そら豆のさやの炒め物


お昼から雨の予報でしたが、何とかもって、15時過ぎに降り始めました。

b0117348_15325678.jpg


本題に入る前に‥株分けをした際に切って、台所に活けていたモンステラの枝から
根っこが出てきました110.png 葉の端が黄色味がかっている方は、まだ出ていないけれど。。。

b0117348_15325680.jpg

上の茎の真ん中から、白いのがちょこっと出てます♪
株分けした鉢たちも元気で、一本、大丈夫?と心配していた分からも、小さな小さな葉が
出てきてます。

いつも楽しみに読ませていただいてる海外在住の方のブログがいくつかあるのですが、
その中で、イタリア・フィレンツェの方のブログに、そら豆のさやの料理(?)が出ていました。
たまたま、宅配の野菜のセットに入っていたので‥どんなの?と興味津々で作ってみました。



b0117348_15331510.jpg

見た目固そうだったので、こわごわ食べてみたら、しがんで出してしまった部分もあったけれど、
わりといけました124.png
味付けは、レモンとにんにくとミント、とのことでしたが、私はにんにく塩胡椒、レモンの
代わりに夏みかんに近いニューサマーオレンジというのを少し入れ、七味をふってみました。

ブログでも書かれてたけれど、イタリアのは柔らかそうなさやでしたが、今回使ったのは
かなり立派な分だったので、さやの端は切っておいたほうが口当たりが良かったなあ、と
思います。
まだあるので、次回はそれでやってみよう!
こういう小さな挑戦(大げさ?)は、ちょっとワクワクします。もしかしたら、日本でも、
昔はこうやって食べてたんじゃないか、、と。

子供の頃も、本で読んだものや、どこかで見たものを実際に食べてみたくてイタドリ(すかんぽ)
を食べてみたりしました。ルバーブはよく似たものだと知っていたので、フランスで出会った時、
「大草原の小さな家」のパイの話を思い出しながら、楽しみに作りました。
登山の時に、野イチゴ食べたり(洗わなかったせいか、その後ひどい腹痛に襲われ、大変
でした;)、庭にあったので、母が小さい時に食べてたというユスラウメも、確か味見したはず。
庭に自然にグミが生えたときも嬉しくて、植物図鑑で食べられるか、調べたり。
未だに挑戦できていない、桑の実もいつか食べられるかなあ〜。

食べ物ばっかりですね105.png

b0117348_15330126.jpg

先日、実家でなった山椒の実を母が送ってくれたので(少ないから、とわざわざ買い足して105.png)、
湯がいて枝を取って、冷凍しました。お出汁を取った昆布をお醤油で炊く時に入れたりしますが、
山椒の実だけで炊いてもいいかも。

b0117348_15330253.jpg

運動会も終わったし、気になっていたバジルの植え替えをしました。
もともと植えた時、種をうまく蒔けず(風がふいて、バラバラーッと落ちてしまった)、しかも
ベランダの溝に落ちたのをちりとりで取ったものの、拾った種さえまた風で落ちるという‥
(バジルの種は、小さな黒い粒々です)
もう、とにかく、土の上へ!と蒔いたら、固まりで発芽137.png
それを、よーく気をつけながら分けて、植え直したのですが、こちら元の鉢。

b0117348_15331642.jpg


植え替えた方。

b0117348_15331620.jpg

1日経って、少し元気になったけど、やっぱりダメージは受けてるなあ‥
植え替えてる時も、まだまだ出たばかりの芽もあって、数個はダメにしてしまいました;
ごめんねー。。と謝りつつ。

b0117348_15331619.jpg

もう一つ、昨年に食べたオレンジの果肉のメロンの種を残しておいたのを、小さな鉢に蒔いたら
出たので、それも植え替え。

b0117348_15331598.jpg

メロンは育てたことはないし、おそらく肥料を適正にあげないと、きちんとした実はならない
だろうと思うのですが、今年は朝顔を撒かなかったので、グリーンカーテン代わりにならない
かなあ、と期待してます。
(お部屋が南向きで、西側に居間があるので、夏は直射日光がハンパない119.png

一番小さいのは、種をまだつけたまま110.png

b0117348_17311187.jpg

相変わらず、ミントは旺盛に茂っています。

b0117348_15331562.jpg

b0117348_15331518.jpg




[PR]
Commented by Rin at 2018-06-14 07:52 x
まぁ、空豆のさや、食べられるんですね。たしかにふわふわで分厚いのでもったいない気はします。

そらまめくんの絵本をキッカケに子供が空豆食べたがりましたが、何故かあの独特の香りが子供たちは苦手でした。
空豆のさやのお料理試してみようかな。

桑の実、丁度書かれていたんですね。
うちの鉢植え、地植えにできたらいいけど、ちょっと元気ない状態だし、再生できなさそうです(涙)

モンステラもあったのに枯らしてしまい、、、なかなかうまく育てられません。植物にも愛情かけないとあきませんね。

ウスラウメ、、、見たことありますが食べたことないかも。

ルバーブ、最近たまに見かけるので色が綺麗なのでいろいろ使ってますが、大草原と小さな家のお話にで出来ましたか?ルバーブのパイですか。どんなパイでしょう。気になりますね。
お話の中で植物の事がア・プリュス様の記憶に残りやすいんですね。

山椒の木、ご実家にあるんですね。買い足して送ってくださるって、お母様の愛ですね!
Commented by aplusfleurs at 2018-06-14 15:37
そら豆、少々硬かったですけど、真ん中あたりは柔らかかったので、新鮮なうちに早めに湯がけば、Rinさんならもっと美味しく作られることと思います。
戦時中とか食べてたんだろうなーなんて思いながら食べました。

そら豆くん!うちも2冊ほど買いました☺️
桑は関東の方が多く栽培されてたようですし、やっぱり暑さに弱いんでしょうかね。。植物って、難しいですよね。
愛情あっても、情報と腕が確かでないと、なかなか‥私も、よく「あーあ」とがっかりしてます。。。モンステラ、株分けうまくいったので、近くでしたらお分けしたいです。

ルバーブ、正確には「大草原の小さな家」シリーズの中でなく番外編の、ローラの結婚時代の話「はじめの4年間」で出てきます。砂糖を入れ忘れて、酸っぱいパイを作った話。フランスのは、最初から茎がピンク色でしたけど、日本のはグリーンですよね。

記憶に残るのは、知らない食べ物が多いです。想像して、憧れていました。丸太小屋の建て方とかも、「もしかしたら、自分もできるかも」とか。メープルシロップをかけた重ねホットケーキ、もカエデの液をとるところから書いてあって、ずーっと食べたいなーと(食い意地が張ってるだけですね;)。初めて見て、買えた時は感激でした。
子供の頃は本読むのが大好きだったので、知識は本からが多かったです。留学も、最初はアメリカに行きたいなあ、と思っていました(小学生の時はハワイ、親に止められ、大学生でホームステイする予定が湾岸戦争で中止。。。ご縁がなかったようです)。
Commented by Rin at 2018-06-17 06:45 x
モンステラも枯れさせたのは水やりを忘れたためか、、、大きくなっていたので、鉢を変えなくてはと思いつつそのままにしていたので、、、それは植物への愛が足りなかったのかも知れません(涙)

ちょうど昨日、テレビ番組「青空レストラン」でルバーブ取り上げてました。茎だけ使うんですね。
野菜売り場で赤い茎のルバーブを見たことありますが、まだ購入したことはありません。次見かけたら購入したいと思います。ジャムや酸っぱいパイは試してみたいです。
調べたら生薬「大黄」の仲間なんですね。

メープルシロップ、そうそう私もずーっと食べたいなーと思って、初めて食べた時は嬉しかったわぁ。

子供の頃から海外に興味がおありだったんですね。そういう気持ちがずっとあったからなのか、又はもともと赤い糸が結ばれていたからなのか、ご主人との出会いも必然なんでしょうね。
Commented by aplusfleurs at 2018-06-20 11:25
ルバーブ、酸っぱいパイは砂糖を入れ忘れた失敗作の話でした。砂糖なしだと相当酸っぱいようですし、少量で試された方がいいかと。
スカンポも同じ仲間のはずなので、もしかして、砂糖で炊くとパイにできるのかな〜と考えたりするんですけど、、、
by aplusfleurs | 2018-05-30 18:12 | 料理・お菓子 | Comments(4)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧