<   2017年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

客観的な現実主義 〜10年経ちました〜

b0117348_11482979.jpg

この夏、お知らせしていたように、今まで休眠状態だったサイトを
閉鎖いたしました。
もうそろそろ、見られなくなるんだなあー、と頭のどこかで考えて
いたものの、用事もあり、ふと気づいてみたら、期限が過ぎていて
サイトは見られなくなっていました。

こちらのブログは、結婚渡仏に際して、フラワーアレンジメント教室を
一時お休みするので、お知らせをリアルタイムでできるように、と
開設したもの。
2007年の渡仏時に、引越しのことから始めて、10年が過ぎました。

2014年、夫の転職に伴い、日本に帰国してから、又花に関することで、
何か始められないか、とずっと頭の片隅に置きながら今まで来ました。
(今も、自分の中で探し続けているのですが)

結婚、出産が遅く、同時期に来たので、一般的な年齢で人生の色々を
済まされた方なら終わっていることが、本来の年齢で来ることと、只今
重なって来ているようです。
人生は人それぞれ。

タイトルにした、客観的な現実主義、はハドソン川の奇跡のモデルに
なられた機長さんの言葉です。昨日、偶然に録画した番組を見ていて
とても心に残り。。。無理矢理(笑)。
奇跡的なことを成し遂げた方のような、歴史的な出来事の真っ只中で
何かと戦っている訳ではないのですが‥‥
これは、どこかに書いておきたい、とタイトルにつけてしまいました。

でも、もしかして、誰でも、意識せずに、ずーっと大変なことの中で
ものすごい選択を毎日していて、それは運命的な出来事に関わって
いるのかもしれないなあ、と思ってもいます。

おかげさまで、このブログも、細々と続けられているのは、最近、色々
な機能があって、毎日のアクセス数も見られ、一定の方が見て下さって
いることに、大いに力づけられているからです。
知り合いの方からのコメント、または声かけもあり、本来の目的だった
お花のことで書いていなくても、気にして下さる方がいるのは、本当に
有難く、嬉しいものです。

アクセスを見ていると、やはり、フラワーアレンジメント、特に、私が
渡仏の最初の目的とした、フランスのお花の資格について、または生活
(特に、出産)についての記事を見てくださる方がコンスタントに
いらっしゃることに思い至りました。
以前から、漠然と、ここで書いているように、バラバラに書くのでなく、
他の方法はないだろうか、と感じていました。
自分が渡仏したきっかけ、経緯、渡仏最初の頃、又資格取得までの道のり
にフォーカスしてまとめてみたら、そういうことに興味のある方のお役に
立つかもしれない、とアクセスを見ていて思いました。

‥ということで、多分(いや絶対!)こちらでなく、コツコツ、十数年
の道のりを、どちらかで公開したいと思っております。


[PR]
by aplusfleurs | 2017-09-14 11:49 | お知らせ | Comments(0)

夏のベランダ

b0117348_22252374.jpg
新学期が始まった、と思ったらもう9月も半ば。。。

台風、嵐。。過ぎて(また来てますが)、空はすっかり秋。
日中は暑くても、夕方になると爽やかな風が吹いている我孫子です。

さて。
毎年のことですが、息子の宿題、と授業のための植物育て
が夏休みの楽しみでもあり、悩みでもあります。
今年は、理科が「オクラ」、こちらは学校である程度育てて
鉢を持って帰り、新学期までお家で育てなさい、でした。
そして、総合で「きゅうり」。これは、育つ様子を観察するのが
目的だったようで、1学期末「早く種を植えて!」とせっつかれ
植えたら、間引きは「かわいそうだからしないで!」と懇願され
仕方なく、プランターと丸い鉢をそれぞれ2個ずつ買い、育て
ました。
b0117348_22302867.jpg
b0117348_22313402.jpg
これはきゅうりの丸鉢。プランターのは写真なしですが、
b0117348_22312345.jpg
この、朝顔のプランターと同じのが2個。
朝顔も、学校でもらったのを、今年は植えたい!と育てた
もの。
b0117348_22313094.jpg
これは夏の様子ですが、枯れかけながら、まだ咲いてくれて
います。
b0117348_22312792.jpg
こんな花もつけていてくれたきゅうり。。。でも、ネットで
見た情報に従って、下葉を何枚か、ある程度伸びたら先の方も
積んだ方がいいというので。。やったら、なんと、勢いがなくなり
今は枯れそうになっています。いろいろ、本も見てすればよかった
のに。。。ちょっとおかしいと思っていたのに。
1本だけ、一番勢いのないのはほっておいたら、それだけが今
ツルを伸ばし、花を咲かせています。
が、なぜか、すぐ花が落ちて、一向に実のなる気配なし。
実のなる花は、すでに萼のところがきゅうりの小さい版のように
なってるみたいですが、それがない。。。
実家で作っていたのは、嘘のようになっていたのに、こんなところ
でつまづくとは。ガーデニングは失敗も多く、コンプレックスです。
b0117348_22315310.jpg
b0117348_22315864.jpg
バジルとミントのプランターが各1個。
ミントは丈夫で虫もつかず、花がつきすぎたり、いらない葉が
あれば除くくらい。
バジルは、美味しいので虫が付いて葉が白くなったり、病気に
なったりするので、ニーム液をかけ、葉水を霧吹きでかけたり
去年に比べたら、こちらはまだ元気に、一応無事に大きく
茂ってくれています。お料理にも使うので、なんとか病気に
ならず、元気でいて欲しいです。
売っているのと比べたら、少々葉も小さいし、、やはり、農業
されてる方々、すごいなーと思います。。

そして、貰い物の種から育てたペチュニア。
実家に息子と帰っている間に、病気になってほとんど取り除い
てしまったけれど、また新しい葉が出てきてくれてます。
これは、夏の間の元気な時のもの。
b0117348_22323718.jpg
b0117348_22324116.jpg
b0117348_22324395.jpg
いろんなのが次々出てきて、もっとピンク、白、薄いの。。
だんだん小さくなってきたけれど、ペチュニアは咲く端から
切った方がいいというので、
b0117348_22324657.jpg
b0117348_22324906.jpg
草花系、茎も柔らかいから、どうかなと思いつつ、ミニブーケを
テーブルに飾っていました。
b0117348_22325332.jpg
b0117348_22330786.jpg
これは、シンク横。
あるだけでふわーっと明るくて、かわいいです。

枯れてしまうのかな、と思っていたきゅうり、丸鉢の方は
除いた下葉のところから、新たに葉が出て、再生するかも。
もう、秋なので、収穫は望めないでしょうが。。。

今回、実家に帰省中は夫が水やりをしてくれたのですが、
言った通りを様子を見ずにあげていたようで、ペチュニアは
病気になってしまいましたが、他は何とか無事でした。
夏休みは、植物たちをどうするか、特に、暑いさ中は3日も
ほったらかしだと心配。。。
おそらく、来年もお家で育てましょう〜という課題が来る
だろうし、、対策、知りたい!

そして、もう一つの問題(?)は、この増えた鉢たちを
片付ける時の、土の処理です。。あー、どうしよう。

[PR]
by aplusfleurs | 2017-09-13 22:55 | 花屋・花・植物 | Comments(0)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧