<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フランス国家審査員試験、とDAFAについて思うこと

最近では、日本でもフランスのDAFA(ダファ)資格がずいぶんと
ポピュラーになっているようです。
私も日本の教室ではDAFAレッスンを用意していましたが、ちょうど
この資格がメジャーになりかけた2007年に結婚・渡仏したので、
これほどまでに日本人受験者が急激に増えるとは思ってもみませ
んでした。
それには、DAFA(ダファ)が無名だったころから、教え続けられた
先生方の努力も大きかったと思うのですが、フランスで暮らしたり、
こちらの学校に来なければ、ほとんど知られるはずのない資格が
ここまで取り上げられるようになったのは、やはり、日本人の資格
に対する意識、そして新しいものを常に探すところからきたのだと
感じます。
大勢の方が興味をもち、取得したい!と希望されるのは、喜ばしい
ことですが、同時に、取り締まったり規制をかけるところがないせい
か、「DAFA資格取得」とのみ経歴に書くこともよくあることのようで、
習われる生徒さんには、きちんとした内容が伝わっているのかどう
か・・・と心配な部分もあります。

本来は3回の試験に合格した後(植物学-ボタニック-を含む)に、
観衆の前でデモンストレーションをして初めて、
「ディプロメ(=資格保持者)、デモンストレーター」
として認められるものです。(詳しくはこちらで)
フランス園芸協会のDAFAの規定書にも
DAFA1取得でアシスタント補佐資格、DAFA2取得でアシスタント
資格、DAFA3取得で教師資格が得られる

と明記されています。
DAFA2まではまだ、フランスでは、正式な教師として認められない
のです。

私が受験したとき(2005年)もそうでしたが、試験に臨むフランス人
の先生方は、かなりのベテランばかりでした。私は教え初めて2年目、
「ああ、この資格には、経験も必要なのだ」と感じました。それと比べ
ると、日本人は資格をとってからキャリアが始まる、というのが常識
のようで、教えるかどうかも分からないけれど、とにかく、資格がとり
たい!と受けられる方も多いようです。

書いていて思ったのですが、なんだか、このDAFA(ダファ)に対する
フランス人と日本人の認識の違いは、まるで結婚に対する感覚の違
いとそっくり!こちらのカップルはすぐに結婚せず、事実婚で何年も
過ごした後、何人も子供ができてから「この人と生きていくわ!」としっ
かり決めてから結婚の手続きをとられることが多く、そのまま事実婚
で終わるカップルもたくさんいるのに対し、日本は、きちんと手続きを
踏んでから、結婚生活が始まり・・・(ので、結婚してからの齟齬もある
危険性が高い?!)ますよね。

今は、受験に通訳もついて(私のときは、心配されたフランス園芸協会
のほうで、頼んでおいて下さいましたが、息切れしたモダンブーケ以外
は、フランス語で通し、ボタニックは当然フランス語オンリー)、語学の
面では、門戸も大きく開かれ、確かにお金も時間も節約できます。
けれど・・・お花と関係ないと思われるかもしれませんが、語学は文化
とつながるもので、つたなくても、難しくても、少しでも話せることによ
って、フランス人の本来の生活というものが、見えてくると思うのです。
DAFAで、難しいところは、日本人にはない、フランス人独自の感覚
です。美的感覚、といった方がいいでしょうか。
よほど器用な人でないかぎり、短期間こちらで勉強しただけで、それを
見分けるのは至難の業だと思います。

もちろん、習われる先生との相性、DAFA以外にも資格をもって色々
勉強されている先生も多いようですし、カタイこと言わなくたって、フラ
ンスまでこなくても勉強できて、受験も日本語で、いいじゃない!!
ってことも言えるのでしょうが・・・

今回、フランス国家審査員試験をうけ(詳しくはこちらで)、同じようなこと
を感じてしまいました。
審査員の覚書(memento)にも、「bon vocabulaire」(=ボキャブ
ラリー、語彙を豊富に)や、「知識の研鑽」などといった言葉が記されて
います(試験のオーラルでは、もちろんフランス語で答えました)。
DAFA資格も、生徒に教えることが前提、きちんとした解説ができなけ
ればいけない、ということですが、審査の場合も、テーマの理解を踏ま
えた上で、選んだ理由を納得がいくように説明しなければならない。
フランス人なら、当たり前の知識でも、私たち日本人にはない。それを
補っていかないと、フラワーアレンジメントにも反映されない。

今は、レッスンも休止中、そしてフランス語も、歴史などの常識もまだ
まだの私が言えることではないと思いつつ、何もかもが日本よりになっ
てしまったら、本来のDAFA(ダファ)の持つ意味は変わってしまうの
ではないか・・・と危惧する気持ちも大きいです。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-10-31 07:07 | フラワーアレンジメント | Comments(2)

L’Examen Juge National - 国家審査員試験結果、合格!

b0117348_18201514.jpg

先週金曜、L’Examen Juge National (国家審査員試験)
がフランス園芸協会でありました。
私も、1昨年の講習に引き続き、とうとう今回本番に臨むこと
に・・・!
少々大げさですが、講習のときにくらべ、緊張感はかなり
あり、勉強も、前回より気合が入りました。とはいっても、
実は申し込みを直前にしたので、mementoという審査員
のルールブックが送られてきたのが、3週間足らず前。
子供が風邪で、最初の1週間は何もできず過ぎ、最後の
1週間は、これまた私が風邪で喉をやられ、ルールブックも
最後まできちんと読めず。
試験当日もずーっと飴を食べつづけていました。

一瞬、「受けるのやめようかな~」と、なまけ虫がささやいて
きたのですが、隔年、または3年に一度のこの機会、逃して
はいけない!とどうにか気持ちを持ちこたえ、会場へ。

日本人は、私を含め6人。みなさん、DAFA3保持者、お顔
も知ってる、DAFAをよくご存知の方ばかり。
フランス人は、前回と同じ、8人くらい?
ほんとに最近、覚えが悪くて、講習に来られていた方なのか
どうかも??(←この、前回のことを覚えてなかったのが、後
であだになる・・・;)
番号をひいて、私は8番(順番ではなく、受験者の番号を決め
るだけ。この番号、末広がりでいい!と直感)。

そして、全員会場に入り、まずは基本的説明。そして、あとは
時間内に、4つのカテゴリー(トライアンギュレール アシメト
リック フォヤージュ、センターテーブル自由、モダン テーマ
にそって、2種)の作品から、それぞれ1~3位と佳作、選んだ
理由についてのコメントを書きます。
すっかり前回のことを忘れていた私、mention(佳作)を各カ
テゴリーの全体講評だと勘違い。一瞬、質問しようかと思った
のですが、体のだるさが気持ちのだれへつながって、
「もう、いいわ~」なんて、そのままに;情けない。
最後、提出間際に知り合いの先生に教えてもらって、「!!」
あわてて、書き直す始末でした;これで、もう絶対忘れません!

その後、これは講習ではなかったのですが、全員が答えを
提出して出た後、一人一人が中へ入り、自分が選んだ作品に
ついて、理由を説明。これが、長かった~!しかも、フランス
人が先で、日本人が後に回されていて、私は幸いにも早めに
入れたのですが、気力もすっかり落ちていて、解説も熱が入ら
ず、あとでかなり後悔しました。

試験のあと、最初の渡仏時にお世話になったフランス人の知り
合いが、日本文化会館で映画を上映するので、それに行く予定
だったのですが、とても行けない・・・と断念。
週末は、少々ダウン。夜咳で寝られないので、朝起きられず。
ようやく昨日あたりから、多少ましに。

そして、今朝ギャルドリーに息子を送り届けて、帰ってきたら
通知が。あきらめてるので、すぐに開けず。・・・結果は、なんと
「合格」!!
(嬉しくて色つきです)
これで、私は Juge National d’Art Floral (国家審査員)
でも、正直、まだまだきちんと自分の中の基準が定まってない
ので、これからいただいた資格に恥じないように、少しづつでも
勉強していかないと!と襟を正しております。
出産後、自分がどういう風にフラワーアレンジメントと向かい合っ
ていくか、実はずーっと答えが出ないままいたのですが、
「やり続けていくんだよ」
と、言われたように感じました。努力のご褒美でなく、前渡し。
ありがたい(けど、ちょっとこわい)ことです。


そうそう、フランス園芸協会近く(Rue du bac)のエミリオ・ロバ
のお店、移転するようです。毎回前を通っていくので、デコを楽し
みにしているのですが、今回はなく、張り紙がしてありました。
何事も、変わります。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-10-27 18:23 | フラワーアレンジメント | Comments(6)

事件です!

先々週、公園友達になったロシア人のお家へ夜招待
されていた日のこと。
息子もギャルドリー、掃除・洗濯、そしてデザートに
持っていくお菓子を焼いて午前中は過ぎ、午後パソ
コンを見ていたら、外から叫び声が聞こえてきました。

「車の事故で、だれか怒ってるのかな」
くらいに思って、最初は気にもとめていなかったの
ですが(サロンの前がセーヌ河沿いの幹線道路で、
車がけっこう通っているので)、あまり長く続くし、
言葉ははっきりしなかったものの、「voleur(泥棒)!」
と聞こえたので、どうもおかしい・・・と、ベランダから
のぞいてみました。
すると、3階(日本の4階)に住むアメリカ人の二コール
が、脇に8ヶ月の子供をか抱え、何やら尋常ではない
様子で、叫んでいました。私も一瞬見て、あまりに彼女
の様子が恐くて、立ちすくんでしまったほど。
その後われに返って、「行かねば!」と下へ降りると、
フロアのドアはマットでおさえて開けられたまま、彼女
の姿はなし。また3階へ上がり、呼び鈴を押すと同時
に、強い異臭が・・・目も鼻もチクチク、これは普通
じゃない!と次は管理人さんのお家へ走りました。
あいにく、管理人さんは3棟あるうちのアパートのどこ
かへお出かけの様子。レジデンス内の道路を走って
いると、二コールと、知り合いのフランス人のアメール
がベランダにいるのを発見。
「何があったのー?」
とたずねると、二コールが降りてきて、説明したところ
によると・・・
彼女が赤ちゃんをベビーカーにいれ、犬の散歩に5分
だけ出かけて、帰ってきたら、男性2人がアパート内に
いて(鍵がかかっていたので、誰かいるとは思ったけれ
ど、だんな様だと思ったそう)、ガスを二コールに噴き
かけ、逃げたそう。それを、彼女は追いかけて、外に
出たものの、赤ちゃんをガスがある中置いてきたことに
ふと気づき、また戻って、その後アパート前で叫んでい
たのに、(ドアをたたいても)誰も出てこなかったとか。

そのときの彼女はまだ興奮状態、「信じられない!」
「どうして家に入れるの?どうして!!」と、英語と仏語
ごちゃまぜ、いきつもどりつの説明で、大体のことが何
となくわかる程度しか話せず、アパート前に戻ると同時
に警察到着。ひとまず、ここまでで、彼女に怪我はなく、
子供も無事だ、と確認はできました。

警察官はまず泥棒がどっちに逃げたか、それを聞いて
裏口から走っていったのですが、もう10分以上も経って
るので、当然誰もいず。そのあと、二コールに事情聴取、
でも彼女はフランス語がきちんと話せないのと、まだ
筋道立てて説明する精神状態でなく、居合わせた私(私
も、さっぱり分かってなかったのですが)が、なぜか通訳。
二コールに「落ち着いて!」といいつつ、警察官の質問
を伝え、二コールの話を要約して警察官に伝え・・・
たまたま通りかかった、同じアパートのおじいさんが
「ここに何十年と住んでるけど、こんなことは初めて」
と言ってました。(彼も、警察官にいろいろ聞かれそうに
なり、「わしは今帰ってきたとこだ!」と迷惑そうでした;)
そこへ、うちの向かいのマダムが出てきたので、挨拶し
たあと、私には詳細を尋ねず、そのおじいさんに何やら
たずねていました(私に聞いても分からないわ、と思っ
たのでしょうか(笑))。

彼女の部屋の前の異臭は、防御用のガスだったようで、
赤ちゃんが大丈夫か調べるため、一応救急車も来て、
二コールも中へ入り、私は住んでる階と電話番号、名前
を聞かれてお役御免。
なんだか、しばらくは、こちらまで興奮がおさまりません
でした(笑)

家へ戻ろうと、エレベーターの前にいると、二コールの
階下のマダムが階段で降りてきました。
「私、逃げていく男を見たのよ」といい、「警察へかけた
けど、なかなか通じなくて、、、」などと言い、どうなった
のか聞くために来られたよう。
そういえば、このマダム、二コール(と私)が聴取を受け
ているとき、ベランダに出てこちらを見つつ、電話で何や
ら話しているのが見えたので、「今気づいたのかな」と
思っていたら・・・!ほんとに彼女がかけたなら、もっと
ずっと早く警察が来ただろうし、何より逃げる男を見て
いたのなら、どうしてもっと早く降りてきて、二コールを
落ち着かせてやらないのよ!と思いました。
(私も一瞬、すくんでいたので、気持ちは分かりますが)
巻き込まれたくないからって~!!と少々むかっときま
したが、こういう人も多いようです。
(義母も、自分の車の側面いっぱい、トラックが摺って
いって、それを見ていた人がトラックのナンバーまで
ちゃんとつけていたにも関わらず、警察沙汰に巻き込ま
れたくない、と一緒に聴取に応じてくれず、犯人はその
ままになったそうです。「私は、あなたの災難とは、何の
関係もないのだから」という理由で。。。;)
もともと、あんまり感じいいマダムじゃなかったし・・・と
思いつつ、「隣人頼るべからず」(By 外国人)と思って
しまいました。こちらでは、警察(警察官が、とも言える)
がよく思われてないことも多いので、そのせいもあるかも。

それにしても、自分も同じような目にあったとき、二コール
のように、叫び、嘆くか・・・と思うと、やはり欧米の人と
日本人とでは、感情表現が違うな~と感心しました。
何はともあれ、被害もなかった(入ったばっかりで、何も
とられてなかった)のは幸いですが、彼女もしばらく後遺症
(部屋に帰ったら、誰かいるかもと思う)が残るのでは、と
可哀想です。ただ、ドアは、閉めただけで(こちらのドアは、
ロック式なので、それだけでも閉まって中には入れません
が、特にきちんとした鍵をつけていない限り、泥棒だと壊し
てしまう)、鍵を回してなかったそうなので、戸締りをきちん
としないとな、と思いました。

そんなことで、小1時間過ぎ、夜はデザートと小さな花の
アレンジを持って、友人宅へ。チョコレートが無難か?と
ガトーショコラを焼きました。
b0117348_21185094.jpg









ほんとは四角型を、丸で焼いたら、まんなかに梅干みたい
な妙な凹みが・・・;
b0117348_21193190.jpg

味は結構おいしかったようで、友達には喜んでもらえたけど、
こんどはもう少し見た目よく焼きたいな。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-10-18 21:22 | ハプニング | Comments(2)

最近のあれこれ

b0117348_214477.jpg

夫の友人(日本人)カップルがうちに泊まりにきたのが、
9月終わり。
1週間のフランス滞在のうち、3日うちのアパートへ、2日
夫の両親宅へ。夫の田舎の家は、飛行場から20分くらい
なのと、シャンティイーや、サン・リスなど、ちょっとした観光
にはもってこい。夫の日本の友人は、みなさん一度は泊ま
っていかれます。

夫も仕事を休み、月曜にベルサイユ宮殿へ行ったのですが、
お休みで中へは入れず;お庭のみになりました。
村上隆展が行われているので、私も楽しみにしていたのに
(ファンというわけではないのですが、どういう風になっている
のか興味深々で)、あてがはずれてしまいました。
月曜日なので、休みじゃないの?と夫には言ってたのですが、
インターネットで調べたときには、何も書いてなかったそう。
みなさん、ご注意ください!

それで、急遽パリへでることに。
お昼ぎりぎりにodeonに着き、歩きながらレストラン探し。
前に行ったことのある、オデオン劇場の前の、メディタラネに
決定!
何とか最後の2テーブルのうちの、4人がけに座ることができ
ました。(出るとき、予約なしで入れて、あなたたちは幸運だ、
となにやら恩着せがましい一言つきでしたが・・・;)
こちらは、魚介類以外のお料理もあり、雰囲気も、お料理も、
そしてお値段も、ひとつレベルアップ、という感じのところ。
でも、「自分たちだけでは来られなかった」と、喜んでもらえ
ました。はー、よかった。
b0117348_2111401.jpg


オデオン界隈を歩いていて、見つけたもの。時計の横、日本
語で「アート」と、書いてあります。日本語での表示や、メトロ
のアナウンスも(コンコルドだったか)、日本語がありました。
有名ブランドなどでは、日本人でなくても日本語を話す店員さ
んもいますが、ここまで日本語が進出してるのか・・とびっくり。
b0117348_22253295.jpg


そして、友人たちが帰った当日、サントゥーアン(クリニャンク
ール)の蚤の市へ。
こちらで、「日本文化の影響と暮らしの美学」フェアが行われ、
その一環として、ずっと以前お世話になった先生の、アンティー
ク・レクチャーがあったので、行ってきました。
(フランスについての著書多数、アンティークについての様々
な講座を展開してらっしゃる、石澤季里先生、ブログはこちら
私以外は、ジャーナリストや、アンティーク関連の方だったよう
で、お邪魔にならないように、と思いつつ、最後の方で、やっと
写真を撮りました。こちらは、エルメス、ルイ・ヴィトン中心の
専門のお店でした。先生のお顔があってか、シャンパンをふる
まっていただきました。
日本のポスター、周りのホテルのステッカーは、ご主人のお父
上が個人的に集められていたものだそう。これだけ、日本に
旅行されてたのが、すごい!
そして、ピンクの小さなトランク、これは、バービー人形のため
のもので、世界に6つしかないうちのひとつだそうです。すごい。
b0117348_2216674.jpg
b0117348_22163384.jpg















モードから、器(バルボディン)、レース、台所用品、シャンデリ
ア、ラリックのガラス器・・・もっとあったのですが、久しぶりに
ちょっとお勉強気分で楽しかったです。1人で分からず見るの
も楽しいですが、やはり、奥の深いアンティークは、教えていた
だいたり、勉強してこそより楽しいのだ、とあらためて思いました。

そして、今年、やっと10年のカードがいただけるはず、の滞在
許可証の手続きの話は、次回。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-10-12 22:29 | 観光・レストラン | Comments(0)

Bayeux と Honfleur

b0117348_2105734.jpg

日本から夫の友人がうちへ泊まりに来たり、また恒例の
滞在許可証の更新などがあり、すっかりご無沙汰して
しまいました;

そして、季節は秋・・・。今年は昨年にくらべ、夏も暑い日
が少なかったし、9月でも、秋を通りこして冬??(私が
寒がりなんで)と思うくらい、気温は低めでした。雨も多か
ったし。
冬は寒くなりそう、と予報されてたそうですが、さて?


サントーバンで過ごしていたバカンス最終、義母に息子
を預かってもらい、半日ずつ世界遺産のある、バイユー
(Bayeux)とかわいい港町オンフルール(Honfleur)へ
行ってきました。
まず、バイユー。大聖堂です。ゴチックにしては素朴な
屋内(だと思う)、あっさりしていて気分よく過ごせるこの
明るさ、私好みです。
b0117348_2057282.jpg
b0117348_2111881.jpg

















ステンドグラスもきれい。そして、この、天使の素朴さ。
b0117348_2121124.jpg
b0117348_2124236.jpg

b0117348_215483.jpg














それから、博物館へフランス版鳥獣戯画(?勝手に命名)、
1066年のノルマンディー公ギヨーム(ノルマンコンケスト、
後のイングランド王ウイリアム1世)のイングランド征服の
物語を布に刺繍したタピスリーを見に行きました。
b0117348_21245918.jpg
b0117348_21252521.jpg


















実物は撮影禁止。これだけの博物館ですが、ながーい
お話、昔の技術で、ここまで手で作るのは大変だったろう
な・・・と眺めながら、一生懸命内容を理解しようと、音声
ガイド(日本語もあり!)聞いてたのですが・・・すっかり頭
から消え、刺繍のコケティッシュな可愛さ(真剣に作られて
いたものなのに、ほのぼのとした感じ)しか残っていません。
この博物館で買った、自分用のおみやげ。
b0117348_2318835.jpg












昔のスタイルを復元したものだそう。一目ぼれ。久しぶり
にガラスのもの、買いました。お花を入れてもいいし、拾っ
た貝殻をいれてもいいかも?と。全体像はこんな感じ。
b0117348_21323141.jpg

バイユーは町の真ん中に小さな川のある、こじんまりとした
懐かしい気分になるところで、もっとゆっくり散歩したかった
です。


b0117348_21384747.jpg

さて、オンフルール。こちらは、有名ですよね~。
行ってみてますます実感。観光客がわんさかいました。
外人がメインか?と想像してたら、フランス人が大半!
どうも、パリあたりからも日帰りでいけるということで、
週末過ごす人が多いそうです。帰りは大渋滞ですけど
ね・・・。
観光バスの、日本人の団体さんも、ひとつやふたつで
はなく、いや~、こんな観光地だったのか、とびっくり。
(フランス人の)夫と一緒の私を見て、興味深そうにわざ
わざ近寄ってくる人もあり。。。たぶん、
「あの人、日本人かしら?」
という単純な興味なんでしょうが、こういう行動、日本人
の特徴のような気がします。気持ちは、すごくよく分かる
んですけれど・・・。

着いたのが、昼すぎだったので、まずはレストラン探し。
港近くは海を望むレストランがたくさんあったのですが、
これまた観光客であふれかえっているのと、どれも同じ
ような感じで、パス。
海は見えなくても、少し通りを入ったところ、メニューと
お値段OK、そして「ルター」のステッカー(ミシュランや
、ゴーミヨーほど高級でなく、入りやすくおいしいところ、
の目安になります)もあるこじんまりとしたところに決定。
ノルマンディー、海のそばなんで、スープ・ド・ポワッソン
は夫が前菜で、私は、コキーユ・サンジャック(ホタテ)
をメインでいただきました。
その後、町を少し散策。留守番の義母と、いつもお世話
になっているベビーシッターさんが猫好きなので、小さな
飾り皿と、あら塩・りんごのお酒、カルバドスを購入。
買ったお店に、やはり、日本の雑誌がありました。
b0117348_231020100.jpg
b0117348_23151150.jpg












バイユーも、オンフルールも車で行ったのですが、バイ
ユーまではずっとこんな田舎道。オンフルールまでは
海岸沿いの避暑地を通って行きました。
b0117348_23115038.jpg

来年も、ちょっとづつ遠出できたらいいのにな~と思い
つつ、バカンスもあっという間にすぎました。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-10-07 23:21 | 観光・レストラン | Comments(1)