<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

太陽

息子はお絵かきがけっこう好き。
いちばん最初に描いてくれた、私の顔。
b0117348_1955478.jpg

ピンクに、赤・オレンジで描いてあり、おそらく
髪の毛かと思われる、もわもわしたものが顔の
まわりにあります。

ぐうぜんかもしれないけれど、あたたかい色で、
雰囲気も、太陽みたい。
これは、ほんとに嬉しかった。至らない母ですが、
きっと、子供にとっての「おかあさん」は、こういう
風に、あったかいイメージなんだろうと。
私の、というより、息子の理想のお母さんでもある
かも・・・ということで、「太陽」と私の心の中で命名。

この絵のようにいられるように・・・と思いつつ、日々
「あーらら」をくりかえしています;

それ以前の絵。きりんとはえ。へびも好きですが、
かならず目がふたつ大きくあり、足の数が不必要に
多いのが絵のとくちょう。
(もちろん、へびは足なし)

b0117348_1914414.jpg






b0117348_19143111.jpg


きりんは帰省のおり、白浜のアドベンチャーワールド
で実際にえさやりを体験、長い舌が印象的だった
ようで、「きりん」というと、かならず
「うーん、れろれろ」
と舌を出して、唇をなめるようなしぐさをします。
はえは、羽根はないけれど、一応飛んでいるような
躍動感がある?!かな、と。

最近の傑作は、義両親、そして猫が田舎の家の屋根
の下にいる絵。猫は右下の、なぜか2本しっぽが出て
る、丸いもの。屋根は波打っている・・・?
(※波打ってるのは、屋根でなく、暖炉から煙がでて
いる様子だと判明。印象に残ったものがソク表現され
てるんですね~)
赤で自分のサイン入りです。
b0117348_19424681.jpg


セーヌに浮かぶ船(人が住んでる)を見て。
b0117348_19435480.jpg

ちょっと、わけの分からないものがあったりもします
が、コクトーみたい!(と私だけ興奮;)

いつか、額にいれて部屋に飾りたいととってあります。
[PR]
by aplusfleurs | 2011-03-30 19:47 | 出産・子育て | Comments(0)

しばらく

b0117348_3393766.jpg














震災後、リアルタイムで見られるNHKで、ニュースばかり
見る日が続きました。
家にいると、家事も手に付かず、復興は進んでいるのか、
被災者の人に支援の手は届いているのか・・・と。

家族・親戚・友達、はてはフランス園芸協会の先生お二人
からも電話、メールでお気遣いいただきました。
ギャルドリーでは先生が、マルシェにいけば馴染みのお店
の人が声をかけてくれました。
フランスでも連日のように報道されて、想像を絶する光景
と惨状に心を痛めている人も多かったようです。

同じ地球に住む一員として、日本を思ってくれる気持ちは
嬉しく有難かったです。

寄付以外に、何か行動できないのか・・という無力感もあり、
声をかけてくれる人には、つい日本の現状を話してしまうこ
とが続きましたが・・・
震災1週間を過ぎ、「何かちがう・・・」という違和感が湧いて
きました。
自分または、家族が被災者でもないのに、積極的に行動も
できないのに、そうやって語ることができるのか?と。


今はまだ具体的なことは何も思い浮かばず、ただ寄付と、
すでにバザーが企画されているようなので、それに参加
できれば、というくらい。


原発事故のせいで、農業・酪農関係の方も辛い目に合
われています。被災地以外でも、続く余震・節電の中
一生懸命出勤して経済を支えてくれている人がいます。
とくに、私はお花の生産者さんを直接存じ上げてはいない
のですが、ビニールハウスが波にのまれる映像を見た時、
「あの中に花があるかもしれない・・・」
と即座に思ってしまいました。お花は、嗜好品。野菜や他
の農産物も大変なことですが、とくに今回のような事態で、
結婚式その他のお祝い事もキャンセル・延期が相次いで
いるだろうことを思うと、心配です。
全ての方に、エールを送りたいです。

被災者の方も、一日も早く落ち着いた生活ができるように、
とくに、不自由のない生活でも、赤ちゃんのときは、すぐ
病気になったり、ミルクを飲まなかったり・・・なのに、極寒
の中、子供を抱えたお母さん達はどれだけ大変だろう・・・
と思うと言葉もありません・・・

が、のぞかせていただいている、海外在住の方のブログ、
日本のブログ、いろんな方のいろんな考え・気持ちを読ま
せてもらいながら、

亡くなった被災者の方の分、自分の生を有難く感謝
して生きること、日常生活のエネルギーの無駄・贅沢
を慎むこと、そしてこれから先、大変な時期を乗り
越えないといけない、東北のみなさんのことを10年、
20年先もずっと忘れずに気にかけていること・・・


それが、今の自分にできること、それしかできない・・・と
思い至りました。
日々の生活を見直して、また、ブログにつづっていきたいと
思います。
[PR]
by aplusfleurs | 2011-03-23 06:31 | Comments(0)

地震!

2月終わりから、また息子の風邪、私のガストロ
(日本のノロウイルス?)もどきでなかなかブログ
が書けずにいました。

「さて、今日は書けるかな~♪ 書きたいことも
たまってるし・・・」


なんて、のん気にかんがえてたら・・・
夫から何度かメール。見たら、日本に大きな地震
とのこと。
息子をギャルドリーに送ってから、NHKのニュース
に釘付け、動けずにいます。
明治に地震観測が始まってからの、国内最大の
地震とのこと。津波の映像も、おそろしいくらいの
勢いで、家や車を巻き込んで、ビニールハウスや
畑をなめるように波がすすむのを見て、
「あーー、だめだめ!」
とわれ知らず声がでました・・・。

阪神大震災の記憶があるので、今後がとても心配。
日本にいても、何もできないかもしれませんが、天
災などのニュースは海外にいて見ると、もどかしい
思いだけが募ります。
NZ地震のその後もまだ・・・という状況で・・・。

ただ祈ることしかできません。
[PR]
by aplusfleurs | 2011-03-11 19:17 | ハプニング | Comments(0)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧