手作りで

b0117348_22011768.jpg

昨日は運動会でした。
今年はお弁当もまあまあ(中身はいつもと同じ、唐揚げ・タコさんウインナー・
コロッケ、茹で卵、きゅうりにトマト、フルーツで、でも、いつもより詰め方には
満足)で、お天気も曇り、暑くなくてちょうどよかったです。
(写真撮ろう!と思ってたのに、お弁当も運動会の写真もなし。ビデオだけ‥120.png
息子の競技だけは見に行って、あとは適当に出たり入ったり。
年々、気の抜き方が上手くなっています105.png

今年は筍ご飯を2回ほどしました。夫も息子も炊き込み御飯は苦手なので、勝手に
好きでないだろう、としてなかったけれど、売ってある筍を買おうかどうしようか
と迷っている私に、息子が「買ったら?」と言ったので‥

「炊き込み御飯してみるけど、食べる?」

と聞いたら、食べる、とのこと。
興味を持ったのなら、物は試し。そしたら、美味しい!と食べてくれて、こちらは
心の中でガッツポーズ。新しいもの、今までチャレンジしなかったものを食べられる
と思ってくれることが嬉しい。これから、筍の季節には筍ご飯ができます♪
(まだまだアクの抜き方慣れてないので、1度目は思いがけず、うまくできたけど、
安心した2度目はイマイチ。来年また学ばねば)

b0117348_22013957.jpg


日本に来る時に、Bio(オーガニック)に近いものを‥と、できるだけ有機栽培、
添加物も少ない生産品を扱う宅配を利用しています。
少々割高だったり、賞味期間は短いかもしれないけど、自然な味がして美味しいと
感じることが多いです。

こちらで、買うのに困るもの、ソーセージやハム。添加物の表示を見ると‥謳い文句
が素材を生かして、とか自然製法にこだわり、、とかであっても、だいたい同じもの
がずらずらと入っている。。。それは、長く保たせたい、美味しそうに見せたい、
そして美味しく(本来の味覚を欺いても)感じさせたい‥という、自然に反すること
で便利さや欲望を人間が追求したわけですが、、どう作用するか分からないものを
食べることで、今私たちの身体に結果が現れてきていると感じます。
フランスでもスーパーでは同じようなものでしたが、オーガニック専門のスーパー
もあり、お値段も変わらずで、お肉屋さんやチーズ屋さんが肉の塊やチーズをその場
で切ってくれたりすることで、安心感がありました。

宅配のハムやソーセージは正直、普通に買うより味にパンチはありません。
お値段も買うか買わないか‥迷って、やめたりもするくらい。でも、精神的な不安は
ありません。
燻製を家で簡単にできる(桜チップを使ってフライパンで、など)とテレビなどでも
以前していたので、やってみようか、と思ったり。

なんだか、最近、巷にはっきりしないごまかしや嘘が渦巻いていて、きちんと大事な
ことが庶民の私たちまで届いてない不安があります。
ネットの情報でも、海外では禁止されている薬や添加物が、日本では許可されている
こと、種子の輸入制限が解かれる、など、、知らない間に自分たちの生活、健康に
関する大事な問題が決められ、またそれについて何の説明も伝わってこないことの
恐ろしさ。

フランス(ヨーロッパも?)でも、花粉症がだんだん増えてきたそうです。
それは、大気汚染などもあるけれど、もしかしたら、他の要因もあるのかも‥

と、いうところで、また自分で少しずつ作るようにしよう〜!と‥

いただいた国産レモンで、レモンのはちみつ漬け。

b0117348_19370938.jpg


を使っての、蜂蜜レモン*オレンジ*ミントジュース。
(ミントも自家製です)
ミントは生命力が強いので、わさわさ生えていて、時々夫にもミントティーを
もたせます。水筒の蓋を開けた時の香り、はっとするほど良い香りです110.png

b0117348_19371663.jpg

運動会前、喉痛、鼻水が続いた息子に、この蜂蜜レモンをお湯で割ったのを
毎日飲ませていました。
他にも気をつけていたおかげか、運動会には元気に参加。

徳用の米粉を買ったので、最近は唐揚げも、麻婆豆腐の仕上げも、米粉を使用して
います。袋に書いてあったレシピで、初めてのシフォンケーキ。調べたら、米粉で
はあまり膨らまない、とあり、やっぱり膨らまなかったけれど、息子は喜んで
食べてくれたので、また挑戦するつもり。

b0117348_19372095.jpg

料理、特にお菓子は本当は苦手。慣れもあるのでしょうが、時とともに苦手意識は
なくなってきたし、作ることは創作と同じで楽しくもあるのですが、自信がある
とは言えない。
でも、子供時代、忙しい母は余裕なく、お友達のうちでおやつにいただいた
いちごジャムを挟んだサンドイッチだったり、キャロットケーキは憧れでした。
今、こうして苦手意識があるお菓子を作るのは、子供に安心して食べてもらいたい
という気持ちだけでなく、小さかった頃の自分の理想をなぞっているのかもしれません。

何にせよ、やろうとすれば、農家の方が手塩にかけた野菜や果物があり、それを
見つけて配達してくれる会社があり、簡単に手元に届いて、食べられることは
すごいこと。ありがたいなあ〜、と感じます。
健康や自然食品に関心のある方のブログやフェイスブックで発信されている情報も
あるし、少しずつ近づけていけるといいなあと思います。

*少し、訂正・追記しました




[PR]
by aplusfleurs | 2018-05-27 22:04 | 料理・お菓子 | Comments(0)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧