<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ネズミの贈り物

b0117348_23192982.jpg

フランスでは、乳歯が抜けると、抜けた歯を枕の下に
入れて寝る。そうすると、夜中にネズミ(souris)が来て
歯を取る代わりに、硬貨を置いて行くと言われている。
だから、歯が抜け始めた子供達は、ネズミの贈り物が
楽しみで、

「昨日、ネズミが○○ユーロのコインをくれた!」

とか言って、喜んで友達に自慢する。

うちの息子も最近になって、続けて歯が2本抜けた。
フランスにいたとき、すでに周りの友達は何本も抜けて
何回もネズミの贈り物をもらっていたので、抜けたとたん、

「sourisが来る!どこに歯を置いたらいい??」

と真剣な顔。一回目は500円を(ねずみに変わって私たちが)
置いておいたら、いつもは夜中にトイレに起きたあと、私たち
のベッドへくるのが習慣になっていたのに、興奮のあまり
疲れたのか、朝まで自分のベッドで寝ていて、6時頃、

「sourisが来た〜!!お金があったーー!」

とバタバタと私たちを起こしに来た。
そして、この間、2本目が抜けたのだけれど、お昼のパンを
食べていたときにどうも飲み込んだらしく、本人は全く気づいて
なくて、私があれ?と思ったときには、無くなっていた。
そこで、歯がないので、ネズミにお手紙を書こう!と息子に提案、
見本をみながら、本人に書かせて、枕元においておくことにした。
今回は、夫が「何か小さなプレゼントをネズミの贈り物にしよう」
というので、ほしがっていたアンパンマンの携帯電話を買って、
枕元に置いておいたら、またいつもより朝早く起きて、大興奮。

「cadeau(プレゼント)がある〜!ネズミがプレゼント持って来てくれたー!!!」

やっぱり、子供にとっては、こういうイベントは楽しみなんですね〜。
小さい頃、クリスマスや誕生日を特別に祝う家庭でなく、私自身
もそんなに興味がなかったので、ついついこういうことをなおざり
にしてしまいそうになるけれど、大事にしてやらないとなあと思う。
(日本では、とれた乳歯は下の歯なら軒先へ、上の歯なら縁の下?
へ投げるということもすっかり忘れていて、夫の日本語の授業で
先生がそう言われた、と聞いて思い出した私・・・いい加減;)


そして、ねずみがくれたプレゼントのお礼に、クッキーを焼くと
いうので、幼稚園へ行っている間に生地を用意して、型抜きの
クッキーを息子と二人で作った。
b0117348_23115896.jpg

くちゃくちゃだけど、息子はとっても満足そうで、これを枕元に
置いて寝ました。(あまりの生地で作った、ネズミの顔)
クッキーの型もクリスマスのもので、ちょっと他の買えばいい
のに。。と自分でも思うけど、その辺はずぼらです。
そして、息子は

「どうして、フランスのネズミが日本のアンパンマンを知ってるの?」

と不思議がっていた。

ケーキを作ったりしていると、息子もしたがるので、最近はピザ
など一緒に作ったりしている。正直に言えば、急いでいる時は
手間と時間がかかるので、ちょっと困ることもあるけれど、やっぱり
そういうチャンスを大事にして、料理を好きになるきっかけ作りに
なるといいなと思う。
[PR]
by aplusfleurs | 2014-06-10 23:23 | 出産・子育て | Comments(0)

時間がない

家具もだんだん揃ってきて、生活の基盤も整ってきつつあり、
そろそろ余裕が出てもいいのにな。。。と思うのに、何だか
いつも時間がない。
息子の幼稚園の用事、夏に向けての準備(真夏の暑さに備えて、
クールパッドとか、扇風機を購入)やら、その時々でちょこちょこと
することはある。でも、それが原因じゃない・・・

ずばり、新聞。そしてテレビ。
フランスでは、新聞はとっていなかった。(えーー!と驚かれ
そうだけど)夫によれば、「毎日読む時間はない」。
全然読まないわけでなく、読みたい時にキオスク(メトロの駅
近くによくある)で買って読む。普通のサラリーマンなら、新聞
毎日読むのが常識じゃないの?と思うけど、夫の会社でも毎日
新聞取ってる人なんていない、とのこと。

営業職ではないけど、かなり知名度はある会社だし、時には
お客様(一般の人でなく、会社が顧客)に説明にも赴く。
みんなそうだとは思わないが、確かに私の周りで新聞取ってると
フランス人が話してるのを聞いたことがない。

「日本だったら、それ非常識って
 思われるよー」

と偉そうに言ってたけど・・・
久しぶりの日本、日本語。言葉が難なく頭に入って、スラスラ
理解できる、この素晴らしさ。
爽快感さえある。
毎日面白そうな情報が溢れている!!もったいない!
と新聞は気になるところを読むまで、気になるテレビの番組は
なるべく録画・・・とやっていたら、どんどん溜まってしまった。

「最近時間がない・・・」

と夫に話していて、「どうして?」と聞かれ、「新聞もなかなか
全部読めないし、テレビもあるし。。。」と答えたら、
「ほーら、やっぱり時間ないやん!(関西弁ではないけど、気分
的にこういうニュアンス)」と言われてしまった。
それだけじゃなく、今までフランスで買えば2〜3倍する日本の本
もネットですいすい買えるし(しかも即とどく)、実家に預かって
もらっていた本も、一杯溜まってる・・・(毎晩夜更かし)。
でも、まずは新聞がかなり時間取ってる気がする。
美術館の情報やら、地域の情報、よーく見ないと見逃してしまうような
ところに興味のあることが載っているから、ぼーっと読めない。
一度にこなしてしまおう、とテレビの録画を見ながら新聞眺めたり
アイロンかけたり。。。と欲張ると、テレビのいいところ見逃したりして
慌てて巻き戻し。
・・・どうも、理解・処理能力が低下してることも大きい気がする。。。

あふれる情報に嫌気がさして、渡仏前はあんまり有難みも感じ
なかった新聞やテレビだけれど、必要な情報もあり、面白いものも多い。
何より、自分の中で日本語に対する価値観が高まってしまった今、
無駄にはできひんと思ってしまう。
家にいるから、こんな贅沢も言っていられるのですが。。。
新聞読まずにいたら、整理や掃除も楽、時間もできる、と思うけど、
今は方法の問題かな、どうしたらうまく時間を使えるかな〜と
考え中です。
[PR]
by aplusfleurs | 2014-06-10 19:27 | 家族・生活 | Comments(2)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧