花粉症、薬を飲まなくなったわけ

今日は昨日とうってかわって、爽やかな空。
気持ちいいですね〜。

さて、一時「これで収束か?!」と思った花粉症、やはりまだ
続いてます。朝・日中もティッシュは必須。
ただ、かゆみはほとんどなく、夜眠る前に痒さや息詰まりを感じることも
なく、、快適です。

花粉症になったのは、成人してから?(ぼちぼちと花粉症の人が増え、
コップに水が溜まるように体内の花粉が増え、溢れた時に花粉症になる、
とどちらかで解説されてたのを覚えています)だったように思うのですが、
「とうとう来たー」と感じたのは二十歳過ぎ、大学生か働き始めた
頃だった記憶が。
なり始めはそこまで重くなく、鼻水と目のかゆみくらいだった気がします。

在仏時は、症状もなりを潜めていたものの、慢性的なアレルギー性鼻炎の
ために、常にハンカチは持ち歩いてました。

でも、やはり、というか、花粉症が治っていた訳ではなく、日本に帰国後
は毎年のようにお医者さんでお薬をいただいてました。
最初の頭痛やだるさ、微熱のような症状がひどくて‥
毎回、あれ?これは風邪よね?という感じ。時期がそろそろ、と思って
いても、一番最初の症状はその後とは違います。

ただ、お薬服んでると、かゆみや鼻水が楽になるものの、
症状がどう変わってるのかさっぱり分からない
んですよね。。。

いっそのこと、漢方で根本から治そうかと真剣に考えたりもしてました。
ちらほら聞くところによれば、年中毎日漢方を飲み続け1年以上、人に
よっては5年とか。。
ムム‥‥できるんかいな、私。忍耐力もいるけど、お金もいるねえ。。。
という気持ちもあったのですが。

さて、それとは別に、日本に帰国してから、身体の調子がどうもイマイチ、
という時にお世話になっていたのが、足つぼマッサージとレイキ。
お花の教室をしていた時から、足のだるさがあり、定期的に足つぼして
ました。
レイキは我孫子に来てから。
実は、最初に「レイキ」という言葉を知ったのはフランス在住の時。
日本人向けの新聞によく広告が載っていて、カタカナではあるけれど、
「霊気」だろうと想像はつくので、何これ?と少々胡散臭く感じていたと
いうのが正直なところ。
でも、我孫子で時々お世話になる先生に施術してもらったら‥自分の
身体を気が流れるのが感じられ、、だんだんと理解?できるように
なりました。
これは、体感しないと、分かっていただけないかもしれませんが。。。

足つぼだと、やってもらわないとダメだけど、レイキなら自分でも
できるかな?
と、少しだけやり方を教わり、勝手に自分流でやり始めたのが昨年末。
昨年父を亡くし、何もできなかった‥という思いもあって、自分や家族の
身体、何かできることってあるかしら?と考えていたのもその一つ。
自分の身体の調子をもっと自分で感じられるようになりたい。身体と
対話してみよう♪

毎日、瞑想をする感じで寝る前に腰に手を当てつつ、頭を空っぽにして、
自然を感じるようにしました。
一種のリラクゼーションのような。やり始めたら、何だか面白く、また
そういう時間があることで、精神的にも良かったと思います。

そしたら、いつもは定期的に腰の具合が悪くなっていたのに、全然大丈夫。
それどころか、外出して階段を上がったり、長く歩いたりしても、全く
足がだるくない。疲れもあまり感じない。反対に、ちょっと散歩に出たい
なあとか、身体を動かそうかなあ‥と以前は全く思いもしなかったことが
頭に浮かぶように。

レイキの先生が紹介してくださった気功の先生のところへ行ったり、違う
ご縁もあり、生活全般に対する見方や感じ方も変わったせいかもしれません
が、自分に起こること、自然に起こること、そのまま受け入れてみよう、
という気持ちになりました。

別に恐れることでなし。

薬を服まないと‥の「〜ねば」「〜しないと」という縛りを自分でかけて
いたんだなあ、と今感じています。そうしないと、もっとひどくなるかも、
と。花粉がないと、生物は生きていけないんだし、花粉に感謝。
かゆみ、くしゃみも、こんな風になるのね〜と身体で感じること。

気功の勉強会で、「愛する」という体験をしました。二人一組、全く初めて
の方と組んで、一人は寝転がり、もう一人がその人の手を引っ張って起こす。
最初、何もせずに力任せに引っ張っても、ビクともしないけれど、心の内で
相手を家族のように、もしくは友達や近しい人と思って「愛する」気持ちで
引っ張ると‥あら、不思議。さっきが嘘のように、楽々起こせる。

これは、結局、生活のどの場面でも同じだな、と。
感情の動きが身体の機能に果たす役割ってすごいです。

レイキ、気功、厳密に言うと、エネルギーの元は違うそうですが、あえて
きっちり調べたり勉強したりはしていません。それより、自分がやっていく
中で、もっと自然に感じることができるかなあ、と思って。
見えない気持ちやエネルギーからわかることがありそう。

花粉症も、薬なしでも大丈夫。自分の身体の変化をきちんと感じた。

ということで、ここから、少しずつ、今までの思い込みなども手放して
いけそうだなあ、、とちょっとワクワクしています。

b0117348_21370003.jpg







[PR]
by aplusfleurs | 2018-04-26 21:32 | おまけの話 | Comments(0)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧