<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

息子のことばの成長〜続バイリンガル〜

今日は秋晴れ、いいお天気。空気は冷たいのに、何だか
数日前より太陽の光がものすごく強く感じます。
b0117348_2301417.jpg

息子のことばの状況、前回書きましたが、常日頃日仏語に
ついて色々考えているせいか、力が入ってしまいました。
というのも、よく人から言われるのが(日仏問わず)

「じゃ、彼はバイリンガルね〜」
「両方話せて、いいね〜」


という言葉。いやいや、そうでもないんですよ・・といちいち
答える訳にもいかず、「なかなかですけど・・・」と言葉を濁す。
私自身、全然海外と縁のなかったころは、そう思っていたし、
日本で活躍されているハーフの方も多くなり、そういう人達の
多くはほんとに両言語巧みに操られているので(ほんと、どう
やってここまで、というくらい素晴らしい)、そう思われても
当然かと思います。
でも、実際の在仏の子供達の現状、息子との実生活を顧みる
と、かなり想像とは違う。
ということで、前回思うように書けなかったところ、補足です。

今、息子は、生活の中でぐんぐんと日本語を吸収しています。
フランスでも私は家でずっと日本語(関西弁)を息子に話し続け
ていたのに、言葉の面で成長が遅かった彼。
私がフランス語を話し、理解することも知っていたので、私の
日本語の質問にフランス語で答える・・・という形に落ち着いて
しまっていました。
日仏カップルで、真剣にこれを回避しようとする場合、又は
親御さんが日本語にきちんと対応されているときは、小さい頃
から、日本語を話す片親はフランス語を理解できないという
態度を貫き、日本語で答えるよう習慣をつけさせるようです。

私の場合、ギャルドリー・幼稚園・ご近所に日本人はいず、必然
的にそういう場では私が仏語を話さないといけなかったため、
息子の前だけ「話せない」ふりをするのは不可能。
息子も、仏語にしろ日本語にしろ、かなり言葉が遅くて、片言が
出て来た時点でギャルドリーに入ったせいか、話し始めた日本語
も仏語に変換されてしまいました;

そこで、日本語教育を徹底するより、本人の“話したい”気持ちを
優先。もしかしたら、それは必要ないばらの道を避けた・・・と
言えるかもしれないけれど、言葉が出ない苛立ちというか、もやもや
したものがこちらにも伝わって来ていて、せっかく出た言葉を「それ
は違うよ」とか「日本語でないとダメ」と否定するのは、子供の自信
を奪うような気がしたからです。

まずは、自分の気持ちをスムーズに伝えることが第一で、日本語も
フランス語も、嫌いにならずに、好きになる可能性を残したい・・・

子供の性格、親の性格、いろいろあると思うので、どの方法が1番
なんて誰にも言えないとするなら、親の自分が信じる方法をとるしか
ない。

ということで、息子には何の強制もしていませんでした。
自己主張が強く、感情の表現がはっきりしているフランス人の子供
達の中で、どちらかと言えば日本人的な、感情表現のへたな息子は、
ギャルドリーや幼稚園でもどこか遠慮していて、何とかそこにおさ
まるように、周りを見ている感じがいつもしていました。ようやく
幼稚園の年長クラスに入って、周りのお友達と対等に言葉掛けをし、
主張を始められたなとほっとしていたところで、日本へ。

・・・本当のことを言えば、片言や変な造語(息子語、と夫婦で
呼んでいた、「エスカルゴ」=「エッカルゴ」、「あんぱんまん」=
「あんまん」など)は何ともいえず可愛らしく、それを楽しんでいた
かった、というのが第一です。時間がたてば徐々に自分で修正して
いくだろう、そしたらこれが聞けなくなる・・・と。
今のところ、まだまだ息子ことばは存続中。彼の、フランス語で鍛え
られた(?)耳には、私が「こうじゃない?」と訂正しても、

「ち・が・う!」

とつよ〜く否定するくらい、日本語が違う音で聞こえるらしいのです。
「〜なの?」は「〜だの?」、「幼稚園の帽子」は「帽子の幼稚園」・・・
「〜の〜」はとくに感覚が掴みにくいらしく、何度こちらがさりげなく
言い直しても、そのまま。フランス語でもそういう“勘違い”言葉は長く
間違えていたので、これも時間との勝負かな、と思います。
私は「〜だの?」がお気に入り(?)。
幼稚園では標準語を聞いているせいか、私が馴染みのない「〜じゃん!」
や「〜でしょ!」も違和感なく取り入れ、こちらが圧倒されるくらい
なのですが・・・

面白いことに、今まで私の関西弁を聞いていても、息子はまったくと
いっていいほど、日本語で話すときも関西弁は使えず、ところどころ
興味がある言葉に反応する程度で(私が面白がって使っていた「えらい
こっちゃ」とか語尾の「〜やわ〜」とか)、自分で使うことはなかった
のに、最近になって私の言葉を真似するようになりました;
ふとした拍子に出てくる、変な調子の関西弁。

疲れたわ〜(関西弁のイントネーションに似せて)

笑ってしまいます。
色々な日本語に接する機会(幼稚園、テレビや外出先、私のお友達
など)が増えて、頭の中の整理がついて、ようやく応用できるように
なったんだなあと思います。

まだまだ同い年の子供のレベルには追いついてないなと感じることも
あるけれど、本人はとくにそれをコンプレックスとは思ってないことが
私にとっては救いです。
今は、小学校入学とともに比重が日本語に完全にうつってしまわない
よう、フランス語を先生に習いに行っています。
フランス政府から送られてくる、通信教育も始め、週末には夫が教え
て、私が普通の日は最低限のチェックをする・・・というペース。

このまま、両方の言語を好きに、そして上達するように・・・なんとか
息子の気持ちを支えていきたいなと思う毎日。
[PR]
by aplusfleurs | 2014-10-08 23:00 | 出産・子育て | Comments(0)

言葉のこと、とバイリンガル

b0117348_2157616.jpg

秋になり、来年の小学校入学前に色々考えないといけないこと
がありました。
夏前、言葉や情緒面での訓練をしてくれる発達センターという
ことろで面談をお願いしました。幼稚園で小学校入学前に何か
あれば・・・というチラシをもらったこと、良く似た境遇のお友達
もそちらに通っていると聞いたことからです。

それなりに幼稚園にも溶け込めているようでしたが、お友達の
名前がなかなか覚えられず、できないことがあっても先生や
お友達に聞くのはイヤ、出来ないと幼稚園行きたくない・・・と
いうことがあり、何より参観日、授業が始まる前、一人遊びを
していて、お友達から声をかけられているのに、あまりそれに
答えず、ずーっと一人で遊んでいたのが何となく気になりました。


今までも何度がこちらで書いてきましたが、海外で生まれ、
片親が現地語でなく外国語を話していたとしても、自然に
子供が話せるようになるということではありません。
フランスでは、アラブ圏、アフリカ圏、その他ヨーロッパや勿論
アメリカなどの親御さん、フランス人とのハーフもいて、もしも
親が全く話せなくても、子供が学校へ行くようになり話せるよう
になった、という人はよくいました。
また、先生方もそういうハーフや出身国が違う子供達にも慣れ
ていて、扱い方をよく知ってられました。
一概には言えないけれど、日本語は言葉としても特殊で、片親
がフランス人、もう一方が日本人であっても、多くの子供(特に
男の子)が両方の言語を習得するのに苦労している、というの
を聞いたり見たりしました。女の子はおしゃべりが好きだからか
男の子に比べると、ずっと早くに上手にお話できてる子が多か
った。

言葉は話せても、読み書きができなければ、習得は困難。
幼稚園の時点では、読み書きを習っていないので、耳からの
言語習得しかできてないのです。また、反対に言えば、日本で
育てられた場合、日本語にはないフランス語の発音を聞いて
理解できていなければ、正確な発音は学べない。ということに
なります。

困るのは、息子は私が話すのを聞いていて、フランスでも日本
の幼稚園に週一回通っていたので、全然話せない訳でなく、
むしろ、

「えー、お話上手ですね〜」「日本語話せるね」

と言われることも多く、でも実は言葉の意味が本当に分かって
いない場合もあり、想像で答えたりするので、求められている
答えとは違うこともあるのに、相手はよく分かってる、話せる、と
思ってしまわれることでした。
b0117348_21575261.jpg

発達センターでは、IQテスト、小児科(精神科)医の先生との
面談があり、テストは日本語で行われるので、息子にとっては
ハードルの高いものでした。
先生には、社会性の問題、フランスと日本では子供社会の位置
関係、関わり方が違うせいで、日本の子供達の中で自分の居場所
を見つけるのが苦手なのかもしれないという指摘をされました。
また、もしそれが言語の遅れの問題であったとしたら、息子の
ような性格(わりと大人しく、問題行動はない)だと、勉強の遅れ
が顕著になったところで、ようやく気づく事がある、とのことでした。
そのフォローをどこか、親、または専門の機関などでしていくこと
が大事だと。

特に、

「うまくやっているように見えても、本人が楽しいと思っている
かどうか」


という指摘には、ハッとさせられました。

と言う訳で、小学校入学に際し、ことばの教室に体験入学。
発達センターでのテスト結果の懇談が小学校の申請のギリギリ
で、それならば、教育委員会の担当部署に体験入学を相談され
たら?という言語療法士さんのアドバイスがあったからで、それも
こちらの不安を電話や対面で相談して得られた情報だったので、
気になることは、正直に納得行くまで聞くべきと感じました。
教育委員会に直接電話したときも、担当部署が違うと、違う答え
だったので、ちょっと戸惑うこともありましたが・・・
最近は小学校入学前、入学してからも、そういったバックアップ
体制を整えられている行政が多いとのこと。有難いことです。

もしことばの教室をお願いするなら、今指定の校区だと、別の
小学校まで連れて行かないといけない、ということで、ことばの
教室がある小学校に学区外申請をしようか迷っていたけれど、
体験してみての息子の様子、担当の先生の感想、また発達
センターの担当の方の見解を総合して、指定校区の小学校へ
行く事に決定。

今まで、フランスで育って来た分、知らない間に身につけている
はずの知識が、すっぽり抜け落ちている訳で、その辺り、よくよく
気をつけて補ってやらないといけないなあと反省しています。

「小さいうちなら、まあ何とかなるんじゃない?」

と思われることも多いけれど、口で表現できない気持ちのギャップ
が大きくならないよう、分かり合えるお友達、相談できる大人を
作って、そして親である自分も、さりげなく目配りする冷静さを
もたないと・・・です。

フランス語はいい先生も見つかり、夫も週末にフランス語の勉強
を開始、ひらがなも少しずつ読み始めて、そこまで心配はしていな
かったものの、自分の中でひっかかっていた部分がはっきりと見え、
二つの言語をきちんと学習していくこと、二つの文化の中で育てる
ときに大事なこと、など春先から秋にかけて、考えるよい機会でした。
[PR]
by aplusfleurs | 2014-10-04 22:02 | 出産・子育て | Comments(0)

息子の生活(2)

b0117348_1446522.jpg

10月になりました!
道を歩いていても、どこからともなく金木犀の花の香りが
漂ってきて、本当にいい季節。こういう、季節毎の匂いが
あるところ、日本って素敵だな、と思います。

9月から、すでに涼しくて、関東だから涼しいのかと思って
ましたが、今年は凌ぎやすい残暑だったようですね。

さて、運動会シーズンの秋。行事も多いし、息子も秋から
本格的(?)に習い事を始めたこともあり(といっても2つだけ
ですが)、本当に9月は早かったです。
さらに、バスの時間が10月から変わり、50分早くなったので、
お弁当の日はちょっとドキドキです。来年春からは、もっと早く
なると思うと・・・夏以降たるんでしまったリズムをきちんと
せねば!!

さて、幼稚園も運動会が迫り、練習も佳境に入っている様子。
鼓笛隊・組み体操・旗体操・ダンス、とまあ、そこまでするの?
というくらい、盛りだくさんのようです。

しかも、今週連続4日だか5日だかの野外練習だそうで(親
には知らされていない)、今週予防接種の予定がある息子、
こちらは体調を崩さないかハラハラです。

フランスではクラスや学校一体の行事と言うと、息子がいた
幼稚園では春先のパレードと、学年末のカルメスのみ。
遠足らしきものもありますが、年初の説明会で、一年のおおよそ
の行事について説明があり、実施される日の1週間前くらいに

「〜があります。付き添い○○人必要、
ご希望の方は名前を書いて下さい」


と教室ドアに張り出しがあって、書き込む仕組み。
気づくのが遅かったり、すでに先に希望の人が一杯になればアウト。
という、しごくあっさりしたものでした。
公立でも私立でも、働くお母さん(つまり共働き)が多いのですが、
そういう時には都合して、なるべく行きたい!という人が多かった
印象。職種にもよるけれど、簡単にお休みがとれる環境が整って
いて、周りも違和感なく受け入れていて、社会全体の感覚の違い
を感じました。
公園、映画、栗拾い・・・園外行事はすべて「sortie」(外出)と
呼ばれてました。
お弁当持参のときは「ピクニック」、日本のお弁当と違って、
バゲットにハム・チーズをはさんだサンドイッチに、ポテトチップス
の小袋・・etc.と、フランスでは簡単なもの。

sortieには私も2度ほど、夫も一度参加しましたが、一度なんて、
予約していたバス(市の管轄)が、違う約束に行ってしまい、朝に
なってキャンセルなんてこともありました。スタンバイしていたのに
拍子抜け、先生は怒っていたけれど、そういう“予想外”なことって、
フランスではわりと日常茶飯事。
先生も怒るといっても、文句言うくらいで、お手上げ、という感じ。

日常の勉強は、幼稚園の年中組くらいから、少しづつ文字や数字、
時計などの勉強を始め、年長組は小学校入学に備えての勉強が
本格化する感じ。細かい父母への説明はないのですが、個別に
お迎えのときや、学期末等、尋ねると丁寧に答えてもらえました。
先生によって、勉強の仕方や方法は違っていたみたいだけれど、
息子に限って言えば、幼稚園での勉強はとても好きで、先生から
は集中力を褒められていました。学期末には、勉強のノート、描いた
絵を全部持って帰り、そこでどういう風な勉強をしたのか、評価は
どうだったのかが分かりました。
日本の幼稚園のように参観日があり、クラスに入って見学できる
なんてことはなく、親は完全閉め出し。家庭訪問もなし。

それと比べると、日本の幼稚園は参観日が結構あって、誕生会に
授業参観、バザー・・・と、親が園内に入る機会の多いこと。

勉強の度合いはかなり少ない(8時半ー16時半のフランスに比べ、
日本は10−14時ですから)けれど、運動や音楽が多く含まれて
いて、課外活動として芸術・運動の習い事をお休みの日(水曜日)
や放課後にしていたフランスに比べると、バランスはとれてるのかも?

幼稚園といえど、フランスでは勉強を中心に躾ける、日本ではお遊び
中心で勉強に慣れさせる、といった感じでしょうか。
これは「小さいときは遊ぶ」という日本の感覚と言うか、文化から来て
る気がします。

ただ・・・行事が多すぎ、行事を完璧にしようと日々の生活がそこに
振り回されてる日本に比べ、先生の個性ややり方によって変わると
はいえ、フランスはしっかり教育する、枠組みよりも中身が重視され
ていたなと思います。

そして、フランスでは日本人の自分をとても意識させられていたのに
やはり、向こうのやり方や習慣に慣れてしまったのか、、と思ったのが、
質問したときの対応についての違和感。
フランスでは聞いたその時に、くっきりはっきりと(その時に分かる事
だけではあっても)先生の意見や子供の生活態度について納得いく
答えがすぐに聞けたのに、日本の先生はどこか曖昧というか、明確
な答えが返ってこない。子供に対する考えが固まってないのだろうか?
親に対する遠慮なのだろうか?と思ったことも。ようやく最近、のぞむ
答えが得られたけれど、そこの違いは何なんだろう?と考えてしまい
ました・・・
[PR]
by aplusfleurs | 2014-10-04 01:12 | 出産・子育て | Comments(0)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧