞かれました。
「家でも最近大変なんです」
と言ったら、週1回来られてる心理学のカウンセ
ラーに相談したら?と言われ・・・どうしようかな?
と思ってる間に会うことになってました;
そして、いつもいる先生(その人も心理の)に、
「日本への帰省のこと、ちゃんと説明してみたら」
とアドバイスされました。2週間ほど、1日預かっ
てもらう日、いままではお昼寝してたのに、一回
はぜんぜん寝ず、もう一回は15分で起きてた、
と。物音がしたら、「かか?かか?(=おかあさん
の略語、私のことですね)」と見に行くので、どうも
心配してるように思うから、この年齢の子供は時
間の概念がまだ分かってないから、カレンダーを
見ながら一日一日消していって、まだ先だという
ことを見せるといい、ということでした。

そういえば、ちゃんと説明してなかったなあ・・と
飛行機に乗る日をカレンダーでしめして、私と一緒
で、お父さんも後から来るから、などど説明。
「わかった?」というと、一応?うなづく息子。

大丈夫かな・・・と思っていたら、それから少しづつ
だだこねがなくなってきて、こちらも息子の意思を
尊重するようになったせいか、すぐとはいかない
ものの、おむつ換えもだんだんスムーズに。
選択肢を与えて選ばせるか、一度はしたいことを
受け入れて、少したってこちらの言うことを聞かせ
るようにしたら、表情も明るく、前の調子になりま
した。
「そうかあ、子供って大人が思う以上にいろいろ
心配してるんだな」
と感心したのですが、結局、心理のカウンセラーの
人によればそれは、母親・両親の心配を感じ取って
いるからだとか・・・
私自身は最初は心配してたものの、最近はとくに
考えてなかったので、??そうなのという感じ。

その後、まただだこねが少しあったりしたので、本
当のところはよく分かりません・・・
こちらでの情報はとくに探していず、日本の本など
も最近は読んでないので、目の前の子供相手に
そのときそのときを越えてるという感じの子育て。
情報に振り回されるのも?と思いつつ、情報がなさ
すぎるのも駄目かしら・・・と思った今回の出来事
です。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-03-01 06:45 | 出産・子育て | Comments(0)