<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

気にする

b0117348_12533271.jpg

小学校生活もだんだん慣れてきた様子の息子。
でも、まだ「この人がお友達!」という子はない様子。
幼稚園のときも、ずいぶんたってから、お友達の名前
が出てくるようになったので、最初は仕方ないなあ〜
と思ってました。

でも・・・ちょっと気になるのは、何か持って行くものが
あるとき、家で揃えないといけないものだったり、また
服装が特別である(それぞれが準備する)とき、など

「みんな、どんなの持ってくるの(着て
くるの)〜?」
「これ、みんなといっしょ〜??」


とすごく気にすること。

「別に一緒でなくても、だいじょうぶだから」とか、「まあ
一緒だと思うよ」とかその時々で答えていたのですが、
こういうのは幼稚園でもありました。

最近仲良くなった近所のお友達に話すと、

「自分が周りから浮くのがいやなんじゃない?」

と言われ、もしかしたら、容姿が(やはりハーフなので)
多少他の子と違っていることを無意識のうちに気にして
るのか!とようやく気づき。。。

今日も夫が用事で会社を休んでいたので、スイミング
の付き添いに行ってくれたのですが、

「えー・・・パパなの〜??・・・」
「パパ日本人じゃないから・・・」


と。目立つ、とかイヤだ、とかまでは言わなかったけれど、
やっぱりみんなの中で一人違うことを避けたいんだなあ〜
と分かりました。

「どうして??フランスでは、ママ一人日本人だったよ。それ
いやだったの?周りはみんなフランス人(ヨーロッパ人)だ
ったでしょ?」

というと、少し、あ、というような顔をして、微妙に何かを
感じたような雰囲気でしたが・・・

フランスでは感じなかった、日本人の中にある、特異な物を
排除する空気みたいなのを肌で感じて、自分が芯から溶け
込める、気を許せる場所ではないと無意識のうちに思って
るのかなとこちらも不安になりました。
まだ小さいと思っていても、そういうときの方が、集団生活や
いろんな新しいことに敏感なもの。これから思春期にかけて
どんどん繊細な感情が芽生えてくるのだろうなあ・・と。

それまでに、何か一つ、自分がこれが好き!とかやりたい!と
いうものを見つけて、自信にしてやれたらいいのですが。
[PR]
by aplusfleurs | 2015-06-16 22:51 | 出産・子育て | Comments(4)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧