<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フランスにママチャリはない?

サンクルーに越してきてもうすぐ1年、このところようやく
(?!ちょっと遅すぎですが)いろいろ落ち着いて考える
余裕が出てきました。

最近、息子を連れてときどき遠出をするようになってきた
ので、トラムやバス、たまにメトロにも挑戦するのですが、
先日バスに乗ったとき、
「さて、どこに座ろうかな~」
と見回すと、優先座席に座っていたマダム(おそらく50~
60代)がささっと席を立ってくれたので、
「メルシー」
と、有難く息子と向かい合わせで座らせてもらいました。
他に空いてる席もあったのに、こんなことひさしぶり。
息子の後ろの座席のマダムもにこにこして、話しかけて
こられて、帰ってから
「今日はいい日だったな~」
とほのぼのしていたのですが、そこでふと思いついたこと。
そういえば、10年前は、こんな光景は当たり前だったな、
ということ。
私は学生で、家族もいなかったので、今と同じ境遇では
ないのですが、たとえばバスで、お年寄り、子供づれ、妊
婦さんが乗ってくれば、10代の若者、そして特に男性が
「Allez-y,madame(monseur)・・・どうぞ、マダム、
ムッシュー」
と間髪いれず(それがすごい!)、席を譲る光景はしょっ中
で、すごいなー、とそのたびに思ってたものです。私も譲
ることはありましたが、ほんとに、タイミングや態度が自然
で、心温まることでした。
それに、バスの運転手さんもとってもいい感じの人が多く
って、乗るときに挨拶しつつ、にこっとすると、必ず返してく
れて、さらに、バス停でないところでも、乗りたい人・降りた
い人がいれば、かなり融通してくれていて、人間的で、そう
いうところがフランスでとっても気に入っていました。

今回滞在で、最初に北駅近くに住んでいたときももちろん
バスに乗る機会はあったのですが、なんだかせち辛くなっ
てきていて、妊婦のときでも、譲ってもらえたことは全然
なく(冬で、コートで隠れると分かりにくかったということと、
フランス人と比べると、お腹のでっぱりが少なかったという
こともあるようですが)、ベビーカーを押していても、乗客
が場所を空けてくれないこともままあり、、、そんなこんな
で、外出はおっくうで、バスを利用しない徒歩がほとんどか、
夫と一緒のときが多かったです。
運転手さんも、挨拶しても知らんふり、ってこともよくあり、
前のように、バス停以外で乗り降りなんてもってのほか、
走ってきてやっと間に合った人にも、一度閉めたら開けも
せず・・・という情景もよくあり、
「冷たくなったな~」
とは感じてました。

今回のバスの件で、しみじみ、前回きたときに、何やかや
と驚くことも多かった中、だんだん居心地が良くなったのは、
日常のふとしたやりとりの暖かさだったんだな、と分かりま
した。
それが、いろんな不便や人間関係のすれ違いで悩んだり
疲れたりした気持ちを和らげてくれてたんだな、と。

そして(ここまで引っ張ってすみません、ここで本題です)、
そういえば、こっちでは交通機関は必要不可欠、だって、
自転車がないからなあ・・・あっても、男性用みたいな、サ
ドルとハンドルの間に一本余計な分がついてて、乗りにく
そうなのしかないし。・・・日本ではすぐ自転車買えるし、自
転車屋さんもたくさんあるし、ママチャリみんな乗ってるし・・・
と、ここで、初めて、自分が今感じてる不便って、自転車が
あれば助かることばっかりかも・・・、と思い至ったのでした。

こちらでは、道路が石畳みたいになっていたり、歩道がほん
とに狭かったりするせいと、たぶん交通規定で、自転車は
車道を走るのが当たり前。
車もけっこう飛ばしているので、見ている方ははらはら。
最近はベリブという、交通の要所に配置された自転車が出
回っていて、それにともなってパリ市内では、自転車用道路
の整備がすすめられつつありますが、ベリブ自体は、使用
するのにどうするのかきちんと調べるのが面倒、というのと、
停留所のベリブがいっぱいだと、せっかく目的地にいっても、
そこで乗り捨てられない仕組みになっていて、それも面倒。
でも、このベリブが、日本で見るママチャリと形状が一番似
ています。
日本では電動自転車もすぐ、そしてそこそこのお値段で買
えますが、こちらでは、電動自転車なんて見たことなし!
値段も夫がネットで見たところによると、日本に比べて相当
高いらしい・・・。
義母は、
「電動自転車、いいわ~!あれば、ぜひ欲しい」
と絶賛していましたが・・・
フランスにきて、一度も自転車屋さんを見たことがない(バイ
ク屋はあり)私、みんなどこで自転車買うのか、それも疑問。
日本ならちょっと修理に持っていこう!なんてこともできるけ
れど、フランスだと、きっと持っていくこともなかなかできずに、
みんな自分で修理するんだろうなあ、アパートの改修や、水
漏れとか、自分でやってしまうのが当たり前だし・・・それに、
すぐに盗まれるし・・・(街中で、街路樹やちょっとした鉄の柵
などに自転車がチェーンでぐるぐる巻きにとめられていること
が多いのですが、タイヤだけ、ホイールキャップだけ、はたま
たサドル・ハンドルだけ盗まれてない!という自転車の残骸を
よく見かけます。いたずらじゃなく、多分いる部分のみ盗んで
いる感じ)
・・・と、自転車がある便利さと、不便さ、どっちがいいのかな?
と考えてしまいました。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-08-26 06:27 | 日仏文化比較 | Comments(0)

最近のお出かけ

ここしばらく、ずっと涼しかったので、このまま夏が終わる
のかと思っていたら・・・週末また暑くなりました。
そろそろバカンスも終わり、というのに。

そんな太陽ギンギンの真夏日、15区のアンドレシトローエン
公園へ行ってきました。噴水のある、水浴びもできるこんな
場所があります。
b0117348_6223143.jpg

大人も子供も赤ちゃんも大はしゃぎ!
時間差で噴水が高くなったり低くなったりするので、虹も見え
たり。最初は恐がってた息子もとうとうとりこに。
b0117348_6235775.jpg

b0117348_6245858.jpg








気球があがっているのが目印の、だだっ広い芝生がある他は
木が等間隔に植わっている芝生、子供用の広場のあるところ、
と、遊具などはないけれど、ピックニックしたくなる場所です。
・・が、この日はほんとに暑かった!それでも、木陰のない芝生
では、水着姿の人がたくさん日光浴。遊んでる人も、日光浴の
人も、帽子かぶってないんですよね~・・・。熱射病とかになら
ないのか??
そぞろ歩きの大人も、上はビキニだったりして。しっかりTシャツ
長い綿パン、つば広の帽子をかぶった私は浮いてました。

息子がだいぶんしっかりしてきたので、ちょっとトラムに乗って
近くの町の公園を探検したり。
b0117348_6313318.jpg

向こう岸の、ブローニュの森に足を伸ばしたり。
最近はやりの、サイクリング自転車の人が、競技顔負けの格好
でびゅんびゅん飛ばしてました。さすが、トゥール・ド・フランス
の国。ここからは、ラ・デファンスも見えます。
b0117348_6325130.jpgb0117348_6355715.jpg










森、というだけあって、シンフォリカルプスの木も。花をうまく写せ
なくって、残念;これ、実はよく出回ってるんですが、花を見たの
は初めて。森だからなァー、と感心していたけれど、近所の公園
にもちゃんとありました。
b0117348_639362.jpg
b0117348_6383635.jpg




























そして、ずいぶん前に行ったブローニュの森の遊園地。木の遊具や
広場、園内を走る機関車、ちょっとした動物もいたりして、親子連れ
でにぎわっていました。息子はここで回転木馬ならぬ、回転自動車
に夢中に。空中を回る分もあったので、私も一緒に乗りましたが、
見た目よりかなり恐かった・・・。(写真は他の子供です)
b0117348_645884.jpg

相当楽しかったようで、帰りたくなくて泣きじゃくる息子をなだめすか
し(半分は知らぬふりで)、電車に乗れるよ!と言って機嫌を直して
帰路に。お出かけは、帰りをどうするかがポイントですね~。

そして、遅ればせながら、来週末から1週間、ノルマンディーの海へ
でかけます。去年と同じ、Caen(カーン)近くの、St-Aubain(サン
トーバン)というところ。なーんにもない、海だけがあるところ。
去年は、寒くて(20度くらい?)海に入るなんて!という私は砂浜に
へばりついてましたが、息子は波も恐がらず、うれしそうに遊んでい
たので、今年はどうか今から楽しみです。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-08-23 07:00 | 観光・レストラン | Comments(0)

ゲップ注意!

おな○、げっぷ・・・ではなく、ゲップ=guepe、辞書には
「すずめ蜂」とありました。

最初に「guepe」を知ったのは田舎で、庭で食事をして
いたら、落ちた食べ物のかけらが私のサンダルについて
いて、あやうく噛まれそうになり、
「この蜂、ここから離れない!」
と言ったら、
「ゲップは食べ物もねらうから、気をつけて」
と言われ、蜂とは違うものだと思ってました。

・・が、最近よく見かけるようになったなあ・・・と思ってたら、
アパート6階の我が家にもどこからか(夏で窓を開けてい
たりするので)入り込んでいたり、散歩に出たら、息子に
まつわりついてきたり・・・お腹がすいた息子に、少しパン
を持たせたらテキメンにどこからかやってきます。
パリでは見かけなかったのに・・・と思っていたけれど。。
そういえば、マルシェの魚屋さん(露天)でも、魚にはりつ
いていたのは、まさしくゲップ!
そこでようやく辞書を見てみたら、「すずめ蜂」!!
日本では、さされたらショックで死ぬ、とも言われてますよ
ねー。
でも、お義母さんが先日、ゲップが椅子の背に止まってい
たのを知らず、自ら背中でゲップを攻撃(?)して、さされた、
と絆創膏を見せてくれたのですが、そこまで深刻ではなか
ったような・・・。フランスのは少し、種類が違うのかも。
ただ、普通の蜂と違って、さしても死ぬことはなく、何度も
さすことができる、ということと、普通の蜂の巣の駆除はし
てくれなくても、この、ゲップの巣の駆除は市がしてくれると
いうことなので、かなり危険度高そうです。

大きさは、普通の蜂と変わらないので、見分けがつきにくい
のも困りもの。

あと、日本では夏の風物詩のせみもこちらでは見かけない
どころか、鳴き声も聞かれません。
蚊も、ほとんどお目にかかりません。京都でよく見た縞蚊、
羽音も、姿も、けっこう耳や目につきましたが、こちらでは
羽音が聞こえても、姿はまったく見えず・・・やっとこ見つけ
た蚊は、北海道で見たのとよく似た、体か顔の一部にある
オレンジの丸が印象的な蚊でした。
パリと北海道は緯度が同じくらい、というので、同じような種
類の昆虫(蚊も昆虫?)がいるのかも・・・

今日も雨。日本は猛暑で大変そうですが、こちらは少し涼し
すぎるくらい・・・。
バカンスで人もすっからかんで、気楽なような、淋しいような。
渋滞に巻き込まれつつ避暑にいくのも大変そうですが・・・
[PR]
by aplusfleurs | 2010-08-15 21:10 | フランス事情 | Comments(0)

桃のソルべ

b0117348_2324102.jpg

7月中旬頃から、桃がたくさん出回ります。
フランス語ではpeche(ペッシュ)、日本の白桃のような
外観で、にこ毛のあって、中身が黄色いもの、ネクタリン
の他、ブルニオン(brugnon)という、ネクタリンのような
つるっとした皮で、中身が白いのもあります。(こんなの↓)
b0117348_23234550.jpg










桃好きの私としては、つい何個も買って、傷みそうになる
まで食べられないのは、悪い癖。。。
野菜でもなんでも、こちらのものは、冷蔵庫にいれてお
いても、痛みが早いです。出荷のために、早くから収穫
する、とか、保ちがいいように改良する、とかいうことが
ないのだろう、と想像してますが、薬品などを使って、色
を保ったりせず、自然のままであるからかも?

それで、少し前、暑さがまだ厳しかったとき、スーパーで
アイスクリームを買うこともままならず(何せ歩きだと、20
分はゆうにかかるので)、そうだ!シャーベットつくろう!
と思い立ち、見つけたレシピで作った桃のソルベ。
今ではすっかり定番。何しろ、買った時点で、すでに熟れ
ているので、マルシェの八百屋さんに
「plus ferme,s'il vous plait」
(固くしまってるの、お願いします)
と言っても、普通の桃はほとんど完熟まぢか。
それで、最近くりかえし作る、バナナパウンドとともに、痛
む寸前のものを捨てずに利用。

桃2個、ネクタリン1個で、とありますが、場合によっては
内容をかえたり、数をかえて何度目か、いちばん色も味も
よかったのが、いちばん上のもの。
桃の色味もみずみずしかった!
b0117348_22134066.jpg










少しネクタリン増やすのがいいみたい。
前のバージョンは写真でも、いまいち・・・
b0117348_2347983.jpg

b0117348_22104973.jpg










フランス滞在1度目のとき、一軒家の中のステュディオに
いたのですが、マダムが桃を皮ごと食べていたのを覚え
てます。ふつうの桃の皮も食べるの?とびっくりしました。
ほんとは皮と実の間に、ビタミンか、何やらいいものがある
らしい、と専門家が言ってるのを聞いて、マダムの食べ方
が理屈にあってたんだなァーと感心。

こちらでは、桃だけじゃなく、アプリコットなどかなーり熟れ
てから食べる人が多いみたいです。私からみたら、完熟、
熟じゅく・・・という、もつとぐにゃっとなるのを
「これはOK」
と言われると、つらいものがありますが・・・
うちの夫も、私なら大丈夫!なバナナの固さでも
「これはダメ」
と却下。ここにもカルチャーショックあり、です。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-08-10 23:51 | 料理・お菓子 | Comments(0)

フランス人と結婚しても

みんな名字が変わるとは限りません。
私の場合も、結婚前と同じ名字・名前です。ちなみに、国籍も
日本のままです。

春の帰省で友達の結婚式に出席するとき、
「名字は変わってるよね、どう書いたらいいか教えて~」
と、聞かれて、
「ああ、たぶん日本では結婚したっていうと、名字が変わった
と思われるのが普通なのかな・・・」
と初めて思い至りました。もともと、もし結婚しても夫婦別姓が
いいな~などと考えていたので(日本では手続き上、まだ複雑
なようなので、簡単ではなさそうですが)、名字が変わらなくて
良かった、というくらいで、自分自身ほとんど関心がなかった
せいか、周りの人にも細かく説明することもなく過ぎていました。

フランスでは二重国籍はOKなのですが、日本では二重国籍
は認められていず、一度国籍を放棄すると、また取り直すの
に手続きがあること、もともと日本人でもそれなりに取り直すの
は大変なようだということ、そして日本国籍を放棄しなければ、
フランス国籍はとれない、ということで、日本国籍のままでいる
ことにしました。

それと、結婚前に、2年弱とはいえ、フランス生活をしてみて、
外国人としてフランスに暮らすこと、日本人としての精神的ナシ
ョナリティーを保つこと、その両方、ましてや結婚となると、大変
なことだと感じていたので、本当に国際結婚するとなったとき、
私は絶対に日本人のままでいよう、と即座に決めていました。
フランス人にはなりきれない、というのもひとつ。

国籍を変えないのは、尋ねられると
「両親のため」
と答えていますが、もしも、ということがあったとき・・・
個人的には離婚(したくないですが)、国際的には戦争・・・
という、どうにもならないことが起こったとき、を考えてのことでも
あります。
それは、一方で、最初から逃げているということかもしれないの
ですが、根性や努力だけで乗り越えられない問題もある、と思う
からです。もう少し人間的にタフだったら、または、日本を完全に
捨ててもいい、と思えたら、思い切って変えているのかもしれま
せんが・・・

ただ、アフリカや、アルジェリア、モロッコなど、不法滞在した上
で、フランス人との結婚で、市民権を得ようとする場合もあり
(もちろん、それ以外の国の人でもそうですが、元フランス領など、
今もフランス語を公用語、または話せる人が多く、フランスへ職を
求めてくる人も多いところ)、偽装結婚と疑われたり、結婚を認め
られないこともあるようなので、それと比べると、
「どうしてフランスにいて、ここの国籍とらないの?」
と(知らない人に)言われることもありますが・・・

フランスでは結婚がカップルの始まりではなく、一緒にずっと
暮らしていても、結婚しない人も多いです。結婚しても、自分の
元の名字のままの女性もよくいます。
結婚してのメリット、というのがあまりないのと、万一(かなり率
は高いので、万一、とはいえないかもしれませんが)離婚する
ことになったら、男性側の財政的な負担が大きい(離婚したら、
かなりの額を支払い続ける義務がある)のと、女性も働いている
人がほとんどなので、そこまでこだわりがないこと、そして何より
「二人の愛」が続くことが第一、それが終わったら新しいパートナ
ーと本当の愛を探す、という精神が強いからだと思われます。
(以前にも紹介した「フランス家族事情」浅野素女、岩波新書
には、フランスの現代家族の形態の複雑さとともに、男女の関
係について書かれているので、参考までに・・・)

そういう意味では、フランス人はすごくロマンティックで、精神的
に強いな、と思ってしまいます。
そのためには女性が、仕事、家事、子育てをしながら、女性とし
て輝いていること、自分の世界を持っていること、が大事なので
すから・・・
日本では「主婦」が立派に市民権を得ていますが、こちらでは
「主婦(だけ)?」といった感じ。日本でも子育てしつつ働く主婦は
大変ですが、こちらではぜーんぶこなして当然、といった感じなの
で、フランスで暮らす以上、少しづつこちらのシフトに移していか
ないといけないな、と感じています。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-08-01 00:09 | 日仏文化比較 | Comments(0)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧