人気ブログランキング |

<   2018年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ゆったりお休みの過ごし方

b0117348_13153523.jpg

あらら、お天気予報通りの寒い朝137.png 
朝は雨も降っていませんでしたが、律儀に降り出しました。
冬に逆戻り。

今日はお彼岸、実家が近ければ、お墓参り、、のところ、朝に
父の写真にお経を唱えて、おしまい。
今週日曜日からスキーへ行く予定なので、今日はぼちぼちと準備をするつもりです。

こういう、とくに何もないお休みの日の定番。
ちょっとお散歩。ちょっとお買い物。お昼ご飯を食べながらの、映画。
先日、卒業式で小学校がお休みの日、延び延びになっていた、息子念願の
初(東京)ディズニーランドに行ったので。。。

b0117348_13152908.jpg
(夜のディズニーは私も初体験でした102.png 雨が1日中降って、速い・狭い・
暗い‥アトラクションが無理な私には、雨でもあらゆるところが人で溢れていて
お茶するところもなく、なかなかに体力勝負の1日でしたが119.png )
その名残か、息子がベイマックスを選び、鑑賞中。

最近、フランス回帰(?)、こういう日のお昼ご飯は
お肉塊を焼く。

b0117348_13152917.jpg

ラクレット。

b0117348_13153471.jpg

大盛りサラダ。

b0117348_13152963.jpg

そこら中、息子が引いたカプラの電車レールだらけ、テーブルの下に電車が
走ってる状態ですが、ゆったり、家族と過ごすお昼ごはん、気が休まります。

ディズニーランド、朝早くてお腹が減った私、二人がアトラクションへ行ってる間に
ミッキーバーガーを食す。。。

b0117348_13152985.jpg


by aplusfleurs | 2018-03-21 13:36 | 家族・生活 | Comments(0)

日本語ボランティア、終えます

b0117348_14395240.jpg


昨日、日本語教室の最後の授業でした。
ボランティア教師として、3年弱。なぜ、「弱」がついてるか、というと、
講習が終わってからすぐにはボランティアを開始しなかったからです。

理由は、教えることに自信がなかったから。大学も文学部、少しは日本語に
こだわりがあり、語学にも興味がありました。けれど、文法や日本語の形態に
ついては苦手。教えることも自分にはムリ!と教育実習を回避するため、
教育課程も取らずにいた私。

講習後、大学の研究員に誘われ、語学については勉強したかったので、研究会に
参加させていただきました。でも、実習もせずに知識を入れても、理解不能。
ということで、2ヶ月遅れの参加となりました。

正直、毎回が綱渡り、1年の講習で、地域の日本語教師の免状(免罪符??)は
いただいていたものの、自分が実習したのは2回ほど。お花もそうですけど、
教えることは、実地訓練必須。ボランティアを始めてから、改めて実感したこと。

お花を教えるほうが楽!!
(あくまでも、個人的感想です)

お花は、お花が語ってくれるし、お花の魅力が助けてくれる。。。
日本語は、(私が)語る日本語でしか教えられない。。。
(これも当たり前)

まあ、自分の日本語力、日本語の知識、相手への想像力、日本に関する知識、
海外への関心、、、ああ、もう、数え上げるときりがないくらい、の

(能力の)無さ

にどれだけ打ちのめされたことか。。。
賢い頭が欲しかった。。と言っていても始まらないので、同じ班担当の先生方の
授業を見て、なんとかかんとか、形を整えては実践、帰ってまた調べて、テーマ
からどう話を持っていくかの流れを担当前週に考える、の繰り返し。

教えることも未熟であれば、ボランティア(他はほとんどが私よりずっと年配の方々)
としての役割(いろいろ運営に関する係があり、これまたなかなかの仕事量)も
よく分からないまま、言われることをなんとかこなす、、、という感じ。

みなさん、やはり頭の回転、物事の処理など早い方が多いので、自分のもたもたさ
加減もあ〜あ、でした。最初の頃はそんなこともわからず、少しは(?)自分自身
の在仏経験があるから、受講生さんの気持ちに立てるはず、なんて奢った気持ちも
あったことを白状します。

私なんて、弱っちい日本人だったなあ、と受講生さんのたくましさや、忍耐強さ
からだんだん教えられ。。。やっぱりね、フランスにいた時もフランス人の強さ
(極端に弱いところもありますけど、切り替えが早い)に驚きましたが、生まれ
育った社会が融通きかないと、人間は鍛えられるんですね。
(まあ、どういったところが、というのはそれぞれですが、フランスでも、普通の
フランス人にとって、お役所とは、何かを申請する時、提出書類を何度もなんども
揃えては出し、また追加をされ‥頼んでから何ヶ月もかかることもザラなので)

在日外国人はたくましい!
(これも、私が知っている範囲の個人的な意見です)

(日本に来た当初)「自動販売機で、ジュースを買うだけ
で楽しかった。毎日、楽しくて仕方なかった」


とか、国は違うけれど、ある女性が、免許取得のハードルが高い、とこぼすと、

「何言ってるの!頑張らないと!」

と一緒に愚痴らず、はっぱをかけていた、近くの女性。

まあ、性格や経験にもよるので、一概には言えないですけれど、ある意味、生きる
強さのレベルが違うなあ、と感じること度々でした。満ち足りていたら幸せですが、
それに慣れてしまうと、基本の「生きる力」を忘れてしまうんだなあ、と。。

在仏時、フランス語の先生のマダムに教えていただいたことで、平衡感覚を取り戻せた私。
今でも感謝しています。それを少しでも返せたら、なんて思って始めましたけど、

役に立ててるのか??
(実感として、立ててない‥)


自問自答のこの3年。
昨日、今年度最後だということで、皆さんに受講生さん自身で紹介をしていただきました。
私の班は初心者より上、中級まで行かない、初中級くらいの中国人のマダムと
アメリカ人の若い男性。マダムが、

「この日本語教室に来るのが楽しくて仕方なかった
です。ここに来られて嬉しいです」


と言ってくれて、感激(しかも、練習なしの紹介だったので、ここまでご自分で話せて
びっくり)。その後、私に

「(4年目だけど)今年が本当に良かった。
一番楽しかったよ」


とまた繰り返してくれたことで、至らなかったけど、心は通じたかなあと
心が満たされるのを感じました。彼女には、私の方が感謝しているのですが。

毎年、ああ、ようやく今年度も終われた、次年度開始までにまた勉強しとかなくちゃ、
と(そう思っても、結局、何もできないまま次年度始まってたんですが(汗))
終わってもいつも教室のことが頭にあったけれど、今回はあー終わりなんだ、と
寂しさと圧倒的な開放感があり、普段にはない高揚状態でした。

退会、でなく、休会なので、また戻りたいとなれば、戻ることもできるというのが、
私の決断力のなさ。やりきった!ということではないから、退会できなかったのです
けれど。もしも、再開するときのために、忘れないようには勉強しなくちゃな、と
(いつものごとく、心では強く。。行動は?)決意しています。





by aplusfleurs | 2018-03-14 14:50 | 家族・生活 | Comments(2)

春の香り

b0117348_10483368.jpg

息子が学校のバザーで買ってくれていたパンジー。

b0117348_10520495.jpg

2鉢あり、秋から植え替えせずにいたのを、ようやく一つの鉢に
植え替えました。

「渋い選び方だね〜と言われた」

と自慢気だった息子。
調べてみたら、花が咲いても、根を張らせるために、切らないと
いけなかったらしい‥(汗)

b0117348_10483365.jpg

慌てて切って、先日⬆︎ご紹介した花留めの、錫の方を使ってテーブルへ。
ペタッと渦巻きになっていたのを少し伸ばして、生けやすい形にします。
(横にある、黒いのは炭です。水の浄化に役立つかと入れてます)

春の匂い〜179.png

こちらは、日本語教室の中国人のマダムが作って持ってきてくれた
肉まん。真ん中のくるっと円になってるのが、本格的!そして可愛い110.png

b0117348_10483360.jpg

美味しくいただきました。
こちら、ささやかながら、、花を待つ、春のベランダ。

b0117348_10520417.jpg




by aplusfleurs | 2018-03-07 10:55 | フラワーアレンジメント | Comments(6)

ミントとドラセナ、モンステラ

b0117348_16331751.jpg

桃の節句のために買った、桃(⬆︎)と桜(⬇︎)。

b0117348_16331714.jpg

お雛飾りにそえる小さなアレンジに桃を使いましたが、それ以外は。。

b0117348_16331726.jpg

先に飾っていた、ピンクの百合、濃いピンクのチューリップ、スターチス、
薄いピンクのスイートピー+2種類のドラセナの投げ入れブーケに足しました。
それだけで、生け花風。

b0117348_16331764.jpg
元はこれ⬆︎
2回に分けて買った花ですが、百合は咲くまでピンクと知らず、偶然の
ピンクブーケ。春色です。

先日のおさんぽの帰り道、お花屋さんでローズマリーの鉢を買ったのですが、
その時にドラセナが目につき‥‥

b0117348_16331812.jpg

ピンクの斑入り、小ぶりのもの。綺麗です。大好き、ドラセナ113.png
ドラセナだけ買いました。普通、お花買いますよね。。105.png
でも、葉物ってブーケを支える土台のようなもので‥‥大事な大事な脇役です。
ドラセナはとても強いので、長持ちもする、便利な葉物。

前からあるドラセナを短く切り、同じく短く切ったバラとアリストロメリア
と合わせてテーブルへ。
アリストロメリアも、絶対に蕾まで咲く、丈夫なお花です164.png

b0117348_16331809.jpg
左下にあるのは‥

b0117348_16331886.jpg

モーブ色になった、ベランダのミントを切りました。
春に向けてミントの鉢の整理をしたのですが、あまりに綺麗だったので。。
生けて2日ほどで根が出始めてます。すごい生命力に毎回脱帽。

生命力といえば、寝室に置いている、このモンステラ。
昨年の春だかに買ったのですが、最初は葉が3枚程度だったのに、どんどん
葉が出てきてくれて、今では鉢がすっかり小さく見えます。
新しい葉ほど大きく、下の方の小さな葉たちが先輩。
こちらも、鉢を変えないと。。。新しい葉の茎の脇から、根が空中に伸びて
きたりして、窮屈そう。
可愛くて、よく話しかけてます109.png
暗く写ってますが、新しい葉は薄緑色で、とってもきれいです。


b0117348_16331888.jpg






 



by aplusfleurs | 2018-03-04 17:10 | フラワーアレンジメント | Comments(0)

桃の節句の花飾り

b0117348_16065689.jpg

うちは、息子なので本式の雛飾りはありません。
小さな小さなお雛様飾りだけ。

先日、午前中の日の光に当ててから、テレビ横のスペースにお雛様を
飾りました。横に、桃の花で小さなアレンジを‥
咲いてる桃が、可愛すぎる113.png
暖かさにつられ、今もどんどん花が咲いてます♪
b0117348_16065495.jpg

こちらの器、ご近所のケーキ屋さんで買ったケーキの器。5月の
こどもの日、端午の節句用ですけど。。105.png ま、5月も近々だし、
雰囲気はあってるから、いいかな、と。

b0117348_16070087.jpg

京都帰省でお会いした、以前にお世話になっていた方と一緒に
ぶらぶらした時、買った花留め。炭の方は、竹の専門店にあり、
竹炭を固めたもので、銀色の方は色々形が曲げられて、便利だと
その方に教えていただきました。

b0117348_16070024.jpg

今回、炭のを上の容器に入れて、桃の枝を生け花風に入れました。

b0117348_16070323.jpg

竹炭に穴が開けてあり、剣山なしでもちゃんと枝が立つので、とっても便利。
竹炭を固めてあるので、水の浄化効果もあり、一石二鳥です。

b0117348_16070084.jpg

ご存知、ご用達スーパーの花で、桃と桜が一緒になってるのを
買いました。じっくり見て、これなら、元気かな、という生気
のある枝。桜も、春を感じさせてくれて、ウキウキします♪

実は、桃の節句は結婚記念日。ゾロ目だし、記念日やら誕生日
に疎い私でも、きっと忘れないだろう、ということで、この日
を選びました。大好きな平安神宮で、当日は急に暖かくなった
春のような日でした。
(‥今気づいたけど、明日、特にサプライズを予定してない‥144.png
今から考えようかしら)

b0117348_16073166.jpg

桃は、買った後、花や蕾が落ちてしまうことが多いです。
生け花の先生に習っていた時、季節に合わせハウス栽培?した
桃の枝を切り、室(むろ)において咲かせるので、花が落ちやすい
と聞きました。露地のものは花が落ちにくいそうです。



by aplusfleurs | 2018-03-02 16:32 | フラワーアレンジメント | Comments(2)

フランスでの生活、お花の話を中心に、のはずが、最近は育児日記に;2009年サンクルーへ引越し、2014年3月夫の転職により日本へ。2010年10月フラワーアレンジメントのフランス国家審査員資格合格♪


by aplusfleurs
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る