モニク先生の思い出

おとといあたりから、本格的な寒さですね。
日本海側では、島根あたりでも雪が降っているようで。。
京都の底冷え、思い出します。

クリスマスに新潟へスキーへ行く予定で、前回(一昨年)
同じ時期に行ったら、スキー場直結のホテル前は全く雪なし。
今年も同じだったら‥とハラハラしていたのですが、このまま
雪が降ってくれると嬉しいなあと、勝手な願いです。
(現地では大変だと思いつつ。生活に支障の無いように、、、
とも願っています)

さて、数日前。
DAFAのような、お花の試験を受けている夢を見ました。
周りもフランス人(ヨーロッパの人?)ばかりのようでした。
そして、前にはずらりと審査員のような、ご年配のマダム達が。
その真ん中に座っていたのは、モニク(ゴチエ)先生でした。

SNHFの会場より広く天井が高い、全体的に白っぽくて透明感
のある場所に、机と椅子が並べられ、受験者たちがいて‥
試験はまだこれから、DAFA(だと夢で思っている)は久しぶり
だけど、なんとか大丈夫ではと考えている私。

諸々あったのですが、結局材料探しに外へ行っていて、
まだ時間はそんなに経ってないはずが、会場に戻ると誰も
いず。みんな片付けをしていて、えーー、、と青くなり‥‥148.png
夢って、本当にドキドキする。出来なかったーーということの
方が多いせいか。
‥覚めてから、モニク先生の顔が浮かんで。。ああ、がっくり
されていただろうなあ‥なんて。夢の中で、ですけれど。

最近、今まで出来なかった断捨離をしていて、お花のものも
フランスで勉強した関連のもの以外は出来るだけ処分している
最中。久しぶりに、モニク先生の授業を受けていた時の写真を
見たせいで、出てこられたのかなあ。
夢の中の先生は写真のままでした。それで、いろいろ思い出が
蘇ってきました。

実際のDAFA2の試験の時、モダンがなかなかできず、何度も
なんども家や学校で練習。
学校で練習させてもらっていた時に、感覚がようやくつかめ、
たまたまいらしたモニク先生が褒めてくださいました。作品を

「いいわ!」


と、外から見えるウインドーに飾ってくれたこと。
自分ではまだ腑に落ちていなかったけれど、タバコを吸いながら
ニコニコとブーケをテーブルに置かれ、あちらこちらから見て
られた様子。

たまにしかないモニク先生の授業はピリッとした空気が漂って、
何より、直にブーケを作られる工程を見られるのは、とっても
興奮することでした。作られていく作品にドキドキしたものです。
リラックスした様子で、大胆に、えー!そんなことするの?という
アレンジを繰り出す。
今でもそんな授業は鮮明に覚えています。他の先生の時も、
やはりドキドキはありましたが、モニク先生の時は別でした。

一度、仕入れにお伴したことがあります。
本当なら、スタージュ(見習生)か先生が同行されるのですが、
その時は誰も行けなかったみたい。
先生のお宅へ伺って、車に同乗し。。。私が独身で、フランスに
ずっといたいです、と周りに言っていたのをモニク先生もご存知
だったのか、

「私の頃は、お見合いがあったのよ。お見合いすれば?


なんて話もされていたなあ。。。

帰国してからも、広島でのデモ、SNHFでのデモ、何回かお会い
しました。広島のデモの時は、時間前に、U字ピンを舞台近くの
階段?のようなところに座って作ってられて、

「お手伝いしましょうか」

と言ったけれど、

「大丈夫よ」

とそのまま作り続けてられて。

タバコを手に、話し方も男性的な迫力があり、気に入らないブーケは
批評なしで「フン」と鼻先であしらわれたり。
実習の時いらしたら見て回られることもあったのですが、アドバイス
をいただけたら見込みあり、駄目な場合はなかなかに厳しいお言葉も
ありました。
内心ビクビクされている人も多かった様子。でも、私はどこか父に
似ているような気がしたのと、外国人の気楽さ、あまり分かって
いないで、失礼なこともしていたかもと思いますが、フンとされて
もあまり気にしてなかったように思います。それがモニク先生だ、と
思っていたから。。。
迫力ある反面、繊細なところもお持ちだと感じていたせいかもしれ
ません。

フランス式に、名前は

「モニック!」

と呼び捨てでした。
話し言葉は丁寧なvouvoyer(ヴヴォワイエ)だったけれど、日本
では名前にさんをつけるのに比べて、グッと近しい感じがしました。


いろいろ、断片はありますが。。。私がお出会いした頃の、迫力ある
モニク先生ではなく、夢の中ではもう少し透明感があって、少し心配
そうなお顔をされていたように思います。

こういう思い出話も、新たなブログで書けるといいなあ、と思います。





[PR]
by aplusfleurs | 2017-12-13 20:53 | おまけの話 | Comments(0)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧