夏越の大祓、断捨離

もう、ずーっと「断捨離」する、と言い続け‥
一応片付けてはみるものの、すっきりしない状態が続いてました。

ボランティアも休止したことだし、本腰を入れて!と思いながら、
夏越の大祓を前に、以前より頑張ってやってみました(まだ継続中105.png)。

まずは、本を2冊ほど購入。こんまりさんの「ときめく」断捨離という
のは新聞の記事などで見たけれど‥‥ちょっと、難しかった。
ときめく、というほどのものは、なかなかなくて。

今回購入した本は、ミニマリストだったり、ブログで家の片付けのこと
などを発表している方々のお家を、どういう考え方で片付けているか、
というコメントとともに、写真が載せてあります。
まあ、、、インテリア雑誌とかとはまた違う、なんとすっきりしたお家!
こんなに何にもないようにできるのか!?
(替えの掛け布団やシーツも、場所取るから、ない、とか‥カトラリーは
家族の人数分だけ、とか。びっくりすることもあります)

読むうちに、

「自分には合わない、ということがわかって‥」
「何種類も同じようなものがあったので、一つに決めて‥」
「(タオルなど)半年のサイクルで、新しいものと交換します」

無駄を省いて、自分のスタイルを突き詰める姿勢が見えてきた。
結局、好きな暮らし方をするために、どうすればいいか、をきちんと
自分の頭で考えて、自分の感覚を大事に、好きな方法を一つにする。。
使いやすいやり方を考えて、何度もやり直して、法則を編み出す。

ちょっと、目からウロコでした。
今まで、何をしていたのやら。宣伝文句につられて、洗剤や掃除道具を
あれこれ買っていたなあ‥(液体スプレーだけで、どれだけあるか!)
何となく不安で、買い揃えていたものの、あまり使ってない台所用品。
ここ何年か着てないのに大事にとってある服etc。。。

すべて「(ないと)なんとなく不安‥」という、漠然とした欲求
から買ったり、置いてあるもの。そして、それがあれば、と買った後使わずに
しまい込む。
自分の中の、依存心を一つずつ捨てないとアカンのですね。
勇気を出して、手放す。

以前にも一通りしていたけれど、寝室のクローゼット・タンス、から始まって、
洗面所の戸棚の中、今の戸棚の書類・文具類、押入れの布団類。。
再度見直し、できるだけ捨て、いらない戸棚やおもちゃ類、空気清浄機は
リサイクルショップに引き取っていただきました。
ずーっと置いてあったのに、なかなか連絡できなくて、時間ばかり経って
いたのは何でだったのか。最近、決断力行動力が鈍くなってる、と感じて
ましたが、一通り、6月29日までに終わらせました。。。
夏越の祓を目標に、、そうでないと、ズルズルと終わらないので。

でも、収納の7〜8割がたで中のものを収める、というのにはまだほど遠い。
もっと、必要なものを見極めねば。いくつもいらない、一つ、気に入ったもの
を置く。。。簡単ですが、難しい〜。使ってなくて、これからも使わないものは
捨てるのが基本、ともありましたけど、むかーし買ったけど、何の用途もない
小さな陶器の入れ物、とか、案外思い入れあり。

捨てても、うまく収まりどころ、納め方が見つけられないものもあり、片付けは
これからも続く。。
息子の部屋も、まだまだ無駄なものだらけ。。。これは、息子本人の気持ち
がついてこないとなかなか難しいです。
断捨離は、忍耐力・継続力ですね〜。

ただ、少し、そういう考え方が理解できたせいか、冷蔵庫のものや、ストック
用品が自然に減ってきたのには驚き(満足110.png)。
そうすると、すっきりしてくる。この満足感が、やり始めたら止まらない動機?
ここまでたどり着けて、嬉しい♪

でもでも、よく考えてみれば、一人でパリに暮らし始めた頃、持って行けた
ものは限られてたけれど、それで工夫して、服の新しい着方を発見したり、
案外なくてもやっていけるなーと感じたことを思い出しました。
そうそう、あれだ!

早く、理想の部屋にもっと近づきたい!!

頑張ります。




[PR]
by aplusfleurs | 2018-07-01 23:07 | 家族・生活 | Comments(0)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧