ねずみの話 

最近、息子の歯がまた抜けました。
少し前に立て続けに抜けて、もうそろそろ終わりかな?と思っていた
のですが。。。まだあと数本残っているようです。

フランスでは、抜けた歯を枕の下に入れておくと、ねずみが取りに来て、
代わりにsou(小銭)を置いていってくれる、と子供たちは信じています。
フランスの子供向けの絵本や映画

「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」

をご存知の方は、あ!と思われるかも。映画では、こねずみたちが、夜に
紛れて歯を取りに来る様子が描かれています。

‥という訳で、その日も、息子は自分の歯を枕の下へ入れました。。。
と、ここで、その前々日の話。ずーっとグラグラしている歯に辟易していた
息子。でも、ねずみが来てくれるのは楽しみでもあり。

「いつもさー、500円ばっかりだけど、ずーっと前、
幼稚園の時にアンパンマンの携帯電話持って来てくれた
みたいに、別のもの持って来てくれないかなあ。
例えば、本とか」

と言っていたので、聞いたからには叶えないわけには行かず、息子の好きな
シリーズの本2冊と、これはどうかな?というのを1冊、買っておき、2冊
だけ先渡し、珍しく急なプレゼントを喜んでいました。
そして、タイミングよくその日に歯が抜け、枕の下へ。それを夜中にそっと
取り出し、本を置く母ねずみ。。

次の朝、疑いもなく、大喜びしていた息子ですが、帰ってきたら

「この本、ママが置いたの?」

と聞く。ああ、やっぱり分かったのかな?と思いつつ、どうしても今まで
隠していた癖で、

「えー、違うよ〜」

と芝居をしてしまった私。
何でも、今一番仲の良い、女の子のお友達も同じ日に歯が抜けたので、息子
が言うように、枕の下に入れておいたけれど、小銭にはならなかったようで

「お父さんかお母さんが入れたんじゃないの〜」

と言われたそう。芝居はしたものの、もう息子も10歳、お友達にそんな話
をして、嘘つき(というより、子供っぽすぎる?)と思われてもなあ‥と頭
をよぎり。。。夫とフランス語の先生に尋ねてみました。
夫は7、8歳でねずみの正体を知ったそうで、フランス語の先生も、お子さん
がお友達に話し始めた時には、フランスの習慣だと言ったように思うとのこと。

いつまでたってもよく言えば素直、悪く言えば子供っぽい息子‥なのは、私の
判断のせいかもなあ、なんて考えもよぎり、次の日に、

「昨日の本、ママが置いたの」

と告白。息子は芝居をした私を責めたりはせず、にっこりして

「ありがとう〜」

‥こう言うところ、私と性格違うなあ、と思うのですが。
その前もそうだったの?という問いには、今回だけ、とまたまた嘘ついた私。
フランスでのねずみは信じていてほしい。と思ってしまう。サンタさんも
疑いかけては、まだ単純に信じているのですが、小さな時くらい、夢か幻か
わからないものが存在していてもいい、していてほしい、という勝手な思い。

とはいうものの、どういう風にそれを終わらせるのか、、息子の方からはっきり

「あれはママとパパだよね!」

と言ってくれないかしら、と思ったりしています。



# by aplusfleurs | 2019-02-10 22:47 | 出産・子育て | Comments(0)

またもや彩雲

年末に初めて彩雲を見て、ブログにも載せたのですが‥
幸運にも、またお目にかかれました♬ 今回のが本当の彩雲かも。。

休日に用事で出かけていて、バスから息子が発見したけれど、そこでは
撮れず、、でも、着いたところで、心ゆくまで見ることができました。
前回のは太陽の光が反射してるのがはっきりわかり、化学反応のような印象
だったのですが、今回は、全く違う感じ。

b0117348_22162476.jpg

太陽の周りの雲に、虹がかかったような、それが雲の移動とともに輝いて
いました。

b0117348_22162496.jpg


b0117348_22162425.jpg

以前から、夕焼けの空や、朝焼けの空を撮っていましたが、最近は太陽がすごく
美しく見えることが多くて、空の写真が増えていたので、それもこちらにのせて
おきます。

b0117348_22194154.jpg


b0117348_22194227.jpg

b0117348_22194237.jpg

b0117348_22195966.jpg


b0117348_22202296.jpg

b0117348_22195937.jpg

b0117348_22195985.jpg

b0117348_22202145.jpg


b0117348_22202294.jpg


自然ってすごい、太陽ってすごい‥と最近ますます感じるようになりました。

# by aplusfleurs | 2019-02-03 22:30 | 家族・生活 | Comments(0)

投げ入れ花

新年のご挨拶をしてから、ご無沙汰しています。

今日は節分。暖かくて、冬とは思えないような穏やかないいお天気です。
(急に寒くなって雪、その後春のようなお天気、、とめまぐるしさについて
行くのは大変ですが120.png
1月は行く、2月は逃げる、3月は去る‥と言いますが、いつも以上に早いです。
亥年だから、余計かも?

年末に撮っていた投げ入れの花たち。
最初は印象的なボルドー色のガーベラと濃いピンクのデンファレと百合。

b0117348_15514659.jpg

b0117348_15514649.jpg

百合はそのまま、ナツハゼとピンクのスプレーカーネーションへ。
最初から入れていた、雪柳、実は濃〜いボルドー色のスプレーがかけてあり。。143.png
(枯れても風情があるし、自然な色の方がいいと思うのですが‥。スプレーで着色
している枝を見ると息苦しくなって、、辛いです)
でも、スプレーに負けず、若芽が出てきてくれました!110.png

b0117348_15521615.jpg

b0117348_15522126.jpg

b0117348_15522118.jpg

そして、白い百合からピンクの百合へ。

b0117348_15521695.jpg

ずーっとデンファレ健在です。
そこから、またオレンジのガーベラとスプレーカーネーションとマトリカリア。

b0117348_15522880.jpg

百合が全部開花したところで、紫のスイートピーと白いデンファレ。
そこに、グリーンに白い斑が印象的なドラセナとグリーンのスプレーカーネ。

b0117348_15522813.jpg

b0117348_15523112.jpg

b0117348_15523160.jpg

爽やかな色合いで、好み♬
花束や投げ入れ、というと、花ばかりを想像する方も多いようですが、以前お友達に

「葉物(グリーン)を添えると、花が引き立つよ」

と何気なく言った言葉を、ずーっと記憶していてくれたらしく、

「あ、そうなんだ、と印象的で、それをずっと覚えていた」

と言ってくれたことがあり、案外、知っていれば役に立つ知識ではと思います。
バラや百合だけでなく、小花やスプレー花があるとぐっと奥行きが出て、さらにグリーン1本、
枝もの1本があることで、花の色が引き立ちます。バラだけ、というのも素敵ですが、色々な花や
葉を組み合わせることで、全く違ったスタイルにできます。
そういうところ、花の取り合わせは、人間の関係とも似ているな、と感じます。
相性の良さや取り合わせの良さは、やってみないと分からない。。。

お正月には、松と水仙、千両に数種の投げ入れだったのですが、松だけが残って
いたのに、ピンクのユリ、黄色いオンシジウム、紫のトルコ桔梗とスイートピー、コデマリ、
ピンクのデンファレを昨日、足して華やかになりました110.png

b0117348_15523561.jpg

ただ、トルコ桔梗の蕾がポッキリ折れてしまい‥134.png
ちょっと珍しい、揃いのガラスでできた花留めが花瓶の口にある小さな花瓶に入れて、
父の写真の前に。

b0117348_15523522.jpg

小さな蕾も、ちゃんと開いてくれるといいなあ〜。


# by aplusfleurs | 2019-02-03 16:53 | フラワーアレンジメント | Comments(0)

あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
平成最後の元旦、雲ひとつない晴れでした。

b0117348_20144054.jpg

朝、日の出を見るのに間に合う時間に目覚ましをセットしておいたのですが、
夜中に2〜3度、朝も目覚ましが鳴る前に目が覚めて。

b0117348_20144015.jpg

最初は雲が下の方にあって、太陽のお顔が見えず、少し朝の準備をした後、
日の出を拝むことができました。

普段だと通勤時間だったせいか、通勤される方もちらほら道を歩いてられました。
もちろん、交通機関なども(うちの近所の大型スーパーは休みなし)平常と同じに
動いているわけで、、、
太陽を拝むとともに、お正月休みも早朝より働かれている方にも感謝の気持ちが湧いてきます。

そういえば、昨夜もパトカーや救急車の音が夜中に聞こえていたし、新聞を読めば、
東京都心では新年を迎える群衆が街中にあふれ、警官の方が警備されている。
トラック便も、新聞も、郵便の人たちも、、、
当たり前にあることは、本当は当たり前ではなくて、とっても貴いこと。
便利さはそういうことの裏返しなのだ、と最近ますます強く感じるようになりました。
いくら感謝してもし足りないくらいだと。

日本は特に、そういう面ですごいなあといつも感心します。とともに、あまり無理されないよう
にして欲しい、と享受している身だからこそ感じます。。。

早めのお昼、お雑煮を前日に炊いたおでんの残りと一緒に食べ、午後氏神様へ初詣。

b0117348_20143031.jpg

b0117348_20143009.jpg

いつもは帰省していたので、3日以降のお参りで、のんびりムードでしたが、今日はびっくり。
階段下から道路伝いに人の列が‥149.png じーっと並ぶこと約1時間、もうすぐの所で、舞台で
何か始まりました。

b0117348_20143159.jpg

b0117348_20143100.jpg

わー、元日、こんなのやってるんだ〜!
のんびりした笛の音と太鼓の音が、これまたゆっくりした動きのひょっとこと獅子の舞にぴったり。
舞が終わった後、今年の健康を祈願して、獅子に頭を噛んで(触って)もらうようです。
お参り後に、させていただきました。そしたら、五円玉にきっちりかわいい紐を結んだものを
いただきました♫

お参り前に、ご祈祷の太鼓の音も聞こえてきました。
よかったなー、と思いつつ、おみくじ引いたら、、なんと、去年と番号も文言も全く同じの

小吉

105.png
注意しないといけないところは、去年と同じ??
うう、成長していないのだろうか、いやいや、戒めとして心に留めておきなさい、という
ことだろう!ということで、気を引き締めてお言葉をおしいただきました。


遅ればせながら、、、旅行から帰った後の、ノエルのお決まり

b0117348_20130323.jpg

プレ・ホティ(ロースト・チキン)。
北海道旅行の、札幌で8年ぶりにお会いしたお友達家族のお家のディナーでもよばれて、
今回2度目。

b0117348_20130370.jpg

1羽丸々、結構な大きさだったので、(毎回、レシピ通りに1時間焼くのですが、、、)結局
1時間半以上かかったような。。。気がします💦
息子用に、リンゴの炭酸ジュースを頼んでおいたら、夫が

「フランスで、(義母が)買っていたのと同じだ!」

と。。


b0117348_20130397.jpg

そういえば、Bio(オーガニック)の承認マーク(ABのところ)も同じ。で、フランス語〜😀
かなり甘みがありますが、炭酸のジュースで、子供も飲めます。

今日は、帰ってすぐ、また小腹が空いて、簡単な夕食、プラスおせちの残り。。
楽させていただいてます〜♫

# by aplusfleurs | 2019-01-01 21:36 | 家族・生活 | Comments(0)

終わり、そして始まりの前の日

b0117348_10130655.jpg

今朝の空。
最近、起きるのが遅かったので、少しだけ早く起きたら‥
彩雲を初めて見ました。太陽と一緒に♩

b0117348_10131085.jpg

今日もいいお天気です。
一年の終わりの日、もう少しお掃除して、すっきりして、神社に年末の
ご挨拶によって、ゆっくりと夜を過ごしたいと思います。
明日のお雑煮の準備もしなければ。
今年は帰省せず、家族3人のお正月。少しゆっくりしています。

昨日もご挨拶しましたが‥
来年、皆様穏やかで健やかな年となりますように。
世界と日本が、平和になりますように。
苦しいことの少ない年、苦しまれてる方が希望に向かえる年となりますように。
今朝の彩雲で、新年が佳き年となる気がしました。

b0117348_10130686.jpg

# by aplusfleurs | 2018-12-31 10:17 | 家族・生活 | Comments(0)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る