<   2012年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

サパン・ド・ノエル〜クリスマスツリー〜

今年はうちでも飾ることにしたクリスマスツリー。

いつも、新年すぎてから、そこここに捨てられている
のが可哀想で、根っこつきにしてみました。
いくら土があっても、小さな鉢では根が窮屈で、根付き
でもそのあと元気でいてくれるかどうかは?ですが・・・

すでに、11月の終わりには飾り付け終了。
b0117348_503997.jpg

でも、てっぺんに星がついてなかったので、段ボールで
手作り(てっぺんの星飾り、飾り物を買うとき探しました
が、なかったので)して付けました。
b0117348_522067.jpg


これは、以前どこかのお店にあったツリー。ぜんぶ、木。
こういうのなら、欲しいなーと思いつつ、写真だけ。
b0117348_53975.jpg


できれば行って見たいと思ってたギャラリーラファイエットと
プランタンのノエルのでデコですが、フランス人の知り合い
のママさんと話してたら、

「行くほどのものじゃないわよ、私行ったけど、昔に比べたら、
なーんにもなかった」

ということだったのと、時間もなくて、結局今年も行けません
でした;昨日までフランスの幼稚園、今日が日本の幼稚園、
最終日がお手伝いの当番に当たっていたのもあり、昨日まで
買い物やら、用事やら・・・あちこちしていたせい。
明日は昼前に夫の田舎へ行きますが、夜の料理は私が担当。
今日は幼稚園から帰って、お菓子作ったり、プレゼントの準備
をしたり。
そうそう、プレゼントといえば、こちらでは個人のお店や、こだ
わりのあるお店だと
「プレゼント用の包装お願いします」
というとしてくれますが、トイザラスなど大型チェーンのおも
ちゃ屋さんなどでは、レジでお会計を済ませたあと、包装紙
やセロテープなど必要なものがそろった一角があり、そこで
客自身が包装する、というシステムです。
ときどき、人がやってるのを見ると、ほんと大変そう。私は家
で落ち着いてやりたいので、プレゼント用の包装紙とリボン
を買って置いてあります。

予定していた、大掃除はほとんどまったくといっていいくらい
できないままでした;あきらめて、ほんとの年末にすることに
します。。。

デパートのノエルデコのかわりに、昨年と同じく、ラ・デファンス
のデコを。。
b0117348_5102667.jpg

b0117348_5105638.jpg

シンプルですが、スッキリきれいで、私は好きかな。去年のも
よかったし。(パッシーのデコになってた分ですが、これも来年
パッシープラザに回されてたりして(笑))。

さてさて、そうこうするうちに、今年も終わりですね。。。
みなさんも、よいクリスマスと、よいお年を! Joyeux Noël☆★
[PR]
by aplusfleurs | 2012-12-23 05:17 | イベント | Comments(4)

泥棒の手口

ノエルのバカンス近くなると、よく玄関を鳴らされます。
先日はこんな感じ。

「ブー」(インターフォンの音)
「はい?」
「鍵を忘れてしまったんで、開けてもらえますか」


色んなパターンがあって、物売り(先日はりんごとシードル
でした)だったり、パリなどでは、アパートに暖炉があること
も多いので、煙突掃除夫だったり・・・(いま、暖炉を使う人
はいないも同然なので、煙突掃除は不要)

とにかく、日本でもある訪問販売と一緒で、こういうときに
「あ、そうですか」と開けてしまったら、だめなんです。
そうやって、空き巣ねらいが「どこの家のブザーを押せば、
開けてくれる」ということを知って、バカンス時期に盗みに
入る、ということに。

・・・と、これを書いてる最中にも、また「鍵なくした」と
男性がブザーを押しました。こういうときは、

「管理人さんに頼んで下さい。私は開けられないので」

ということにしていますが、今日は外人だと思ってバカに
してるな〜(日本の名字が出てるので)!とちょっと腹も
立ってたので、

「何なら、すぐ管理人さん呼びましょか?それに、鍵がない
なら、家にははいれないのじゃないの?


と言ったら、

「いや・・・両親も住んでるから、大丈夫」

じゃ、なんで知らない家のブザー鳴らすのよ?!あんた、泥棒
でしょ!!
・・・と心の中で叫ぶ私。

ここ数年で「知らない人には絶対開けない」ということを実行
していますが、最初はほんとか嘘か、どうしよう〜と思った
ものです。でも、パリに住んでいた時、煙突掃除夫に2度ほど
嫌な思いをさせられたので(1度目は知らずに必要かと思って
開け、次は直接うちのドアチャイムを鳴らされて、ドアをあけて
しまった)、少し学び、サンクルーに来てから階下の人が空き巣
に入られたときに、管理人さんが決してアパート中央の入り口
は開けないように、と教えてくれたから。

たちが悪い人は、

「消防士です」

なんて言ってくることも。
というのも、クリスマス前に、郵便局や消防署の人が、来年の
カレンダーを売りにくるのがこちらの恒例で、そういうときは
アパートの入り口に張り紙がしてあって、「どうぞ快い対応を」
と書いてあったりします。
こういう、空き巣に入りやすいアパートを調べる人と、盗みに
入る人とはまた別。調べに来た人が直接入る事はないようで、
犯人にたどり着くのは難しいみたいです。

それと、泥棒の手口として、疑われる一番の原因は、アパート
内の改装や工事で出入りした人が合鍵を作って、工事が済ん
でから、空き巣に入るというものです。
日本では考えられない!と思うのですが、そういうこともある
ので、こちらでは工事中は、誰かが必ず家にいるようにします。
鍵を渡してしまったら、合鍵を作られたりする原因になるし、
業者さんが下請けに頼む場合、安くあげるため、不法労働者を
使うことも多く、そういう人に家の中の物を壊され、見ていない
間だと証拠もないということで、弁償もされなかったりするから
です。
本当に、油断できません。。。とくに、今のアパートの裏口の鍵
は簡単に作れるものらしく、きちんとしたものに替えようという
話があったみたいなのに、同じ入り口を使う住人全員が賛成で
ないとだめらしく、それをしぶる人もいるので、替えられないとか。
(それで、カーブ(地下室)のワインを盗まれてしまいました;)

・・・厄介なのは、痴呆症のお年寄りなどが、誰にでも玄関の鍵を
あけてしまったりすることなのですが、それ以上に、私が外人なの
で、「開けるんではないか?」とわざわざ出会ったときに、
「あのね、この間こういうことがあってね、そういうときには
ドアを開けないのよ」

と言う人がいること。
「あー、よかった、あなたのような人がいて!私も絶対開けた
ことがないんですけど、そうじゃない人もいるみたいで!」

と言っておきましたが、この嫌みが通じてるかどうかは?です。
フランス語が日本語なまりだからといって、子供じゃないんだから、
分かってるよ!と言いたいところです。
[PR]
by aplusfleurs | 2012-12-19 06:03 | フランス事情 | Comments(0)

ノエルのデコ

先日、パッシー近くへ友達と一緒に買い物に行きました。
Passy PLAZA、いろんな店舗や大きなスーパーも入って
るので、有名です。
b0117348_21302866.jpg

パッシーから徒歩5〜10分、ムエットからでもそのくらい。
歩いてる間も靴や洋服のお店があって、買い物欲がムクムク。
入り口のノエルデコ、これ、確か去年ラ・デファンスにあった!
(プラザ入った中央の、ライトがついた枝様のもの)
b0117348_21325146.jpg

うーん、やっぱり、かなり手のこんだものだから、きっと使い
回すんだろうと思ってたけど、こういうの貸し出す業者が
あるのですね・・・

ちょっと、家用のものが見たくて、ZARA HOMEへ。
b0117348_2141534.jpg

家のノエルデコセッティング、こんなのどうですか〜?
プラザ内のデコレーション。
b0117348_21421298.jpg

さすが16区、デコもお金かかってます・・・。それに色味が
白・シルバーに赤やオレンジのさし色で、シックにまとめて
あるのはさすが、という感じ。

今年はまだオペラ近くのデパートのクリスマスデコレーション
見てないので、又ノエルまでに行ってみたいと思います♩
[PR]
by aplusfleurs | 2012-12-16 21:46 | イベント | Comments(0)

サラダの思い出

最近サラダの話ばかりで恐縮ですが、ついでなので、うちの
定番サラダをご紹介。
モルトーソーセージとジャガイモの暖かいサラダ
b0117348_18344162.jpg

普通のサラダ菜の上に、暖めたモルトーソーセージを切ったもの
と、圧力鍋で皮ごとふかしたジャガイモを切ったのをのせ(他に
マッシュルームやミニトマトなどのせても)、最後に上からソース
をかけて、暖かいうちに食べたいサラダです。
粒マスタードとソーセージがばっちりで、これとバゲットとチーズで
ごはんになります。

そして、グレープフルーツとアボガドのサラダ
グレープフルーツが口をさっぱりさせてくれるので、お魚料理の日
に付け合わせることが多いです。
b0117348_1844962.jpg

アボガドを切ってまぜるので見た目がイマイチですが、材料を準備
(グレープフルーツの皮をきちんとのぞいてアボガドを切るだけ)し、
オリーブオイルで混ぜるだけなので、簡単。
ただ、普通のマルシェやスーパーのものだと、しっかりした味がない
ように感じるので、両方ビオで買うようにしているのと、アボガドの
色が変わってしまうので、直前でつくるようにしています。

それと、ランティーユのサラダ
モルトーソーセージは大きいので、半分はサラダに、残りの半分を
下ごしらえ(水から20分ほどちょうどいい固さにゆがく)したランティ
ーユを、少し弱めの火で、ブイヨンと一緒にモルトーソーセージを
いれてゆっくり煮ます。
ここまでが、一晩目の一品。
次の日、残ったランティーユの汁をきって、ソーセージを細かく切り、
先に刻んだエシャロットを入れたビネグレットソースを用意して
おいて、全部いっしょに混ぜるだけ。
b0117348_6144175.jpg

ランティーユは、ベーコンやプチサレと煮てもいいし、その後は同じ
ようにサラダにするか、全部をミキサーでピュレ状にして、スープと
して食べるのもアリです。

お花の学校にいたときは、最初は外に食べに出ていたのですが、
いつしか「一緒に食べよう」と誘っていただくようになり、先生や
アシスタントの女の子に交じってお昼を食べるようになりました。
毎回、当番の人が、お昼近くになったら小さな備え付けのキッチンで
大盛りのサラダを作って、私はよく近くのパン屋さんにバゲットを買い
に行きました。毎回色々なサラダがでてきて、飽きることがなかった
です。
gésier de canard(鴨の砂嚢=砂肝・砂ズリ)に甘辛っぽい(おそらく、
蜂蜜をいれた、赤ワインビネガーの)ソースがかかったサラダなど、
その時々で知らないものは尋ねていたはずだけど、すっかり忘れて
しまって。
今頃になって、きちんとメモして作り方覚えておけばよかったなー・・・
なんて後悔。
普通のレストランの定番のサラダとはまた違う、家庭の味のサラダは
今はもうどんな味だったか思い出せないけれど、しみじみ

「美味しかったな〜・・・」

と思える、味わい深いものでした。
ただ、お昼を食べながらのおしゃべりは、すごいスピードで、いろんな人
がいっときに話すので、必死で聞いていても途中から分からなくなったり、
疲れてきて「まあ、いいや〜」と食事に集中してたら、いきなり

「Ayumiはどう思う?」

と振られて、え!と顔を上げたらもう、他の話題にうつってる・・・と
いうこともよくあり、フランス語の量に圧倒され、頭が疲れる時間でも
ありました。(学校のフランス語とはまるっきり違う、日常のフランス語
は雪崩のようで・・・)ただ、そういうときに

「え?今の単語どういう意味?」

とか

「あー、この言葉って、そういう風に使えるのか!」

など新鮮な発見があり、正直、そのときの私のフランス語のレベルは
なんとか日常をこなせる程度だったと思うのですが、このお昼ご飯の
時間が私を鍛えてくれた、と感謝しています。
最初は真剣にぜーんぶ分かろうとしていたので、お昼を食べて、休んだ
はずなのに、なぜか疲れてる・・・ということがよくありましたが(笑)。
[PR]
by aplusfleurs | 2012-12-16 21:10 | 料理・お菓子 | Comments(0)

ノエルの買い物

今日から、3日程寒い日が続くそうです。
寒がりの私は、下着にセーター2枚重ね。タイツに靴下。そこまで
するか!というくらいに着込んでます。

朝幼稚園までの道、帽子なしでも「お、そんなでもないか」と思った
のですが、帰り道、頭から寒さがじーんと沁みてきます。
空気が乾燥してるので、暑さも寒さも、日本に比べるとすぐ感じにくい。
つい油断すると、風邪を引くのはそのためじゃないかと思います。

中央暖房もマックスの目盛り、でもさすがに部屋にいると今日は冷える!!
(いつものフランス語のレッスンが急遽休みで、ブログアップです)

昨日は、気になっていた息子のクリスマスプレゼントを買いに、デファンス
に。
b0117348_238974.jpg

クリスマスのマルシェが毎年広場に出ています。

今年は何となく、不況や何やらのせいか(ここのところずっとそうですが)
クリスマスの飾りも今年はシンプル。(あれ?また写真横に倒れてる・・・;)
b0117348_2394391.jpg

去年は確かこんなだった↓
b0117348_23102053.jpg


最近は夕方5時には暗くなるので、公園遊びもほとんどできません。
(それ以前に、寒さでお母さん達子供つれてすぐ家へ帰ってしまうので、
人がいない方が多いのですが)
この公園は、幼稚園のすぐ横にあって、小さい子用の遊具が多いけれど、
その分、大きい子供が乱暴な遊びをすることもなく、息子の友達もいる
ので、毎日寄ってます。そこで、子供同士でハンカチ落とし。
日本のハンカチ落としとおなじ要領で、手袋を後ろに落としてました。
何やら歌のようなものを歌ってます。みんな知ってるってことは、幼稚園
で誰かが教えてくれたのかな?
ちゃんと手で目隠ししてるし〜(若干2名だけですが;)。
子供同士でコミュニケーションできて、遊べるようになったことに成長を
感じたり、一人前のようなやりとりが微笑ましくもあり。
最後は、一度も手袋落としてもらえなかったーーと泣く息子。
やっぱり、まだまだ幼いです^^
b0117348_23161998.jpg

[PR]
by aplusfleurs | 2012-12-11 23:43 | 家族・生活 | Comments(0)

マーシュのサラダ

b0117348_22514372.jpg

タンポポサラダに引き続き・・・サラダネタです。
マーシュ-mâche-のサラダ。根っこがついた、ちょっとほうれん草
みたいなタイプの(ずっと小さいですが)野菜。冬が旬で、ビタミン
豊富。また、オーガニック(bio)で見つけました。
b0117348_2252976.jpg

根っこあたり、葉と葉の間にかなり砂が入ってるので、何度も水を
かえて洗います(私は最後に酢を少しいれて、殺菌してます)。
普通のマスタードを入れたビネグレットソース、ブルーチーズ
(手でちぎって)、胡桃(これも細かく割って)、それだけでもいいの
ですが、今回はリンゴを小さく切って入れました。

胡桃は田舎から頂いたもの。庭でなるので、お裾分け、殻のまま
なので、1年くらいそのままです。

残ったら、次の日は水が出るので、サラダはソースにあえるのも
食事の直前、残さないような分量がいいのですが、今回次の日
べちゃべちゃになったの食べたら、なんと、味が馴染んでいい感じ。
見た目は悪かったけど、味は前日よりずっとよかった♩

そして、この、サラディエ(サラダボウル)、つい先日買ったもの。
形が変形の楕円で、中は竹細工、外に漆が塗ってあるみたい。
以前のも竹だったけど、2枚張り合わせで、外側がはがれてきて
しまったのです。
バカでかい大きさしか見つからず、やっと近所でこれを発見。
よほどこまめにお店を見て回らないと、なかなか丁度いいのが
ないんですよね。。。マレかバスティーユあたりなら、きっと色々
あるんだろうな。

夫の会社でパニエビオ(オーガニック野菜の販売)をしてるので
すが、最近のパニエから、人参。色が金時人参みたいなのとか、
白っぽいのとか、きれいです。白っぽいのは、煮炊きすると、甘み
が増すとか。
b0117348_2303240.jpg

人参料理を探してたけど、なかなかない。
色を生かして料理したいのですが、サラダくらいかな。。こういう
とき、プロの料理人の人なら、おお、というアイディアでお料理
されるのでしょうね。
薄く切って、あげてチップにしてみようかな。
[PR]
by aplusfleurs | 2012-12-11 23:01 | 料理・お菓子 | Comments(0)

歯医者さん、その後

予約の電話からひと月、何となく痛みがでてきたような気がして
(実際ジンジンしていた)、もうあと1週間、というところで、

「あの〜、痛みがでてきたんです・・」

と電話。なんとか、金曜日に変更していただき、週末をまたぐこと
は回避!よかったあ〜・・・と、当日行ったら、レントゲンで見ても

「虫歯になってないですよ?」

と衝撃の事実。えーー?どうして?

「確かに、前に治療(フランスで治療、かぶせをつけてあった)した
ところが、その前に治してた虫歯とモザイクになっていて、その
付け根部分が虫歯になってる可能性はあるけど・・・」

と、かぶせてある分、以前に詰めたところ、ぜーんぶとってやり直す
ことに(と、歯医者さんが決めた)。
仮の詰め物をして(酸のもの、酢やレモン・みかんは避けて下さい、
と鬼のお達し・・・風邪予防には必要なのに)、ひと月。
借りの詰め物をして1〜2日は何となくまだジンジンしていたので、
やはり以前の治療のかぶせたところに支障があったようです。
昨日めでたく全部新しい詰め物してもらいました。

最初に説明しますね、と前回言われてたのですが、それはなし。
(忘れてた??)価格のこともあるので、ということだったのですが、
こちらも尋ねずにいたら、治療開始から小一時間、全部終わって
ました;;

最後に先生に確認だけしたら、「(詰め物)新しくていいのが出たので」
とのこと、家に帰ってみてみたら、白い詰め物で、口をあーんと開けて
も、分かりにくくなってました。
費用も、思ってたより安かったんで、よかった・・・!セキュリテソシアル
でカバーできそう。あと一つ、怪しい所があるみたいなので、年明け
にまたお世話になりそうです。。。
[PR]
by aplusfleurs | 2012-12-11 22:40 | フランス事情 | Comments(0)

タンポポサラダ♩

b0117348_22523527.jpg

いつも行くオーガニック(ビオ)のお店で、タンポポの葉発見!!
嬉しくて、たまたま横にいた、売り場担当のおじさんに話しかけ
てしまいました;

「これ、タンポポですね!来週もありますか??」
「あると思うよ〜。きれいなタンポポだろ?」
「ベーコンと、ゆで卵と一緒に、サラダにするんですよね!?」

サラダのことまで尋ねてしまって、私のフランス語がイマイチ
だったのか、おじさんなんで、サラダの作り方は知らなかった
のか、おじさん戸惑いぎみでした^^;

これ、じつは密かに(稲葉由紀子「フランスおいしいもの事典」
を読んで)探していたのですが、マルシェでも八百屋さんでも、
なかなか見つけられなかったもの。
玉村豊男さんも書いてられますが、春先のタンポポの若い葉を
つんで、サラダにするのですが、以前はきっと、お百姓さんが
畑仕事の合間にその辺にあるタンポポの葉をつんで、一緒に
売っていたのでしょうね・・・。先週も

「mizuna」「wasabina」「komatsuna」ー水菜、わさび菜、小松菜!!

を見つけて大興奮、水菜を買って帰って大根(これもフランスの
黒大根でなく、日本よりは小ぶりですが白い大根♩)と一緒に
和風サラダにしました♩
いやー、ほんとに最近はすごい!わさび菜まで買えるとは・・・。
時代の流れをしみじみ感じます。(ちなみに、水菜はほんとに
日本のと変わりなく、シャキシャキ美味しかったです〜^^)
タンポポサラダですが、カリカリベーコン・ゆで卵をきざんでのせ、
ビネグレットソースでいただきます。
ほろ苦く、でも、やさしい春の味でした。
b0117348_23401256.jpg


それから、冬に嬉しいランティーユ(レンズ豆)。こちらも稲葉さん
の本に載っていますが、水から湯がいて戻し、モルトーソーセージ
等いぶしたソーセージや、ベーコンの塊(これは絶対お肉屋さんで
買った方がいいです!!)、豚肉などと一緒に、ブイヨン(スープの素)
と一緒に煮込むだけで、冬にぴったりの、暖かい一品になります。
鉄分も多く、疲れたときの栄養補給にも。日本のレシピでは、よく
カレー等に入れるようですが、私はレンズ豆本来の味が感じられる
ので、この煮込み料理の方が好きです。

レンズ豆もいろいろあって、クリスマスなどにもいいかな?とオレンジ色
(コーラルとあります)のレンズ豆も買ってみました。
b0117348_23484381.jpg

混ぜて使ってもきれいかな。
それと、胡麻もあったので試しに購入♩
b0117348_23501979.jpg

煎ってあるみたい・・・今までは日本食品店で買ってたのですが、もし
かしてあるかな〜と探してみたらありました。お値段もそんなにしない
し、もし味もそこそこなら、これでしばらく安心。(胡麻好きなので)

お豆腐も作ってみようかと、にがりと大豆も買ってあるのですが、まだ
挑戦していません。。。
b0117348_23565563.jpg

(ポトフ、仕込み中〜)
先日は、冬に定番のポトフをしたので、今週末は牛肉と人参のシチュー
(ブフ・ブルギニョンもどき)の予定。この間は久しぶりに餃子が食べたく
なり、冷凍の皮を買って来て、豚肉をミンチに刻みました。
b0117348_2358898.jpg

時間はかかりますが、自分で刻むので美味しいです。

さて、今晩は何にしようかな・・・
[PR]
by aplusfleurs | 2012-12-09 00:03 | 料理・お菓子 | Comments(9)

ご近所散歩

ちょっと、歩くついでにご近所のお家を撮ってみました。

最初は、広場から見上げたお家の壁、
b0117348_2212231.jpg

塀に何か書いてある・・・
b0117348_220198.jpg

「mon playsir (モン プレジール=私の喜び)」
普通の綴りだとyがiだけど、たぶん、意味はそうだと
思われます。こちらには、お家に名前がつけてあったり
することもよくあって(住んでいる人とは関係のない)、
玄関や、家の壁に埋め込まれたプレートに名前がある
のですが、微笑ましい感じです。

そのお向かいには・・・
b0117348_2241329.jpg

ちょっと、お城みたいなお家。家の真ん中に時計台の塔
のようなのがあります。坂を下っていくと、
b0117348_2251717.jpg

↑こちらは、より現代的かな?
お城でも、中世のようなスタイルのこんなお家も↓。
こちらによくあるChateau fort(シャトーフォー)みたい。
b0117348_2265095.jpg

少し、田舎風の玄関のお屋敷↓。
b0117348_2274581.jpg


少し前の秋深いときの落ち葉。陽の光があたってきれい
でした。
b0117348_2293829.jpg

近所の道はこんな感じ。
b0117348_455593.jpg

これを、強風がぶーっとでてくる、掃除機のような機械で
吹き散らす、掃除夫さんが通ると、こうなります。
b0117348_60409.jpg

秋から冬にかけて、これでもか、というくらい葉がおち、
気をつけないと、犬のウン○がその下に隠れてる・・・
ということも;;落ち葉はロマンチックなのにね。。。

明日は雪になるそうです。予想最低気温は、ー1℃。
どうか夜に道が凍りませんように・・・・!
[PR]
by aplusfleurs | 2012-12-07 06:25 | 家族・生活 | Comments(0)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧