La vie continueーちょっとフランス語4−

b0117348_10494391.jpg
12月の帰省話を早く、と思いつつ‥‥

1月の終わりから、いや、昨年夏以降から、いろいろ慌しく
なりました。12月の帰省も、その中に入るのですが。。。

2月の引越しの後、まだ整理のつかない中、一昨年あたりから
患っていた父の容態が悪化しました。最後の日の前日、担当の
先生とのお話があるとのことで、急遽帰省したのですが、
その時が私にとって最後の父との面会となりました。

先週全てが嘘のような速さで済んでしまい、今は現実だったのか
自分でもよく分からない心境です。

フランスでも、親しい方との別れがあり、また、身近な人に
大変なことが起こった時、この言葉を聞きました。

"La vie continue"
(それでも)人生は続く

日本語訳は直訳ですが、何事か予期していた、していないにかかわらず、
大きな人生の節目となるショッキングなことが起こった時、当事者の方が
よく使う言葉。
それでも、日常は(人生は)続いていく。残された者は、生き続けて
いかなければならない。
b0117348_10495584.jpg
先週、一つ一つ片付ける中で、私の頭の中にずっとこの言葉があり
ました。他の人の口から聞いた時は、その人の強さを思いましたが、
今、当事者となると、支えとなる言葉です。

日本語でもそう言った言葉があるのでしょうが、思いつかない。
フランス語は、こういうとき的確な表現があるなあと感心する
のですが、この言葉はとくにそう。

これから何ができるだろう‥‥とも思わせられる、ずっしりと
重く心に響く言葉です。


[PR]
# by aplusfleurs | 2017-02-14 10:54 | おまけの話 | Comments(0)

先週末(引越しに思うこと)

b0117348_11014417.jpg
またもや、我孫子市内で引越しました。
今まで朝に夕に拝ませていただいていた、太陽や富士山。
こんな景色が見られなくなるのは、残念ですが。。。
b0117348_11044353.jpg
そうは言っても、ほとんど生活圏は変わらないので、あとは
新しい場所に慣れるだけです。

考えてみれば、在仏の間も、単身の時で3回、結婚してから
3回、そして2014年にフランスから日本へ、我孫子に
来てから2回目の引越し。
29歳まで日本のひとところに暮らしていたことを思うと、
渡仏の時以降、ガラッと変わって引越し三昧⁉️な生活。
2007年からの10年で(上記には入れてないけど、日本
でも2か所に住んでいたので)約8回。ほとんど毎年ですね。

それなのに、毎回、あー、これ、こうだったなあ。と忘れて
いること多し。次回は(しばらくは動きたくないですが)、
しっかり要所を確認できるように、覚書きしておこう‥‥
何より、断捨離!前の家より狭くなったので、不必要なもの
をきちんと見極めて、要るものだけをしっかり選びたいと
思います。

そして‥日本からフランス、フランスから日本のときには
感じなかったけれど、前回、今回思ったこと。

夫が日本語にまだ不安があるので、手続き、引越しなど、
全て私にかかってくると、なかなかに大変。。。引越し業者
さんも、(ま、これはどのご家庭も同じとは思いますが、、)
家具の配置などは私で確認されるし、仲介業者さんや管理会社
さんへの諸々も、私でしか対処できないし。結局、3人で
行動を共にするので、非効率。それぞれが用事を済ませられ
たら、効率的だろうなあ、と。
そして、またその諸々についてをフランス語で夫に説明する
時間もかかります。。(これが、長い。日仏の違いがまずあり
夫が納得するように説明するフランス語スキルが落ちていて、
もう、説明する時間も惜しいのに〜!という心境になります)

いやいや、単身赴任や男性はお仕事で大変な場合、これは
全て奥さんのお仕事ではあるのですが、書類関連、確認する
だけでも結構時間がかかります。
その合間に生活のこと(食事や洗濯・掃除)が入ると、、
こういうときに、判断の早い遅い、わかりますね〜。
頭を使うこと、やっておかないとなあ。。。

書類やメールの住所関連の届け出変更もあるけれど、今週末
までに、なんとか気持ち良く過ごせるように、手付かずの
段ボールたちを片付けなくては!!

さて、頑張ります〜♪





[PR]
# by aplusfleurs | 2017-02-01 11:29 | 家族・生活 | Comments(0)

ひとり京都

年末のフランスから、私ひとり一足先に関西へ帰りました。
本当なら、息子を連れて何日か実家に滞在するつもりでしたが、
チケットがうまく取れず。。。
(夫にとっては、息子が年に一度はフランスに行くことが大変
重要で。。気持ちはよくわかるのですが、私もせっかくなら
両親に息子を会わせたいのに、私と一緒に帰れるチケットは
高い。。か、もう席がない。ということになり、諦めました。
しかも、今回はフランスから日本へ帰ってくる日が始業式の
前々日で、おいおい、時差はどうするの?体調戻すの大丈夫?
とつい心配に。
案の定‥025.gifってことになりました。その話は、フランス篇で)

ということで、私ひとり、いろいろ用事もあり、2泊3日の
滞在のほとんどが約束ありの外出ということに。
ただ、思っていたより時間がかからずに用事が済んだときに、
ふらふら京都の街をひとり歩きできて、久しぶりの空気感を
味わいました。
錦を抜けて、お花屋さんで我慢できずお花を買い、義母に頼まれ
たものを買い、寺町を抜けて北へ抜ける間の、昔よく寄ったお店
の近く、好きなお茶屋さんや古道具屋さんを見ながら歩き、夫が
大好きで、二人でよく行ったフレンチレストランを過ぎ、お世話に
なっていた美容室の前まで来たら、もう御所。
通っていた高校の前を通り、、、ずいぶん歩きました。

まるで、昔を振り返る時間旅行をしている気分でした。
それとともに、自分の中の忘れてしまっていたいろんな感情を
再確認しているような、不思議な旅でした。
泊まったり、遠くへ行くことが旅だと思っているけれど、短い時間
ででも、旅ってできるものですね。中身の濃い。。。

錦のお花屋さんで、ついつい好きな花があって、足を止めたら、
やっぱり、これも一緒に。。いや、こっちの花合わせがいいかな、
と昔に戻りました。
お店も改装されていて、お花も安くて生きがいい!ああ、こっち
にいたら、自分で選びに来れるのに〜なんて思ったり。

寺町も、そしてその他の地域も、いろいろお店ができていて、でも
そんな中に、こういう昔ながらの古書店がそのままの佇まいであり、
すごく懐かしく、貴重に思えました。
b0117348_14230234.jpg
素敵じゃないですか??
b0117348_14232449.jpg
こういうしつらえがあちこちで溢れるようにあるのは、やっぱり
京都の財産かな、と。

やっぱり花をするなら、京都がいいなあ、と心の声が言いました。

5日の朝に関空に到着し、京都で久しぶりのアメリカの友人に
会いました。ピリ辛のフォーを食べながら、近況報告。
b0117348_14280597.jpg
彼女も色々大変。ご両親のことも、私の境遇とよく似ていて、でも
決定的に違うのは、「私は黒子でええねん」と。。。えらいなあ。
趣味が高じて、もう、やろうと思えば、プロとしてやっていけそう
な領域に達していると思うのですが、それは彼女にとっては重要
ではない。生きている楽しみで、生きがいで、それがあるから
毎日が充実していることが大事なんだと。

私も、また、次のステップへ行くために、今回の時間旅行で得た
感覚を大事にしたいな、と短かったけれど、印象的な京都帰省でした。




[PR]
# by aplusfleurs | 2017-01-23 14:30 | バカンス | Comments(0)

遅まきながら

b0117348_21220968.jpg
明けましておめでとうございます!
(写真は、一人初詣に行った、香取神宮です)
最近は、すっかりペースが落ちてしまい、以前の週1回が月2回。。?
という感じになっており、それでも見に来ていただいてる方もいらっしゃって
感謝です。
今年は、もう少し、アップテンポで!頑張ります。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
b0117348_21270905.jpg
こちらは、境内で。
b0117348_21271603.jpg
こちらは、奥宮で。光が違って、虹色に見えます。

昨年末、久しぶりにフランスへ帰省しました。夫と息子は一昨年夏に帰って
いたのですが、私はパスしていたので、約2年ぶり?なんだか以前往復して
いたことも夢のよう、、、で、飛行機に乗るのもちょっとドキドキでした。
(詳しい話は、次回に。。。)
一人、先にフランスを立ち、実家から帰る新幹線から撮った富士山。
b0117348_21234215.jpg
最近、よく富士山を見ている気がします。
b0117348_21243333.jpg
b0117348_21244293.jpg
b0117348_21253954.jpg
朝の富士山は、空気も澄んでいるせいで、とても大きく、有難い気持ちに
なります。

今年も、何事もなく、ベランダから富士山が眺められる、平和な年となり
ますように。。。皆様、そして世界にとって、穏やかで健やかな年になる
ようお祈りしています。



[PR]
# by aplusfleurs | 2017-01-18 21:29 | 家族・生活 | Comments(0)

最近のお出かけ

2日続けて、駆け込みのアップです。

最近、と言っても、もう何ヶ月も経ちますが。。。
我孫子のフレンチ、ヴァンダンジュ。今まで何回かチャンスが
あったにもかかわらず、息子の急病やら、お店の定休日で、
初めての来店。前々から評判は聞いていたのですが、、

ランチの紫芋のスープ。
b0117348_20424021.jpg
一緒に行ったお友達のお料理も撮影させていただきました。
テリーヌが好き、ということで‥彼女のチョイス。
b0117348_20435854.jpg
パンも付いてます。
b0117348_20444983.jpg
メインは、私は魚、彼女は鶏。
b0117348_20445713.jpg
b0117348_20450848.jpg
美味しかったです。お上品な感じでした。
京都でよく行くブラッスリーとはまた違ったかな。思っていたより
お店も広くて、女性中心で賑わっていました。

それから、野田市の櫻木神社。
b0117348_20482264.jpg
ちょうど、七五三の時期で、毛氈が入口から引いてあり、写真用か
2脚の椅子も置いてあって。。。温かい感じの神社でした。
お天気も良く、
b0117348_20480223.jpg
抜けるような青空の日、お水をいただきに行きました。
行き帰りのお家で見つけたもの。
b0117348_20483374.jpg
生垣が、アケビ〜!!大好きなんです!この佇まい。
b0117348_20480922.jpg
よそのお家だから、遠慮しいしい‥でも、厚かましく撮らせて
いただきました。この色合い、本当に素敵です。

息子とのお出かけも、いろいろ溜まったまま。。。写真だけが
増えている今日この頃。もう少し、定期的にアップできるよう、
来年は心したいと思います。

多分、今年の最後のブログ。皆様、今年も読んでいただき、
ありがとうございました。良いお年を迎えられますように、そして
来年もどうぞよろしくお願いいたします。





[PR]
# by aplusfleurs | 2016-12-25 20:56 | 観光・レストラン | Comments(0)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧