<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ブフ・ブルギニオン

b0117348_2174243.jpg

フランス料理でも有名、
ブフ・ブルギニオン(牛肉の赤ワイン煮)レシピです☆

<材料>4人分
牛肉(バラ・肩ロースなど、シチュー用のもの)500g
赤ワイン400cc
A.玉葱1個、人参1本、セロリ1/2本、にんにく1かけ、トマト1個
B.チキンブイヨン(顆粒でOK)300cc,フォンドヴォー(缶詰など)100cc,
トマトピューレ大さじ2,水200cc,バター少々
プティオニオン、マッシュルーム、絹さや適量 生クリーム少々

<準備>
・牛肉一口大に(少し大きめでOKです)。
・プティオニオンは皮をむき人参を棒状に切って面取り、絹さやは軽く湯がく。

(1)赤ワインを鍋にいれ焦げないようにぎりぎりまで煮詰める。
(2)牛肉に塩・胡椒し、小麦粉をつけてフライパンでオイルとバターで表面に
   焼き色をつける。全体にこんがり色がついたら(1)の鍋へいれる。
(3)A.の野菜を1〜2センチ角にカットし、肉を取り出したフライパンにオイル
   を足してこんがりと炒める。トマトはざく切りにする。
(4)(2)の鍋に(3)の野菜、B.の材料を入れ沸騰させアクをとりながら
   コトコト煮る。肉が柔らかくなったら取り出す(2〜3時間目安)。
(5)プティオニオン、人参を鍋に入れ、バター・グラニュー糖を入れて炒める。
   表面につやがついたらブイヨンを入れ煮る。お好みで塩・胡椒。
(6)マッシュルームはカットして炒め(5)の鍋に入れ煮汁を煮詰めツヤを
   つける。
(7)食べる直前にとりだしておいた(4)の肉をいれあたためて、バターを
   いれ余熱で混ぜ込む。
(8)お皿に(7)の肉と(6)の野菜を色よく盛りつけ、生クリームをかけて
   完成!

*これは、サイトで見つけた日本語のレシピで、フランスの家庭料理の基本!!
という本では、ラルドン(ベーコン)と肉を炒めて赤ワインで煮込む、という
シンプルな方法で、野菜も最後にマッシュルームを洗って切ったものを盛り
つけるだけで、他の野菜を炒めて煮込む必要はないみたいです。

*ブルゴーニュ地方の料理なので、ブルゴーニュの赤ワインを使うということ
になってますが、日本だとなかったり高かったりすると思うので、ある程度の
ものなら、どこのでもいいのでは?と思います。風味は変わりそうですが。。。

*ポイントは、赤ワインを惜しげなく使うこと!(サイトのレシピには飲んでも
美味しい赤ワインとありました)一度赤ワインを少なめに水を足して作ったら、
美味しさのレベルが違ったので、ぜひワインの量はケチらないことをオススメ
しまーす。

*フォンドヴォーは初回なしで作りましたが、大丈夫でした。その場合、例えば
野菜の煮汁やガラスープなど少しいれてもいいかな、と思います。

*肉を煮込んだ後の煮汁を漉すとより美しい仕上げになります。私はもったい
ない(し、おいしい)のでそのままにしてます。

・・・本来なら、肉を煮込んだスープに野菜を入れて一緒に煮込んでいくのが
家庭でされてる方法じゃないかと思います。その方が手間も省けるし、色んな
味わいが出て美味しいだろうとも思うのですが、私の場合、お客様がくるなど
の機会に作る事が多いので、このレシピのやり方が定番です。それにワイン煮
のスープはなかなかに濃い〜ので、野菜本来の味わいをプティオニオンなど
で添えることで、バランスがとれる気がします。
[PR]
by aplusfleurs | 2013-01-24 21:46 | 料理・お菓子 | Comments(0)

何だかなあ・・・

と思う瞬間、ときどきあるのですが。。。

今日は水曜日、息子のアクティビテ(習い事)が二つある日。
帰りに、会場近くのパン屋さんによって、お昼に食べるパンを
買います。
このパン屋さん、けっこう美味しいし、サンドイッチ以外にも
おかずパン(?ご飯代わりに食べられそうな、ハムなど挟んだ
ピタパンなど)の種類があって、チョコレートも売ってて便利。
お客さんの出入りも多くて、店構えも立派。
最近は顔も覚えてくれてきたのか、以前は無愛想だった店員
のおばさんも、笑顔を見せてくれるようになったのですが・・・
一つだけ気になるのが、おつりを渡す時。

チャリ〜ン

と、投げ捨てるように放るんですよね。。。
最初から気になってたけど、慣れてきた今でもそうだという
ことは、彼女の癖なのかなあ。他の店員さんはそうでもないし。

・・・と、思い浮かぶのが辻静雄さんの本の中で、彼がフランス
だったと思うのですが、おつりを間違えたホテルマンに注意を
したら、そのホテルマンが間違い分のお金を投げ、バカにした
ような態度と、お金を粗末に扱ったことに怒りを爆発させた、と
いう話。

ずーっと前にも書いたかもしれないのですが、日本と比べると
こちらでは、お金や物に対して、あまり執着がないというか、
”大事に扱う”という態度があまり見られない気がします。。。
物を無くしたり壊した事に対して、「ごめんねーー」と心から
謝られたこともないし、そもそも謝ってくれることもない。夫は
わりとちゃんと謝ってくれるので、気にならないのですが、義母
は息子が大事にしてたものかなり失くしたり壊したりしてても
「なくなっちゃったー、はっはっはー」って感じで、最初はびっくり
しました。

「物を大事にする」「お金は大事に扱う」って、大切なことだと
思います。でもそういう習慣・観念がない場合、どう対応したら
いいの?我慢するだけ??「お金投げないでください」って言った
として、店員さんに分かる?

なんて、その度に考えてしまいます。

たしか「もったいない」という言葉と精神はすばらしい、と日本
を訪れた黒人の女性が言ってたのをニュースで見たけれど、
その精神を理解できるだけ、彼女はすごいのでは?とそのとき
思ったものです。
[PR]
by aplusfleurs | 2013-01-23 22:25 | フランス事情 | Comments(0)

ガレット・デ・ロワと初雪

b0117348_3115986.jpg

ガレット・デ・ロワは1月、エピファニー(公現祭)で食べる
お菓子。クリスマスはブッシュ・ド・ノエル一色、新年になると、
とたんにガレット・デ・ロワがお店に並びます。
行きつけの幼稚園近くのパン屋さんに朝息子を送ったあと
寄ったら、もうガレットがいっぱい。小さいの、4人用、6人用、、、
とサイズもいろいろ。一番小さな、おやつにひとりで食べきれ
そうな分にはfève(フェーヴ)は入ってません。
昔は、本物のfève(そら豆)が入っていたそうですが、最近は
瀬戸物で作られた小さな焼き物が入ってます。蚤の市などでも
かわいいアンティークのフェーヴは売られていて、コレクション
してる人も多いそう。
ガレット・デ・ロワを食べるときは、食べる人の中で一番年下の
人(たいてい子供が)テーブルの下にもぐって、名前を呼び、
切り分けたお菓子を配ります。フェーヴが入っていたら、その人
が王又はお妃になり、好きな相手を王又はお妃に指名して隣
同士に座る、という決まりがあります。子供には嬉しい、どきどき
するお菓子ですよね。

エピファニーから1週間たって、うちにお友達とその子供さんを
呼んでガレット・デ・ロワを食べました。息子はすでに幼稚園、
友達のお家で食べていて、3回目。近所のパン屋さんのガレット
だったけど、このパン屋さん結構パンがおいしく、ガレットも
甘さ・生地とも申し分ない味。その中に入っていたのが、これ。
b0117348_3123931.jpg

マカロンのフェーヴ。かわいい〜^Q^/ピンク、という色がまた
いいですね〜。日替わりで色が違うのか、もう一回買って試して
みたい!!

b0117348_2212227.jpg

そして、冷え込んでいた今週。金曜の夜、とうとう積もりました;
10センチくらい?でしょうか。
今日は温度が少し上がって、歩道は溶けた雪がぐちゃぐちゃに
なってる感じ。温度が低いところは凍ってたりするので、油断
大敵!用心して歩きます。
土曜日は日本の幼稚園へ行く日。うちからわりと近いのと車道は
雪がなかったので、夫が送ってくれましたが、遠い方はやはり
この雪で来られなかったりしたみたい。
いつもよりは少ない人数でした。

天気予報では、しばらくマイナス〜1℃、4日くらい雪が続くとか。
今日の少し溶けた雪が、夜に凍ったら、そしてその上にさらに雪が
積もったら、月曜日はほんと大変そう。。。
スキー用の靴をさっそく道行く人たちが履いてましたが、雪が
降る前に買っておかないと、こういう靴ってすぐなくなってしまい
ます。今からじゃ、バーゲンも重なって、これっていうのはない
かもな〜・・・雪が積もるのは何年かに一度なので、つい我慢
して買わずに済ませ、降ると悩むという悪循環。
子供の靴になると、1年たったらもう履けないので、余計にしぶって
しまい、こういう時困ります。。雨用の長靴で何とかのりきれるかな??
[PR]
by aplusfleurs | 2013-01-20 03:37 | 家族・生活 | Comments(2)

新年☆

b0117348_10453.jpg

明けましておめでとうございます。

こちらは、小雨模様の元旦でしたが、今は晴れ間が見えています。

30日、昨年最後のマルシェで買い物をしたあと、なんだか少し
具合がわるいような・・・とベッドに横になっていたら、強烈な寒気
が。あれあれ??久しぶりの感覚。用心して早くに休んだのですが、
大晦日一日フイにしてしまいました。
今日も義両親宅での食事をキャンセルして、一人家で休んでいます。
軽いガストロ(ノロウイルス)のような症状。やっと身体がしゃんとして
きました。

年末に録画した、映画「Railways」と「年の初めからさだまさし」(笑)
を見つつ、ゆっくりしています。

日本の映画、前は見なかったけど、だんだんと郷愁にひかれるように
気になって見るようになりました。
映画は、映画らしく盛り上がるように作ってあるけれど、細部の描写は
「きっと、これが本当の日常なんだな」と感じさせてくれます。。。
電車で、運転手さんの後ろから運転される姿を見るのが好きでした。
きっちり、時間を指止しで確認、道中の表示をきちんとチェック、狂い
なく運転。いつもすごいなあと思っていたけれど、この映画でも、乗客
としては見えないところが垣間みれて、ああ、こういう人達のおかげで
きちんと電車が運行されてるんだなあー。。とまた感動。

フランスの電車、地下鉄、最近作られた車体でも、すぐに汚れてしま
っています。おそらく靴で生活する習慣から、床は汚れて当然だ、と
いう感覚なのだろうと想像するのですが、日本の電車の清潔さとは
比べ物にならないのです。毎日、きちんと点検・掃除されているから
こそ、なのだと思います。

映画のように、愛情もって仕事をしている沢山の人が日常のいろいろを
支えてくれている。日本ではよりそれが顕著だと感じます。

当たり前のことって、そういう沢山の努力に支えられてるんですよね。
有り難い事です。

今年は、よりそういうことに敏感に、そして自分も何かでお役に立てる
一年にしたいと思いました。。。
まずは、健康から!!(年末からけつまづいてますが・・・)

皆様にとって、より良い嬉しい一年になりますようにお祈りしております。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by aplusfleurs | 2013-01-02 07:41 | Comments(4)