日本人の感覚

というか、正確にいえば私の感覚、になりますが。。。

よく人から
「フランス語ペラペラなんでしょうね〜」
と言われるのですが、
「うーん、話せない方から見られたら、ペラペラで
 しょうけど、話せる方と比べたら、ペ、くらいで
 す」
と答えるようにしています。
DAFAの最終試験が、実技(実際に生徒に授業をする
設定)と、花に関する芸術(絵画をえらんで、それに
ついて説明、審査員との質疑応答)なのと、植物学の
口頭試問があるので、そのために勉強を続けたのでし
た。

といっても、お花関連のことは専門用語でわかります
が、他の、細かい生活のことははっきりいって、まだ
まだ五里霧中。慣れない人のフランス語は癖もあるし、
私のフランス語もなまりがあるので、すべての人と
問題なく話せるのは、あと10年先?(もっと??)
という感じ。
すでに習い始めて10年ですが、日本にいた5〜6年
でかなり後退した気がします(帰省しただけでも感じ
ます)。

日本にいると、フランス語が話せるか?ということ
だけ聞かれますが、日本がフランス人にとってどんな
か?ということは聞かれません。
一人でいたときは、ニュースが少し分かるようになっ
て喜んでいたのですが、そのときは気づかずにいて、
ここ4〜5年で気づいた、仏(ヨーロッパ?)製日本
語。。
それは、
「カミカゼ」
 (←こちらの人が発音すると、カミカーズに聞こえ
  る)
です。たとえば、あの、アメリカの同時多発テロのよ
うな本当に考えられない大事件・大事故、とくにテロ
のときに
「カミカゼが・・・」
とニュースで言われるのです。歴史の授業でしかつか
われないようなこの日本語が、しかもそういう時に頻繁
に使われている・・・正直ショックでした。
それだけ、日本人があの戦争で与えたショックが大き
かったとも言えると思いますが。。
もちろん、いまではマンガやきもの、酒、寿司など、
どんどん普通の日本語がはいってきていて、日本の
文化が知られてきたな、と感じます。それでも、たぶん、
日本に関心のない人はいまだに日本には侍がいて、
ハラキリをしてると(おそらく映画などの影響で)思って
いるはず。

あと、柔道や空手の教室がよくあるようで、小学校以上
の子供に聞くと、習ってるということが多いです。私の
回りで柔道や空手やってる人って、日本であんまりなか
ったような。。。一本!とか有効!という専門用語も、
子供が知ってたりするのは、そのせいです。

言葉から離れると、生活してて一番困るのは
「家の中で靴をはいてる」
こと。うちはスリッパにはきかえますし、お家によって
はそうされてるところもありますが、まれ。前に暮らし
ていたところは、一軒家の中の独立した一人部屋だった
ので、家族と同じ出入り口を利用していました。そこで
は、子供は家のあちこちで靴をぽーんとぬぎちらかして
転がったまま。。。大人は靴のまま歩く、という状態で、
ますます??えー、裸足で道路歩いてるのと同じじゃな
いの!?(そこまで家の中は汚くないはずですが)とい
つも思ってました。
道には犬の糞がどどんとあったりするので、余計です。

工事や配達などのときも皆どかどか靴で出入りするので、
脱いでください、
なんて言えず、使わないシーツを置いておいたり(工事
の人ももってきてくれてたり)して、予防。
子供が歩いたりさわったりしないうちに急いで掃除して、
しのぎました。息子がいることもありますが、やっぱり
慣れないです・・・。
(一度だけ例外が。無印の家具を配達してくれた、年配
 の黒人の男性は何もいわずとも脱いでくれて、感激。
 無印の方針なのか、その人が注意深い人なのか分かり
 ませんが、そんなことめったにないこと。今でもお礼
 をいいたい気分です)
どこかで読んだのですが、こちらでは靴を脱ぐ、という
のは下着になるようなものだとか。(かなり昔の話かも
しれませんが)たしかに、靴のままベットに転がったり
するシーンも多いですよね。

そして、一番は時間の感覚!日常でのことはさておき、
ある日義父と話していて、「昔は。。。」というと
「それはどれぐらい前?」ときかれ「50年前くらい?」
というこたえにあっはっはーという感じで、
「むかし、っていうのはこっちでは少なくとも100年
 前だね」という言葉に恥ずかしくなったのでした。
義父は戦争も何度も体験されているので、夫に言わせる
と、
「なにかあれば、お前は戦争を知らない、というのが
 切り札」
らしいですが・・・
日本人の感覚についてかかれた本(菊と刀とか・・・)
を読むと、ああ、私も(その時代の日本人と)同じよう
な感覚をもってるなと思う部分もあるので、それを驚異
(脅威?)に感じていた当時の海外の人やいまだに外交
の下手な日本について、少し理解できるような気がします。
[PR]
Commented by mimi at 2009-07-23 00:22 x
こんにちは。
この間は、お花を通して久しぶりに会えましたね!
時々、ブログは見せてもらってたんだけど、コメントするのは初めてです。
私もそろそろ在仏が10年に近くなってるんだけど、やっぱりフランス語をぺらぺらとしゃべって分かるのは、まだまだって感じです。
あと、靴を脱がないのって、気になるよねぇ~。
Commented by aplusfleurs at 2009-07-24 19:52
Mimiさん、コメントありがとうございます~。
先日はお世話さまでした!ほんとにお久しぶりで、、、。
えー、もう10年になるの!?Mimiさんでまだまだなら、私はあと20年くらいかかるかもね。。。;;
何だか今回フランス来てから、前は気にならなかったことが色々目につくようになりました。やっぱり家族と一緒だと、ちがうのかな?と思ったりしています。
by aplusfleurs | 2009-07-10 20:48 | 日仏文化比較 | Comments(2)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧