<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ちょっとフランス語-2- マダム、ムッシュー

ちょこちょこ書くつもりだった、フランス語についてのこと。
はっと気づけばもう1年半・・・;

さて、今回は、基本中の基本、というか、基本にも入って
ないのでは?と思う、

マダム、ムッシュー

について。フランス語を知らない人でも知ってる単語です。

正直、フランス語のレッスンで、
「いつ、マダム、ムッシューと呼びかけるか?」
なんて、習いません。漠然と、名前を知らない、ご婦人、
殿方に呼びかけるとき?と思ってますよね。日本では、
名前がわからなかったら、
「すみません」 「失礼ですが・・・」
で代用しているし・・・。ということで、私も、よほどのことが
ない限り、最初は使わずにいました。

留学最後の頃、エリック・ショバン(たぶん、雑誌などで
ばんばん活躍されていたし、テレビにも出ていたので、
日本では有名なはず)のブティックで見習いをしていた時、
お隣のおもちゃやさんのご主人がときどき遊びに来ていま
した。
ある日、まだ4~5歳くらいの息子と一緒にきていたその
ご主人、子供に
「挨拶のあと、マダム、ムッシューとちゃんと言わないとい
けないよ!これはとっても大事なことだよ!!」
などと言い聞かせているのを聞いて、初めて、
「そうかー、ただ挨拶だけだと、失礼になるのか!」
と分かりました。

その後ことあるごとに観察しているのですが、どうも、それ
は商店の店主、という立場上、あと、子供への教育という
ことであったようで、みんながみんな、普通の
「ボンジュール」
のあと、または普通の会話で、マダム・ムッシューをつけて
いるわけではないようです。
でも、たとえば、パーティや、正式な場所で、相対する人と
の関係が重要なとき、礼儀を重視されるときなどは、話して
いる人への敬いなどをこめて、つける。
または、働いている場所、ちょっと頼みごと、長の付く人、
目上の人などと話すときは、つける。
すべて、まだ親しい関係にはなっていないとき。
そして、全てのフレーズにつけるのではなく、ここぞ!とい
うときにのみ、つけるのです。

商店や、買い物のときには、買ってもらう、サービスする側
が、
「この品物でよろしいですか、マダム」
という風に問いかけるときにつけることが多いです。丁寧な
人または、サービスになにか期待しているとき、お客さんの
方がそうやって話すこともあり。
でも、お客なのに、むやみに「マダム、マダム」と連発するの
も立場が逆転して、やたらへりくだっていて、おかしいみたい
・・・。

こちらでは、むやみに笑わない、という話を以前書きましたが、
自分の意思があるときには、にこっととても魅力的な笑顔を
見せることがあります。
日本と違って、お客の立場の方が、うまくサービスする側を
誘導するため、ほんわかとしたいい雰囲気にするため、うまく
この笑顔を使ってる場面をよく見ます。
でも、ただにこにこしてるだけでは、
「この人、なに?にやにやして・・・」
とかえって軽く見られたりすることもあり、一瞬にして、相手の
調子、たたずまい、性格を見ることにフランス人は長けてるな
~と思うのですが、「マダム、ムッシュー」の使い方に関しても
しかり。
基本にして、これほど使い方の場面を心得ていないといけない
言葉はないな、とつくづく感じます。

同じアパート内でも知らない人とたまたまお話することもある
のですが、そのとき、「マダム」「ムッシュー」をつけただけで、
なんとな~く、機嫌よく話してくれてるな、とか、フランス語は
まだへただけど、分かってるな、というような気分が伝わって
きます。

初心者の方なら、たとえば、こちらで偶然に知り合って、挨拶
を交わす程度の人に親愛・尊敬など表したいときには、ただ
「ボンジュール、マダム」
とつけるだけで、きっと、笑顔が出てくるはず。シンプル、でも
とっても有効な方法です。

その後に、
「Bonne journee (ボンジョルネ=良い一日を)! 」
「Bon apres midi(ボン ナプレミディ=よい午後を)!」
「Bonne soiree(ボンソワレ=良い夜を)!」
などなど、つけられたら、もう完璧!です^^。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-11-26 20:38 | おまけの話 | Comments(0)

断水!

今週は月曜から金曜、朝8時~夕方6時まで断水・・・。

アパート全体のvanne(水門の扉、と辞書にはありました)を
変えるとか。
それにしても、5日間、しかも一日10時間!確か、去年もあり
ました。そのときも、今回くらい長かった記憶が。

もう、お知らせの紙を見ても驚かなくなり、
「はあそうですか」
くらいの気持ちですが、慣れとは恐ろしく、
「絶対、10時間ずーっとやってるってことはない!」
と、ちょびちょび試しに水道を出してみたら、最初の月曜はほと
んど問題なく使え、管理人さんに確認した火曜日の夜、
「朝は9時くらいから、夕方5時には終わる」
(告知の時間は余裕を持たせてあるわけです!)
とのことだったので、水曜朝には洗濯1回(50分弱)、夜も5時
過ぎから試してみたら、ちょっと水の出があやしかったので、
一時停止して、6時前からまわしました。
騒音には規定があって、朝8時までは大きな音を出すことは禁
じられているので、きちんとお知らせの時間を守っていたら、夕
方6時からしか洗濯機も食洗機も動かせないことになります。
こういうとき、ああ~、日中いつでも水が使えるって便利~と
また、改めて思うんですよね。

からくりを言えば、業者の人が予定どおり来るとは限らず(交通
渋滞、仕事の遅延、アパートの都合などなど)、さらに、仕事が
順調に運ぶかどうかも?なので、日にち・時間帯に余裕をもって
(住民の不自由より業者の自由を重視して)告知、ということなの
でしょう。

大丈夫だろうとわかっていても、いざというときのために、台所・
お風呂場には水をはったバケツ・たらいなどを置き、水洗い・料
理など不都合ないようにはしてあります。
もちろん、トイレの水も流さずに・・・。

ちなみに、お隣のご家族は、最初の2日くらい、朝8時から1時
間くらいすぎてても、じゃーじゃー流してる音が聞こえてたんで、
人にもよるでしょうが、みんな適当にやってるんじゃない?って
感じです。

でも、こうやって、管理をきちんとしてくれる(その他、エレベータ
ーの点検、インターフォンの工事、暖房の点検などなど、その度
に最低1~5日くらいは、家にいないといけなかったり、使用でき
なかったりが1年に4~5回あります)点で、きちんとしてる方な
ので、有難いことではあります。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-11-26 00:13 | フランス事情 | Comments(0)

簡単・豪華なアレンジ

フレンチ風丸ブーケをお花屋さんで買ってきて、花瓶
に投げ入れ、というのが一番便利だとは思いますが・・・

もし、枝物で、長くもつ種類のものを見つけられたら、
まず5本ほど買っておくのをお勧めします。
そして、そこに、ボリュームのあるお花2~3本、間に
入れる、枝分かれした花、又は、ボリュームがあって、
軽く見えるグリーンを1~2本用意します。
b0117348_21592670.jpg

今回は、アマリリス。間の花は菊。菊がちょっとおしゃれ
なので、一本だけでもぐっと感じが違います。
それと、花屋さんがおまけにつけてくれた、ユーカリ。
アマリリスがボルドーがかった赤なので、うすい青緑色
のユーカリを合わせると、大人っぽい雰囲気。
(横の、掛け軸風の布とも合ってるでしょ?)
b0117348_2201945.jpg











葉をハランなどにすれば、和モダン。花を秋色アジサイ
にすれば、フレンチスタイルに近くなり・・・
と、枝があるだけで、バリエーションゆたかな、立派な
迎え花になります。
枝はそのままに、傷んだ花だけ切り戻したり、差し替え
たりすればいいだけ。お試し下さい。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-11-19 22:03 | フラワーアレンジメント | Comments(0)

私流ニンジンピクルス

b0117348_010695.jpg


マルシェで買う新ニンジン。
春から初冬くらいまで、こうやって葉つきで束になって
売ってます。(これで、半分くらい使ったあと)
最初は、この数の多さに手を出さずにいましたが、いつ
からか、買うようになりました。
というのも、普通の食事だけでは
「野菜足りないなー」
とときどき感じることがあり、
「わたし、スティックにして、ぼりぼりかじってますよ」
というベビーシッターさんの言葉にヒントを得て、そうだ!
ピクルスにしよう!!とやってみたのがきっかけ。
でも、レシピを見ると(最近はネットで何でも調べられて
便利~♪)にんにくやら、何種類かハーブやら、まあ、
それが本式なんだろうけど・・・というものが入ってるのが
気になって、適当に作ってみよう!と、かつおのだし汁、
ビネガー(Xereという分)を割った分に、塩少々をかけた
スティック状に切ったニンジンを漬けるだけ。
半日でもつかるし、もう少ししっかり味を染み込ませたけ
れば、1日待てばできあがり。
あっさりしていて、でもどんどん食べられて、アペリティフ
がわりに出してもOK。

明日はこの間お招ばれしたロシア人のカップルと子供さん
たちを夕食によんでいるので、今日仕込んでおきました。

このあと、残ったニンジンを普通の料理に使います。
新ニンジンなので、皮はうすく、みずみずしい。それに、
葉つきは保ちもいいです。
ほんとは、きれいに洗えば皮ごと食べられるはず。
・・・と思いつつ、いつも剥いてしまうので、一番ビタミンが
あるところ、ちょっともったいないかも。鶏ガラスープを
とるなら、くず野菜を入れるので、そういうときは無駄を
出さなくてすみますが・・・。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-11-19 01:00 | 料理・お菓子 | Comments(2)

お絵描き

b0117348_21344792.jpg

10月中旬頃から、お天気が崩れることが多くなりました。
あいま、秋晴れのあたたかい日もあったのですが、また
先週末から昨日にかけて雨。今日は曇り空にまで回復
してますが、外遊びに行きたいな~という気分にはなれ
ない感じ。

ギャルドリーでも、外遊びができなくて、時間をもて余さ
れてるのでは?と思うのですが、そのせいか、お絵かき
を最近よくされているようです。家でも、お絵かきをよく
したがるようになりました。

家には、息子に、と夫の友達からいただいた
「おえかきせんせい」(たしか、商品名)
があって、以前から使わせてもらってました。
最初は線、とか、丸、だけだったのが、2~3ヶ月前に、
上の(てんとう虫)を描いたころから、自分で思うものを、
少しづつ形に描けるようになってきたみたいです。
(これナニ?と聞いたら、てんとう虫、といった)

ギャルドリーでお絵描きした紙をいただきましたが、それ
はとくに、形もなにもなくぐちゃぐちゃで、でも前より複雑な
模様がかけているようにも思います。

これは、たしかバス。一応、窓らしきものが。
b0117348_21522634.jpg

マグネット式の、いろいろ組み合わせて動物などが作れる
おもちゃでつくった汽車。(なぜか、しっぽみたいなのが
ついている)知らない間に勝手にはり付けて
「Chuchu-(チューチュー=汽車の汽笛の音)」
と説明してくれました。一応、線路もあり。
b0117348_2151394.jpg


そして、最近の力作、冷蔵庫に付けてある、買い物リストを
書いてあるプラスチックボード、ときどき書きたいとせがまれ、
したいようにさせるのですが、この汽車にはちゃんと煙突(屋
根の丸)と、フロント(左端)が描いてあって、最初のと比べる
とずいぶん上達したなーと親ばかです。
(窓が多すぎますが、それは大目にみて・・・)
これも、最後は塗りつぶされてしまいました・・・;あわてて
写真とっておいて、よかった。
たびたびこういうことで、肝心の買い物リストの内容が見え
なくなることは、しょっちゅう。
b0117348_21492849.jpg


言葉はまだまだ、やっと自分の繰り返したい単語を前より
は楽にまねできるようになってきましたが、自分の名前も

バディー」→「ダディー」→「ザジー

と、いまだちゃんと発音できず;;(どんな名前か分かります?)
いちばん最初のが一番近いような・・・。
本人には、そう聞こえるのかーと、面白くもありますが、どう
もフランス語発音ができず、日本語発音になってる気も。
言える単語はフランス語が多いけれど、日本語の発音で話
している(F、Rはほとんど発音できてない)ようで、それも私
のフランス語の発音を聞いてるせいかな。。。なんて、ちょっと
心痛んだりもします。(ちなみに、私は息子には日本語で話し
ています)
意味は分かっているようだし、伝えたい、と思うことは一生懸命
単語を組み合わせて言おうとするので
「あめ(日本語)、ノンノン」(=雨がやんでいる、降ってない)
など、私にしか分からないけれど、少しづつでも成長してくれて
るしいいか、と嬉し(みんなに分かってもらえないことも多い
ので)可哀想、な毎日です。
[PR]
by aplusfleurs | 2010-11-10 22:16 | 出産・子育て | Comments(0)

冬時間になりました

b0117348_064837.jpg

今朝午前2時、冬時間になりました。
針を1時間遅らし、日本との時間差は8時間になります。
おかげで、1時間のお得。明日は、トゥッサンのお休み
で、3連休です。

秋はずいぶん前に来ていて、マロニエの黄色くなった葉
が道にたくさんつもって、歩くたびに秋のにおいがします。
マロニエの実もそこここにあり、色のきれいさと、ひとつ
一つの実の造形に、いつ見ても惹きつけられます。

前々回に書いた、試験の少し前からフランスはマニフェス
タションにともなうスト。今回は退職の年齢を2年上げる
提案に反対する人たちがデモ行進しています。それに、
地方では、ガソリンの供給が減っていて、長距離トラック
の運転手さんがストをしているようです。
今回は郊外へ行く電車が本数を減らしていて、メトロは
ほとんど大丈夫のよう。
ありがたいことに、家に一番近い交通手段の、トラムとバ
スは通常運転。夫は、いつもは電車のところメトロに切り
かえ、何とかなっています。
この時期、毎年ストですが、困る人はたくさんいるでしょうに、
ほとんど習慣化しているようで、さすがフランス、という感じ。
b0117348_081271.jpg

秋のよい日和に、近所のセーヌにかかるパスレル(歩道橋)
を通って、ブローニュの森へ。パスレルの横には、セーヌ
を通る船への指示か、2本の棒が立っています。
b0117348_083523.jpg
b0117348_085515.jpg








前に散歩にきたときのことをブログに書いていたと思うので
すが、今回も、おびただしい数のサイクリングの人たちが。
b0117348_0194078.jpg

これは、屈強な若者ばかりでなく、70代以降(だと思われる)
の方もたくさんいて、本格的な自転車、ヘルメット、ユニフォ
ームで圧倒されます。いま、すごいブームのようですよ~。
ときどき、集団が「ゴォー!!」と轟音をたてて通り過ぎるの
は圧巻。
(どうして、競技用がここまで流行って、普通の自転車の数
がそんなにないのかが理解不可能ですけど・・・;)

b0117348_095467.jpg


また、違う日はトロカデロ近くの水族館へ。
b0117348_011475.jpg

魚(鯉ですが)に触れるところも。
b0117348_0122618.jpg

息子は喜んでいましたし、私たちもその様子に満足でしたが、
入場料はかなりお高め;割引券がなかったら、行かなかった
かも・・・。
水族館に日本料理レストランがあり、お昼に食べたのですが、
なかなかおいしかったです。
b0117348_0155911.jpg
[PR]
by aplusfleurs | 2010-11-01 00:24 | 家族・生活 | Comments(2)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧