夏休みの宿題

b0117348_17404222.jpg

(昨年から冬越えしたミニトマトの春先の第二弾。あまり
の小ささに思わず写真)

息子の夏休みは7月21日から始まりました。
先生との面談はその次の日の午後。そして、“学習会”
と称する勉強会?が朝10時〜10時45分まで、最初の
3日間、希望者のみあります。

去年は、小学校初めての夏休みで、学期が終わったから、
(フランスと同じような)何にもない夏休み〜^0^と
思っていたら・・・直前にお知らせが。

学習会??何?参加必須??

分からないので、お友達に尋ねたら、上のお子さんがいる
人に聞いてくれ、希望者のみだと判明。色々勉強するので
なく、算数だけなんですけれど。プリントで一学期の復習
をする。担任と、もう一人違う学年の先生がいらして、でき
たら丸付け。
通常朝の45分。理解がちょっとあやしいなというお子さん
には、次の1時間に参加のお呼出しがあるらしく・・・; 
とりあえず、昨年も今年もお友達も行くとのことだったので、
行かせて、本格的な夏休みは明日からです。

私も日本人なので、恒例の夏休みの宿題は、だいたい把握
できてますが・・・昨年のネックは読書感想文と自由な課題
(科学研究・自由工作etc)で、こんなに感想文に時間が
かかるのか・・・という苦い思い出になりました。
自分が子供の頃は、そこまで苦労した覚えはなく(都合よく
忘れてるだけなのかしら?)他のママ友も同じようなことを
言ってたので、もしかしたら、読書感想文などは、もう少し
学年あがってからだったのかな〜と。
遊んだことや楽しかったこと、等は印象にあるのに、宿題に
ついては忘却のかなた。

夫に、

「夏休みって、宿題あった?」

と何気なく聞いたら・・・

「宿題??ないよ、もちろん」

「えーーひとつも?ずっと小学校から??」

「全くなし。宿題なんてあったら、
バカンスにはならない!」


・・・そりゃそうだ。
夏休みは2ヶ月以上、トウッサン、ノエル、春休み、パック・・・
学期が始まったと思ったら、お休み。
ああ、もちろん、ゴールデンウイークらしきものもあり。
学校の先生も、バカンス中は完全な休暇。日本の小学校
のように、面談・クラブ・夏休みの補習なんてなく、休み
中は学校は深閑としております。(私立でなければ、教師も
公務員なので、完全にお休みは保障されてます)
とはいっても、私は息子が幼稚園の卒園間近で日本に来た
ので、きちんと分かってはいないのですが。
b0117348_17412884.jpg

ああ、素晴らしきフランス文化!バカンス万歳!!
やけくそになって、ちょっと言ってみたくなります。
b0117348_17414557.jpg

面談で、息子の字と絵を褒めていただいたので、今年の夏
は“ときどき、親子スケッチ”で楽しむことにしました。
第一弾は仏語の先生の家庭菜園のゴーヤ。
スケッチした次の日に、“ゴーヤチャンプルー”に挑戦。
苦くて身体によさそうな夏の味、有難くいただきました。
[PR]
# by aplusfleurs | 2016-07-25 17:51 | 日仏文化比較 | Comments(0)

とと姉ちゃんの雑誌

6月、なんと一度も更新せず。
あらー、、と自分でもびっくりです。

おそらく、小学校の役員活動、その他、時間と気が
とられていて、、書くことはあれとこれ・・・と何度か
パソコンの前に座ってはみたものの、書けなかった
ようです。
b0117348_14351685.jpg

朝の連ドラ、ただいまのとと姉ちゃん。
関連番組でもいろいろ紹介されていて、興味深い
ですが、今回発見!日本の現在の料理本レシピの
詳細な、行き届いた書き方、写真や絵で詳しく見せ
誰でもできるレシピを作ったのは、この、

「暮しの手帖」

だったのでは!と。
実は、フランスのレシピ本、全然親切ではありません。
義母にいただいた、

「これが、どの人も持ってる、基礎のレシピよ」

という、分厚い料理本(お肉の焼き方など、種類別に
載っている)には、番組内でも(他の雑誌では、2・3行
の簡単な記述のみ)と料理のレシピ説明について解説
されていましたが、全くその通り。お肉の色がどうなる、
焼き時間がどのくらい、など詳細な説明は一切なし。
不親切極まりない。これで、みんな作れるの??と半分
あきれましたが、小さな頃から色んなお料理を家庭で
見たり味わったりしていたら、いらない記述だったのか
なと無理矢理納得しました。
b0117348_1435569.jpg

それに比べて、日本の料理本、新聞の料理記事、
ひいてはネットを開けば怒濤のごとくある料理のレシピ
は、写真付き、解説付き、、懇切丁寧。
フランスにいたときは、フランス料理でも初めてのもの
は、日本語のレシピを頼りに作っていました。
その、正確さと詳細さに感嘆しながら・・・(だって、料理
ベタの私でも、できるレシピがほとんどでしたから)

その時は、きっと、これは日本人のサービス精神が
なせる技の、レシピなんだなーと思っていたけれど、その
始まりは、きっとこの雑誌だったんですね〜。

名前は知っていたけれど、暮しに焦点を当てた、人間
の主張がある「暮しの手帖」、今度手に取ってみようと
思います。
[PR]
# by aplusfleurs | 2016-07-20 14:36 | フランス事情 | Comments(0)

時間がとられること②

前回、つらつらと思いつくままに日仏の生活の違いを
書きましたが、自分でも知らない間に日本の習慣を忘れ(?)
フランスナイズされていたことが・・・。

それは、お料理にペティナイフを使うこと。
あちらでも、包丁は使われているものの、日本で普通に
揃えるような、出刃包丁、菜切り包丁・・・といったような
大きな包丁は普通の家庭ではほとんど使いません。
まな板もあまり使わず、野菜などは手の中で切ってしまう。

説明しづらいですが、果物の皮をむいたあと、例えば桃
など、手にもって、実を切ったりしますよね。
あの感覚で、手の中でコチョコチョと切ってしまうのです。
ジャガイモ、人参、にんにく、、etc.

1番最初にそれを体験したのが、最初の下宿先を仲介
してくれたフランス人ご夫婦の奥さんがお昼ご飯に招待
してくれたとき。
早く着いて、お料理のお手伝いをしたのですが、彼女が
作っていたのが、リンゴと胡桃とフロマージュのサラダ。
リンゴを手の中で小さく切って、胡桃を砕き、エメンタル
だったかのフロマージュも小さく切って、まぜるだけ。
他にオリーブオイルあたりを混ぜていたか??記憶が定か
ではないですが、とにかく、まな板なし、カッティングボード
なしで切っていて、私にとっては、大げさに言うなら、衝撃
の異文化との出会いでした。

「お料理、まな板と包丁なしで作るんだ!」

確かに、BHVあたりに行けば、日本風らしい包丁(ご丁寧
にアヤシイ漢字の名前がついていることが多い)があり、
それなりのお値段(他と比べるとそこまで高くもないが、
品質からすると日本より高い)で売られています。他に、
ヨーロッパの包丁もある。
でも、スーパーではペティナイフだけ。

私は、日本から包丁を持って行った記憶があるのですが。。。
結局、一人暮らしのときはナイフで十分。使ってみれば、
手の中で切るのもそんなに苦でなくなり、、、気づけば、
包丁を使うのに、野菜を細かく切ることも殆ど無くなって
いたので、日本に戻ってから、包丁を使うのが下手に
なっていることに愕然としました;
お魚はさばいていたものの、あちらのお料理で野菜を切る
ときは、せいぜい、皮をむいて適当な大きさに切ることくらい。
千切り、細切り・・・昔は早かったのに、今だに早さが戻らず。
b0117348_14395992.jpg

それから・・・
これが1番ではと思うのですが、やはり「自分」の立ち位置
が全然違うこと。
時間がかかることと、どう関係あるのか??
と思われるかもしれませんが、やはりフランスでの生活は
自分の根っこがどこにあるのか??フラフラと漂っているよう
な感覚で。
生活自体も、社会的活動をしていなかったせいもあります
が、周りはバカンスを楽しみとして、働いているママさんが
ほとんど、フランス人は家族と昔からの友人を大事にして
いるので、それを中心にしてみんなしっかり生活していた
のに比べ、私達家族は遅れてバカンスをとり、お休みの
誰もいない公園で息子を遊ばせていたこともしばしば。
前からのお友達たちはほとんど日本に帰り、子供がいる
友達とは時間的・距離的なこともあり、なかなか会えず。
新しくお友達になっても、ほんの時々お休みに会うか、幼稚園
の後に子供を遊ばせるくらい。
何より、そういう交流に意欲をかけるほどの余力がなかった
なあ〜。日々の生活で、小さな小さな心をふさがれるような
出来事に対応して、自分の心を安定させ、普通の生活を
ちゃんとして、家族に負担をかけないように・・・ということで
一杯一杯でした。

日本と違って、交通機関もストに時間遅れ、果ては理由の
分からないことで機能がマヒすることもしょっ中だったフランス。
宅配・水道やその他の故障の修理、書類のこと、期日とか
所定の時間はあってないようなもの。
でかける用事も、一日掛け持ちは気持ちの余裕がないと
なかなかでした。



日本に帰ってきて、幼稚園、買い物、ご近所、話しかけさえ
すれば、普通に挨拶を返してくれ、答えてくれる。
本当に、不思議な感覚でした。日本語さえ喋れば、普通の
当たり前の人間のように扱われること。
特に、どんな人なのかバックボーンが何も分からないのに、
ちゃんと扱ってもらえること。
自分の気持ちをだいたい思ったような言葉で相手に伝えられ
おおよそ正確な意味合いが相手に届く。
そして、フランスとは比べ物にならない早さでつながりが
できていく。
特に、積極的に活動していた訳ではないけれど、おかげさま
で、少しは社会的な活動もできて、息子の学校にも言語の
壁無くかかわれる。

おそらく、そういうつながりのお付き合いが増えたことも一つ
の「忙しさ」の原因。

そして、約束していても、その人自身、または他の要因(急
なスト、用事の遅延などなど)によって、いつも曖昧ないい
加減さがつきまとっていたフランスと比べ、日本では、まあ
なんと時間や約束に対して、また物事に対して真面目なこと。
もしそれを反古にしたり、するようなハメになった場合も丁寧
かつ迅速なお詫びや訂正があること。
それだけに、こちらもいい加減な対応は許されないなあ〜と
ゆるんだ精神を少しずつ締め上げて、今に至ります。

まあ、元々はそういう社会に生きていた私はいいとしても、
段々日本人に戻って来た私に付き合う夫は、厳しくなる妻に
辟易しているかもしれません・・・
日本人のきっちりしたところが好きな夫なので、大丈夫そう
ですが、きっと、私がフランスでストレスを感じていた反対の
感覚で、この「きっちり、かっちり、正確に責任をきちんともって」
とした習慣に、なんらかの思いを抱えつつあるのでは?と
思ったりもします。
[PR]
# by aplusfleurs | 2016-05-11 14:42 | おまけの話 | Comments(2)

時間がとられること

b0117348_10204069.jpg

天気予報通り、雨は止んだものの、ものすごい風の
今日の我孫子。洗濯物、もったいないので一部外に
干しているけれど、、軽い折り畳み物干の足がういて
倒れそうです;;

さて、日本に来て丸2年。
最初は、新聞読むのに時間とられるなあ・・と思って
ましたが、それ以上に時間がかかっているのが家事、
食事作りと皿洗いだと気づきました。

フランスでは、食洗機にほとんどの食器を入れ、
まとまったところで回していて、1時間弱?くらいで
完了。大きなお鍋、入りきらなかったもの、壊れやす
そうなもののみ手洗い。それでも、15〜20分くらいは
片付けに費やしていたのですが・・・
b0117348_12155014.jpg

日本では賃貸なので、食洗機なし。(フランスでは、
住んだアパートでは、食洗機は作り付けでした)
あっても、容量は比べ物にならないくらい少ない;
・・ので、毎回食器は手洗い。最初はまとめておいた
方がいいかな〜とまとめて洗うと、時間のかかること
かかること。水はもったいなくても、作っている端から
すぐ洗う。食べる前にまた洗う。食べたあと、あいた
お皿から洗っていく・・・これが、1番片付くとようやく
気づいた2年目。
でも、その量に負けて、ずるずる置いておいたりして
後でまた後悔。
今はようやく慣れました・・・(遅すぎる??)。
b0117348_1216467.jpg

料理も、きちんとしたもの作ろうと思うと、何だか
時間がかかる。
まずオーブン料理があまりできない。
というか、オーブン料理できるようなものが少ない。
するとすれば、ラザニアや他の下準備がいるもの
なので、時間がかかる。

フランスでは、ただ放り込んで焼けばいい鶏の丸焼き
や肉屋さんで下準備の済んだお肉とか、買ってきて
切ったり並べたりすればいいものが多くて、楽だった
なあ〜・・・

料理は、夫と子供が食べられるものを中心にして
いますが、夫は基本、夜はご飯を食べないので
(どうも日に2回のお米は胃腸がうけつけないようです)、
メインが腹持ちの良いものでないとダメとなると、
ご飯さえあれば・・・ということにはならず。
ま、食が細い人なので、量はいらないから大変では
ないのですが。

例えば、カレー。
日本のカレーは夫にはどうも辛さが物足りないようで、
グリーンカレーと普通のカレー(息子と私用)を同時に
作ったり。
フランスでよく作っていた、レンズ豆とベーコンの煮込み
なども、レンズ豆が見つからず、ベーコンもどうもあちら
とは違うようなので、全然作らなくなりました。

とにかく、ザ・和食=天ぷら、すき焼き、お出汁で炊く
煮物(根菜類)、お刺身など、、は×。(手巻き寿司は別)
だんだんと慣れてきて、チャーハン・鍋などは大丈夫
になってきましたが、、2人揃ってキノコ嫌い。こんにゃく、
練り物など、味がなくて見た目が地味なものは受け付け
ない。やはり、小さい時に食べたものでないと、なかなか
挑戦できないのでしょうか・・・

ただ!
ええ?なんで?と思いますが、例えばレストランなどで
美味しそう〜な盛りつけなどで出て来たり、ちょっと趣向
が凝らされていたりすると、食べたりするんですよね〜・・
あーあ;

ま、蒟蒻畑とか、息子は味にだまされて「おいしい!」と
喜んで食べているので、徐々に慣らしていければなあ〜
と思ってます。

・・・話がそれてしまいました;

その他、場所が狭くなったせいか、台所や部屋の整理で
も時間取られるかな〜。

そして、息子の学校行事や役員のこと。
結構、頻繁に見学する行事があって、びっくりします。
また、参加のときにお手伝いや準備するものも、案外時間
がかかるもの。
でも、交通機関は遅れが出ても、正確にアナウンスして
くれ、宅急便や郵便が遅れたり無くなったりすることは
滅多にない(というか、今までなかったし、聞いたことも
ない)。ネットや電話で注文や依頼をしても、すぐに手配
または返事が来て、遅延の場合は必ず連絡が来る。
どんな状況でも、どんな天気でも、、関わる人の機嫌や
好みに関わらず、仕事となれば、間違いはなし。
(フランスでは、まったくこの反対です;;)
お医者さんは予約せずに行けるし(歯医者さんは別ですが)
検査もその場で。(フランスは検査はまた個別に予約、結果
をもって、予約してからお医者さんへいく)


フランスでは、買い物に半日がかり、また欲しいものがすぐ
買える場所になかったので、今みたいにちょっと買い物、と
は行かず、不自由な気がしていました。交通機関はバス
だったけど、時間通りに来ないこともしばしば。
土曜日は夫が車を出してくれて、半日は買い出し。
マルシェもバカンスには閉まったし、あちこちで列を待って
なので、のんびり、、時間はかかりました。

食べにでようと思っても、子連れでOKまたは、行きたいと
いうところもすぐ近くになかったし・・・今は、よりどりみどり
・・・とまでは行かないまでも、気楽にちょっと外食できます。
b0117348_121750100.jpg


フランスに居れば、日本食が恋しい。日本にいれば、パン
にチーズ、シャルキュトリー、そしてどかーんと買えたお肉
が食べたくなり。。。

人間て、贅沢なものです。
正しい事に汲々となってしまうような状況を見ると、自分の
主張はすべき、相手にもその権利はある、という精神の
フランスの大らかさがよく見えたり(といっても、堂々と人種
差別的行為・言動もありましたが;)。

つらつら書いていたら、こんなに長くなりました;;
最後までお付き合い、ありがとうございます。
合間合間の写真は、春終わりの花々たち。暑い夏にむかう
前の、ひととき、今はいい時期ですね〜♪
[PR]
# by aplusfleurs | 2016-05-04 12:29 | 家族・生活 | Comments(2)

映画  スポットライトを見て

平日、会社が連休休みの夫と共に、息子が
学校へ行っている間に映画を見て来ました。
実話をベースにした映画、スポットライト

フランス在住中にニュースなどで、あれ?ここ
でもコメントあるの?という場面・・・政治・法律
etc.について、ローマ法王の言葉が盛り込まれる
ことが多くありました。
その度に、やはりフランスはキリスト教(カトリック)
の国なのだなあ〜と思ったものです。
日本で、どちらかの仏教の宗派の偉いお坊さんが
(日本は仏教国、と考えるならばの話ですが)
政治やその他重大な局面でコメントを求められて
談話がニュースになる、というのは、、、記憶になし。

この映画の舞台はアメリカ・ボストンですが、私の
印象ではかなり大きな街。でも、キリスト教が生活
と切り離せない状況、教会の権力の大きさ、不正を
暴くため奔走しているはずの記者たちの心理的葛藤。。。
友人や知り合いすべてに村八分にされるかもしれない
ことを自分でも意識し、またその友人たちからも(彼ら
も皆うすうす教会の暗部を知っていて、知らぬふりを
せざるを得ない)指摘されているのを見ると、どこかの
片田舎の密接な人間関係を見るような気分になりました。
近しい人の落胆、または自分の精神的基盤が普段は
そこにないと思っていた移民2世の絶望感、、、

いつの世も、人間が理想的に生きるのは難しい・・・
そして、信じているものが汚れていることに気づいても
正すのではなく、見て見ぬふりをしたい。。。
泣き寝入りするのは、社会的経済的弱者。

宗教って何だろう??頼るものがないと生きていけない
人間の弱さと相まって、哀しさとともに、これがたった
十数年前の話であったことにも驚き。

フランスでも、クリスチャンの純粋さを皮肉るような
映画があり、作り方は別ですが、人間の弱さにからむ
哀しさとおかしさはそちらでも描かれています。

日本ではちょっと分かりにくい感覚かな、と思いつつ
宗教抜きでも、よく似た現象はある。
そして、一面ではありますが、宗教(ここではキリスト教)
の矛盾を感じられる、いい映画ではないかと思います。
[PR]
# by aplusfleurs | 2016-05-03 23:24 | 日仏文化比較 | Comments(0)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧